タイプ別:オンナの口説き方【体育会系女子】の恋愛の傾向と対策

タイプ別:オンナの口説き方【体育会系女子】の恋愛の傾向と対策


体育会系女子を好きになった男性は口説き方や、アプローチの対策にお困りではないでしょうか、一体どんな風に口説けばいいのか分からない、と言う男性の為に、体育会系女子の口説き方と特徴を教えいたします。どんな風に接すれば体育会系女子はあなたに好印象を抱いてくれるのでしょうか。特徴を理解していれば対策も練りやすいし、今後お付き合いに発展する可能性も高まります。そんな体育会系女子の口説き方やアプローチ法を3つご紹介するので、是非ご参考下さい。

女性として扱う


女性なのだから女性として扱うのは当然じゃないか、と思われるかもしれませんが、体育会系女子はサバサバしていて男勝りな性格の方が多く、過去に男性と同じような扱いを受けることが多くあると言うのが一つの特徴です。本人は気にしていない素振りをしていても、心の中では傷ついていて、本当はもっと女性扱いされたい!と思っている女性が多いのです。そんな体育会系女子にきちんと女性扱いをすれば、それだけであなたの印象はアップします。

この時の対策として、少し普段よりも大げさに女性扱いをすると良いでしょう。重いものを持つ、ドアや道を譲る、髪型や服装を褒めるなど、特別な事でなくて良いので、優しさと紳士的な面を見せるのが効果的です。口説き方を考えるより、アプローチをする前に、まずは自分に対して良い印象を持ってもらいましょう。体育会系女子の特徴として、先輩の言う事は絶対と言うような厳しい雰囲気の中に身を置いていることが多いので、優しくてワガママを聞いてくれる男性と言う存在はかなり貴重で物珍しいものです。そんな男性になることで、体育会系女子の方があなたのことを気にしだすのではないでしょうか。逆に気を付けなければならないのは、冗談でも「男みたいだ」「もっと女らしくしろよ」などと言うことは言ってはいけません。

自分も体育会系な部分を持つ


体育会系女子は、暗い、なよなよとした、聞き取れないような声でボソボソ話すような男性を嫌う特徴があります。そういう男性はまず恋愛対象にはならないでしょう。対策としては自分も少し体育会系の男性を意識することです。大きな声でハキハキ話しをする、明るく振る舞うことで体育会系女性もあなたに悪い感情は抱かないでしょう。口説き方も、妙にまどろっこしい言い回しより、ハッキリとストレートに言うのが効果的です。男らしい男性はやはり魅力的なので、デートの誘いなどもOKを貰いやすいことでしょう。この時の注意点としては、本当はスポーツが苦手なのに、得意なふりをして実際にしてみたらサッパリだったと言うようなことは避けることです。素直に「スポーツ苦手でさ、やり方教えてよ」と言う風にアプローチした方が好感を持てますし、一緒に居る口実にもなります。変に良い格好をしようとすると逆に幻滅されてしまうので、素直に苦手な事は苦手、出来ない事は出来ないと言った方が良いでしょう。

母性本能をくすぐる


体育会系女子の特徴として、母性本能をくすぐるような男性に弱いと言うことが挙げられます。体育会系女子はよく後輩の面倒を見たりしているので、子供の世話などが結構得意だったりします。男性が困っている素振りを見せる、少し天然な可愛い面を見せると思わずドキッとしてしまうので、母性本能からあなたの世話をやいてくれるでしょう。このときのポイントとして、普段は男らしい硬派な男性で居ることです。たまに見せるギャップが体育会系女子をときめかせるので、いつも困っている顔をしていて、天然発言ばかりだと「この人大丈夫?」と言う風に見られてしまい、頼りない男と言う風に見られてしまいます。母性本能をくすぐり、ドキッとさせてから男らしいカッコいい口説き方をすると体育会系女子もあなたに好意を抱く確率は上がります。男らしい面と母性本能をくすぐる面のバランスが大事なので、可愛くすればいいのか!子供っぽくすればいい!と極端な思い込みには注意しましょう。

まとめ

一見すると男勝りな体育会系女子ですが、実は繊細な乙女チックな心の持ち主なのです。そんな体育会系女子と仲良くなりたいのならば、3つのポイントをきちんと押さえてアプローチをしましょう。仲良くなったら一緒にスポーツや観戦をしたりすると尚親密な関係になれるのではないでしょうか。