タイプ別:オンナの口説き方【理系女子】の恋愛の傾向と対策

タイプ別:オンナの口説き方【理系女子】の恋愛の傾向と対策


誰でも恋をするからといって恋愛が簡単にいくというわけではありません。まして恋愛経験が少ない、あるいは今まで恋愛がうまく行ったことがないという恋愛下手な男性にとって好きな女の子を口説くのは至難の技です。特に理系女子を好きになってしまった場合、その難しさは倍増です。ここではどんなアプローチなら理系女子に嫌われないかを詳しくみていきましょう。

彼女の関心を惹きつける


理系女子は頭の切れる人が多いのでそれだけに敷居も高く、ちょっとやそっとでは男性になびかないという特徴があります。女性というものは自分よりも頭のいい男性に惹かれるものです。そのため、理系女子に接近するには知的な口説き方を研究する必要があります。月並みな「美味しいお店を見つけたから今度行きましょう」とか「新しく出来た〇〇に行ってみませんか?」というようなメッセージやメールを送っただけではあまり効果がありませんので、まずは自分がどんな人間なのかを知ってもらう努力をするといいですね。

何か打ち込んでいる趣味があるのなら、それについて説明するのもひとつの対策です。他の男性とは違うアプローチに、彼女の方は「どんな人なのかしら」と興味を抱くに違いありません。特別趣味といったものがないというのであれば、自分がどういう仕事をしているか、仕事のどんなところが好きかを伝えるのも悪くありません。理系女子というのは概して気位が高い傾向がありますが、だからといってこちらがへりくだった態度を取るのも良くありません。気位の高い女性は、ちやほやされると逆に退屈してしまいます。彼女たちが探しているのは実は「自分が尽くせる男性」なのです。そのため、あなたが趣味に没頭する姿、仕事に打ち込む姿、そして時には人生に悩む姿を常にアピールしていけば「この人の役に立ちたい」と思い、彼女の方から自然に飛び込んでくるに違いありません。

意外性が大切


彼女の関心を得ることができたら、デートの場は常に「意外」な場所を選ぶことをおすすめします。みんなが行くようなデートスポットはやめて、たとえば神社や仏閣をデートの場所にしてみるのも悪くはありません。「えっ? ここでデートするの?」という驚きが理系女子は好きだからです。六義園のような渋い庭園を散策するのもいいですね。恋は駆け引きのゲーム。相手を退屈させてしまったら終わりですから、常に「意外性」「サプライズ」を大切にしたデートを用意すれば彼女はどんどん付いてくるはずです。

食事にしても、「ここは文豪がよく通っていた蕎麦屋なんだ」というように、何かいわれのある所がおすすめです。もちろん、前日はその文豪の作品や住んでいた町、そのお蕎麦屋さんで好んで食べたメニュー、店主とのエピソードなどをじっくりと研究しなければいけません。恋愛は人を豊かにするものですから、彼女とデートをするたびに知識を広げていけば自分自身も人間として成長することができます。

彼氏がいてもあきらめないで


魅力的な理系女子を見つけたけれどどうも彼氏らしき人がいるようだという場合でも諦めないでください。彼女と付き合えるのなら1年でも2年でも待てると言うほど惹かれていて、相手もそこはかとなく自分に好意を持ってくれているのが確信できるのであれば、静かに待ってみましょう。今は付き合っている人がいても、それはうわべだけの彼氏かもしれません。付かず離れず彼女を見守り、自分を頼りにしてくれた時は相談に乗ってあげる。そんな誠実な態度をキープしていれば、そのうちこちらになびいてくる可能性も大です。困っている時はいつでも力になってくれるあなたと過ごす時間の方が今の彼氏と過ごす時間よりも楽しいと気付かせることができたら成功です。

ただし、恋は気まぐれな魔物です。付き合っている彼氏がいるのにじっと堪えて、いつも忠実に待っているあなたを見て過信してしまい、あなたの心を悩ませるようなちょっと意地悪な気分が彼女に芽生えることがないとも言えませんので、その辺の駆け引きは慎重に。時には彼女に影のように寄り添うのをやめて、新しい女友達と遠足に行ったり、グループで食事をするなどの息抜きも大切です。そうすれば彼女の方が焦って、急にあなたに接近してくる可能性も大です。

まとめ

いかがでしたか。とっつき難いと言えばとっつき難いけれど、一度心が通じ合えば気さくで朗らかなタイプが多いのが、理系女子の特徴です。あまりせっかちにならず、長い時間をかけて二人の時間を作っていくことが大切です。男性の傷つきやすい繊細な心を理解してくれる心の豊かな理系女子を見つけ、素敵な恋をして幸せになってくださいね。