タイプ別:オンナの口説き方【お嬢系女子】の恋愛の傾向と対策

タイプ別:オンナの口説き方【お嬢系女子】の恋愛の傾向と対策


男性というものはいかにもお育ちの良さそうなお嬢様系の女性に弱いもの。特に内気で女性とあまり付き合ったことのない男性、恋愛が苦手な男性はお嬢系女子に憧れる傾向が強いようです。ここではお嬢系女子にアプローチする方法を見ていきましょう。

お嬢系には積極的なアプローチが効果的


恋愛には忍耐が必要ですが、好きになった相手がお嬢系女子だった場合には、ただ黙ってこちらを振り向いてくれるのを待っていても何も効果は上がりません。お嬢さまとして育った人は周りの皆にちやほやされることに慣れ切っていますから、自分としては精一杯好意を見せているつもりでも、相手には当たり前の態度にしか見えないことが多いのです。

「この娘(こ)が好きだ」と思い込んだら積極的にメッセージを送って、彼女が自分の方に関心を持ってくれるのを待ちます。メッセージもただありきたりのものではなく、「この間釣りに行った時に釣り上げた魚の写真」など、一瞬彼女が「え?この人何?」と思わせるものにすると効果があります。とにかく「何だかわからないけれど面白くて他の人とは違う」と思わせることが大切です。お嬢系だとプレゼントには慣れ切っていますので、やはり関心を惹くためには贈り物も欠かせません。できれば高原などに行って野生の花を摘み、センスよく花束を作り上げて彼女の家に届けるぐらいの努力をするとかなり好印象を与えることができます。ただ、花束がみすぼらしくならないように綺麗に仕上げるには相当のセンスが必要です…。

割り勘デートはNG


気さくなカップルの場合、デートの食事やお茶は割り勘ということも珍しくありませんが、お嬢系となるとこれはNG。一度割り勘をやってしまったら、もう二度とデートしてくれないと思っていいでしょう。どんなに高いお店でも安いお店でも絶対に自分が払うようにしなければなりません。そんなお金がないという人は、もともとお嬢系の女子と付き合うのは無理だと割り切ることが大切です。彼女たちはお金は持っていますので、お金を使うこと自体が嫌なわけではありませんが、デートは男性がリードして男性が払うものと考えているのが特徴です。何としてでもお嬢系の彼女を手に入れたいのなら、バイトを増やしてちょっと無理をしてもお勘定は自分が持つ。これが原則です。また、身だしなみも大切な要素です。並んで一緒に歩いていて服装が不釣り合いなのはNG。いつも特定のブランドで決めている彼女なら、自分も同系のブランドでコーディネートすれば間違いないでしょう。

あまりちやほやし過ぎるのも考えもの


デートの時に金銭的な面は全部自分が持つとしても、メンタルな面であまりちやほやし過ぎるのはちょっと考えものです。お嬢系は男性に対してわがままに振る舞うことに慣れており、そういうところがあなたとしてもいかにもお嬢様っぽくて惹かれるポイントなわけですが、それにずるずる引きずられているだけでは本物の恋愛には進展しません。彼女の気まぐれに対してはしっかりと対策を立てておかないと、単なる「食事をおごってくれて、言うことを聞いてくれる便利な人」で終わってしまう可能性もあります。しかも、わがままは一層ひどくなっていくことに。そうなってしまう前に、「ここから先は一歩も引けない」というラインが自分にはあることをきちんと彼女に示しておくことが大切です。きっぱりとした男らしい態度に、彼女は改めてあなたを見直すことにもなります。何を言われてもyesしか言わない男性だとそのうち彼女は退屈して、他の恋を探してしまうかもしれないので気をつけてください。

まとめ

いかがでしたか。お嬢系の女子はやっぱり高嶺の花。付き合いたいと思ったら金に糸目を付けてはいけません。バイトをしてでも何でも彼女にいい印象を与えたいという強い気持ちがなければ、こういうタイプと付き合うことは、なかなか難しいことも事実です。