「好きだけど付き合うのが面倒」と言う男の本音

「好きだけど付き合うのが面倒」と言う男の本音

好きな男性と、付き合うまでに発展しない。相手も好意を持っている感じなのに、なかなか告白してくれない。そんな状況にモヤモヤしていませんか?恋愛の形は人それぞれ。「好き=付き合う」と考える人もいれば、そうではない人もいます。実は「好きだけど付き合うのが面倒」と考えている男性も少なくありません。そんな男性の本音をみていきます。

縛られるのが嫌だ

付き合ってはいない、でも好き。そんな男性が「今何しているのか」なんて気になったりするのが正直なところ。だからといって、うっとうしいと思われたくないし詮索はできませんよね。

しかし、いざ付き合うことになったら、彼氏にとって自分が1番という気持ちが強くなります。「自分に時間を使ってほしい」「もっと気にかけてほしい」など様々な願望が出てきます。特に異性関係の問題は嫉妬にも繋がり、ルールが厳しくなるカップルがほとんどです。そんな縛りを面倒と感じる男性は少なくありません。

先は考えていない

好きだから一緒にいる時間を作るし、LINEや電話でやりとりもする。それだけじゃダメなの?そんな風に考えている男性もいます。その先の「付き合う」ということは考えていないのです。

付き合いたいと思っている女性は、この先カップルになってからの想像を膨らませているでしょう。「付き合う」ということを考えていない男性も、この先を楽しみにはしています。しかし、この関係のままを想像しています。今のままで充分楽しい。だから先は考えないしこのままでいいといった考え方なのです。

いい関係が持続すると思っている

だれだって「好きな人と、ずっと一緒にいたい」と思うはずです。できれば、いい関係を2人で築きあげていきたい。それも付き合うことの醍醐味です。しかし、恋愛は難しいもので、大好きで付き合ったはずが、別れを迎えてしまうカップルもいます。

そうなってしまうと「付き合わなければよかった」などという後悔が出てくることもあります。だったら「付き合わなくていい」「このままであれば終わりもこない」と考える男性もいます。

責任を持つのが重い

付き合う前は、友達のポジションでもあるので自由や余裕があります。しかし、付き合うことになって彼氏というポジションになってしまうと様々な責任が生まれてきます。例えば、女性問題などで彼女を悲しませてしまったとします。すると彼女の友達などは「彼氏なのに」と責めますよね。

彼氏というポジションになったとたん彼女を大切にしなければいけないという責任が出てくるのです。そんな責任を請け負うのが重荷に感じてしまう男性も少なくありません。

「いい人」を続けたい

カップルになると、喧嘩をすることや嫌な部分がみえてくることがあります。もっと知りたい、もっと知ってほしいという気持ちが大きくなってくるからです。しかし、付き合う前の恋愛で喧嘩をした経験のある人は、少ないのではないのでしょうか。

お互いの気持ちを確かめ合う前は、もっと好きになってほしいという思いからお互いに良いところをみせる傾向にあるからです。そんな「いい人」を続けることに恋愛の楽しさを感じている男性もいます。

深く関わるのが面倒

好きな人と付き合うことになると、信頼関係も生まれてきますよね。今まで友達や家族にもみせることのなかった一面を「彼の前でならみせることができる」という場面もあるかもしれません。そんな関係を築けることは、嬉しいことです。

しかし、信頼関係を築くまでが面倒に感じる男性もいます。付き合う前のお互いの趣味といったことを話す会話は楽しいのですが、相手の趣味に自分も合わせることはまた別。深く関わる事が面倒だと思ってしまうのです。

付き合いを増やしたくない

好きな人との付き合いが始まると、ふたりだけの付き合いでは済まなくなってくることがあります。例えば、相手の友達と一緒に遊ぶ機会があったり、相手の親が会いたがっているからと実家に呼ばれたりします。そんな付き合いを「気を遣うし面倒」と感じる男性もいます。

好きな人だから、自分の周りとも仲良くしてほしいと思うのは自然です。しかし、相手の周りの人たちを紹介してもらうことに嬉しいと感じる男性もいれば、新たな人間関係を築くことがすごく苦痛に感じる男性もいるのです。

まとめ

相手も好きそうな雰囲気は感じるのに、なかなか付き合うまでに発展しない方。もしかしたら「好きだけど付き合うのが面倒」という男性かもしれません。考え方も理由も人それぞれですが、あなたの好きな男性は付き合うことへのスタートラインに、まだ立っていないのかもしれません。

男性の本音を聞き出す事もできず、モヤモヤしている女性の方!ぜひ参考に、今の恋愛と向き合ってみてはいかがでしょうか。