結婚へのプレッシャー強め?年上彼女のメリット・デメリット

結婚へのプレッシャー強め?年上彼女のメリット・デメリット

以前からプロ野球選手は年上女房が多いと言われてきましたが、近年では芸能人、一般人でも年上彼女×年下彼氏のカップルは増えてきています。また年上彼女と年下彼氏を題材にしたドラマやマンガもよく見かけるようになり、このような現象は世の中トレンドの一つになりつつあると言ってもよいでしょう。それではいったいなぜ、男性はなぜ年上女性を選ぶのでしょうか?
そこで今回は年上彼女と付き合う、メリットとデメリットをご紹介したいと思います。

年上彼女のメリットとは?

1.安心感がある

年上彼女は人生経験が豊富な人が多いので落ち着いてしっかりした人が多く「自分が常に引っ張っていかなくてはいけない」というプレッシャーがありません。そのため肩肘を張らずに楽に付き合えるのが、年上彼女のメリットだと言えるでしょう。

2.束縛しない

読売ジャイアンツの長野選手は30歳の時に12歳年上の下平さやかアナウンサーと結婚した、ということはご存知の方もいらっしゃるでしょう。ちなみに下平アナは長野選手がどこに遊びに行こうと飲みに行こうと、決して束縛はしないそうです。これは一例にすぎませんが、年上彼女は全体的に男性を必要以上に束縛しない傾向があります。それはおそらく「最後は私のところに帰ってくるのよ」という余裕があるからでしょう。しかし男性にとっては束縛しない、ということは年上女性と付き合う醍醐味といえるのではないでしょうか。

3.アドバイス

時には叱ってくれる社会人、仕事の先輩である年上彼女は良きアドバイザーにもなってくれます。そして決して上から目線ではなく経験に裏付けられた年上女性のアドバイスは納得できてためになるだけでなく、同時に大きな安心感にもつながるでしょう。

4. 包容力がある

何かあっても許してくれるというのも、年上彼女ならではの魅力です。デートや旅行のプランに失敗しても全てを受け入れて時にはにっこり微笑んでくれる彼女は、男性にとっては母親の愛や包容力を感じさせるもの。その本当の魅力がわかると、やはり年上彼女となかなか離れがたくなるものです。

年上彼女のデメリットは?

1. 結婚を急かされる

年上彼女と付き合うなら、ただ楽しく付き合うだけでなくやはり結婚を意識した方がいいでしょう。もちろん直接言葉にするかどうかは人それぞれですが、それとなく「結婚したい」オーラを出してくることが多いということは覚えておいた方がいいかも知れません。そのため、もし結婚をする気がないのであれば、早めに決断をした方が彼女のためになります。

2. 姉と弟に見える

年上彼女は見た目がしっかりしている人が多いのでデートしている時、姉と弟に間違えられるということもなきにしもあらずです。もちろんこれも含めて楽しめる人であればOKですが、どちらが気にするタイプのようでれば、年上彼女と付き合うのは難しいかも知れません。

3. 上から目線でものを言われる

年上彼女と付き合うと、時に上から目線でものを言われることも…。もちろん本人はそれほど意識していないかも知れませんが、男性だからそれなりにプライドが傷つけられることもあるでしょう。いくら世話好きの年上彼女でも、上から目線で言われ続けるのは耐え難いと思うので、こういったタイプの年上彼女は早めに見極めた方が良いでしょう。

4. 自分よりも先に歳をとる

自分よりも年上である以上、先に歳をとっていくのは仕方のないこと。しかし外見を極度に気にするようであれば、年上彼女と上手くやっていくのは難しいかもしれません。もし本当に上手くやっていきたいと思うのであれば、「年相応の魅力があっていい」ということを大らかに受け止める姿勢が大切になります。

年上彼女と上手く付き合うには?


年上彼女と上手く付き合っていくのであれば第一に「ずっと女として大切にしていく」という姿勢が大切です。年上彼女と付き合っている男性のなかには、年月を重ねるごとに彼女が母や姉のように思えてきて、彼女を女として見られなくなってしまうことも多いといいます。しかしそのような見方では、馴れ合いの関係になってやがてマンネリ化してしまうでしょう。ですから時には彼女を甘えさせてあげる、ということが大切です。また年齢やジェネレーションギャップを感じてしまった場合は、必要以上に深くツッコまないということも大切です。とくに女性は年齢に敏感になりがちなので、そこは女心をうまく汲み取って、相手を立ててあげることも大切です。

そして最も重要なことは、「きちんと結婚について考える」ということです。結論から言うとこの点を曖昧にしたままずっと付き合っていくのは、年上彼女にとってあまりにも無責任というものです。もちろんそれも両者合意の上で付き合っていくのであれば問題ありませんが、彼女が真剣に結婚を考えている場合はそうはいかないでしょう。女性の場合は男性と違って出産のタイムリミットもあるため、結婚については男性よりもずっとシビアなのです。ですからもし年上彼女と結婚を考えているのであれば、ぜひそのことを早めに伝えて安心させてあげましょう。

まとめ

いかがでしたか?これはもちろん年上・年下に関係なくですが「相手の立場に立って何を求められているのか常に考えることが大切」だということですね。とくに年上彼女の場合は、自分よりも人生の経験値が高い分、考え方が成熟している部分もあります。そのことをよく理解した上で「いつまでも一人の女性として大切に扱う」ということをぜひ意識して付き合ってみてください。