年下男性ならでは醍醐味!自分好みのイイ男に育てる方法

年下男性ならでは醍醐味!自分好みのイイ男に育てる方法


あなたは、年下男性に興味を持っているでしょうか?なかには、年上男性と付き合った経験がなく、年が離れている男性とどのように付き合えば良いのか分からない人もいるでしょう。今回の記事では『年下男性』と付き合って、自分の好きな男性に育て方についてご紹介します。

『年下男性の子供ぽさ』が気になる人は


ひとくちに年下男性といっても、いろいろな人がいますよね?例えば、年下だけど責任感があり、大人ぽい性格をしている男性もいます。女性に甘えん坊な癒し系な男性もいるでしょう。年下男性と付き合っている女性の中には「子どもぽいところが気になる」と悩みを抱えている人もいるでしょう。この部分については、性格の違いなので、しょうがない部分もあります。ですから、相手のことを認めながら、イイ男に育てる方法を探した方が、幸せな恋愛が出来るでしょう。女性としては、男らしい人なら頼りがいのある人と考えられるでしょう。しかし、すべての年上男性が男らしい性格をしているワケではありません。逆に、女性のように甘えん坊で、寂しがり屋の彼氏がいるのに、上手く付き合っているカップルもいます。ですから、年下男性で男らしい考え方をしている彼氏なら、上手くいくとは限らないのです。世の中には、年下男性で子どもぽくて不安な人もいるでしょう。子どもぽくても、幸せな恋愛ができる人はいます。それでは、子どもぽい年下男性をイイ男に育てるためには、どのような方法があるのでしょうか。きっと、あなたの頼りない年下男性も、少しずつ大人の男性に変わるでしょう。

ありのままの年下男性を受け入れる


今まで子どもぽい所が気がかりだったがなかったことでも、彼は子どもぽい=素直なココロを持っている人と菅賀れば、気になるところも、魅力になりませんか?子どもぽくて、頼りないと思った彼氏でも、彼のことを受け入れてあげることで、悩みから解放されるのではないでしょうか。今まで、子どもぽくて、優柔不断なところが嫌いな女性でも、年下男性のことを改めて好きになるのではないでしょうか。また、自分の子どもらしい姿を知ってもらいましょう。子どものようにはしゃぎすぎると、嫌われるかもしれませんが、自分のことをさらけ出すことで、不安も消えてしまうでしょう。思い切って二人で童心に帰って、少年・少女時代の遊びをしてみてはいかがでしょうか。年下男性も、あなたの無邪気なところを除いてみたいと考えているかもしれません。子どもらしい自分を見せることで、相手の短所を気にならないでしょう。つまり年下で子供ぽくても、認めてあげるのです。ですから『子供ぽいところは、長所である」という気持ちで接してください。

年下男性を認めて、イイ男に育てる


年下男性だから、レストランや旅行の段取りまで、女性が決めている人もいるでしょう。お付き合いをしているのでれば、年下男性の頼りない所も含めて、カップルになって愛し合っているでしょう。ただ、好きな気持ちがあっても、子どもぽすぎる男性を、すべて認めるわけにはいきません。料理や洗濯など生活する上で、甘えて来ることは認めて良いでしょう。仕事をしていないヒモなど生活費も稼げない年下男性には『働かないと別れる』といった厳しい態度を取り、就職活動をするなど職に就く努力をしてもらいましょう。このように、相手のことを認めながら、大人らしくする部分は、甘えさせず大人な対応をするように育てましょう。彼氏・彼女とはいえ、社会では立派な大人です。どんな時も子どもぽい男性なら、別れるといった洗濯をしても良いでしょう。子どもぽい男性でも、納税・勤労などの義務は果たしてもらうように、あなたが年下男性に言い聞かせてください。

まとめ

子どもぽい部分がある年下男性をイイ男にするには、相手のことを認めてあげましょう。今まで嫌いだった部分も、ギャップとして捉えることで、フレッシュな関係になれるでしょう。自分が子どもぽい所が嫌いだから、直してくれないと無理やり年下男性を変えることは良くありません。性格については認めてながら、仕事をしていないなど大人の責任を果たさないで、子どものように人に依存している場合は、自立してもらうためにアドバイスをしましょう。