それは墓場にもっていこうね?女性に言ってはいけない趣味まとめ

それは墓場にもっていこうね?女性に言ってはいけない趣味まとめ

人の趣味は十人十色、人それぞれなのでどんな趣味をもっていても他人に迷惑をかけなければ基本的にはいいはずです。しかしこれが恋愛となると話は別になるので、注意が必要。
世の中には女性が思わず引いてしまうような男性の趣味もあるので、自分にちょっと思い当たる節があるかも…という男性は、一歩引いた客観的な目線が必要かも知れませんよ?
そこで今回は「女性に言わない方が良い趣味」について、またその隠し方のポイントについてご紹介していきたいと思います。

【1】パチンコ

女性は生活に安定を望む傾向があるため、生活に不安をもたらすギャンブルを敬遠することが多いものです。その点パチンコは依存性の強いイメージがあるため、女性に言ってはいけない、男性が持っていたら引く趣味の代表格だと言えるでしょう。たまの休みにストレス解消をする程度であってもパチンコをしていると知れば女性は不安になりますから、彼女と会う可能性がある場所でのパチンコはやめた方が無難です。

【2】競馬

競馬も詳しく知らない女性から見るとただのギャンブルの一つにしか見えないため、引いてしまう可能性が高いでしょう。また「けっこうお金も使っているのかも..」と、金遣いが荒いイメージを持たれてしまうリスクもあります。もしも競馬を趣味にしていることを隠したいのであれば、競馬に行く頻度と彼女とのデートの頻度をうまく調整する必要があります。競馬に行きたいからと彼女とのデートの回数が少なくなれば彼女の不満や疑念を招くこともあるため、注意が必要です。

【3】フィギュア収集

ひと口にフィギュアと言っても種類はさまざまですが、精巧に作られたアニメの女性キャラクターやアイドルのフィギュア収集は、女性が引いてしまう可能性が高い趣味の一つだと言えます。大の男がフィギュアを手に取りうっとりと見つめる姿を想像して、思わず引いてしまう女性が多いようです。自宅に彼女を招くこともあるかと思いますが、その際は、フィギュアは彼女の目につく場所に置かないようにしましょう。量が少なければ箱などに入れて押し入れやクローゼットに隠すことも可能ですが、量が多ければトランクルームや倉庫を借りるという選択肢もあります。

【4】アニメオタク

子どもから大人まで、年齢・性別を問わずに楽しめる人気アニメもあれば、女性に人気のアニメや男性に人気のアニメもあります。このようにアニメーションは、多くのファンを魅了するエンターテインメントです。ですからアニメを見ること自体はそれほど問題ではありません。しかし登場キャラクターのグッズやフィギュアを収集したり部屋中にポスターを貼ったりなど、いわゆる「アニオタ」の域に達してしまうと、女性に敬遠される可能性も。そのため彼女を自分の部屋に呼ぶ時には、アニメグッズやポスターを目に触れる場所に置かない工夫が必要になるでしょう。

【5】ネットゲーム

女性としては、好きな男性と現実の世界で楽しい毎日を過ごしたいと思っていますが、ネットゲームはその女性の希望と対極にあります。バーチャルな世界で物語の中にのめりこむ行為が女性からは「現実逃避」に見えて、思わず引いてしまうということも多いようです。例えばデートの最中に彼氏がスマホでネットゲームに熱中していたら、彼女の心は離れて行ってしまうでしょう。「彼女と会っている間は、ネットゲームの事はきれいに忘れる」くらいの気持ちの切り替えを大切にしたいものです。

【6】アイドルの追っかけ

「こういうアイドルのファンだ」くらいは話のネタになりますが、グッズを全部買い集めたり、コンサートには欠かさず通い詰めたり、というようなマニアックさがあると、女性が引いてしまう可能性が高くなります。あまりの熱中ぶりに女性からすれば、「そんなにそのアイドルが良いなら私は必要ないのでは?」ということになってしまうかもしれませんね。ですからせめて彼女と過ごす時には、好きなアイドルのことは忘れて、他の話題で盛り上がるようにしましょう。

【7】コスプレ

恋愛対象の男性が趣味としてコスプレをしていると知れば、女性が引いてしまう確率は確実に高くなるでしょう。原因はキャラクターと同じ衣装を身に着けてなり切るという理解不能なマニアックな世界観にあります。人は自分の理解が及ばないことには不安や恐れを抱く生き物です。ですから女性からすると大人の男性のコスプレ趣味は、得体の知れない不安なものに見えるのかもしれません。コスプレの衣装や撮影した写真は彼女の目に触れないように厳重に管理しておくことをおすすめします。スマホの写真も、偶然彼女の目に触れる可能性があるため要注意です。

自分を思う存分解放できる趣味の世界。好きな女性に理解してもらえれば、これに勝るものはありません。もしも共通の趣味を彼女と一緒に楽しめたなら、どんなに素晴らしいことでしょう。しかし現実問題として、女性には理解しがたい男性の趣味があるというのも事実です。彼女に引かれてしまうリスクを背負うよりも自分一人だけの楽しみとして秘密にしておいた方が、お互いの幸せのためかもしれません。そしてもしも自分の趣味を隠すと決めたなら、「墓場まで持って行くつもり」で、とことん隠し通す覚悟を持ちましょう。