恋愛中の人必見!デートで効果抜群の告白タイミング!

恋愛中の人必見!デートで効果抜群の告白タイミング!

気になる異性と出会ってデートなどを重ね、仲を深めていくと正式な恋人同士になりたいと思うものです。もちろん思っているだけでは何も進展しないので、きちんと相手に告白をしなければなりません。

しかし、告白というのはいくつになっても大きな勇気とキッカケが必要になる一大事で、おいそれと告白に踏み切るのは難しいはずです。相手に何と言えば良いのか、いつのタイミングで言えば良いのか、そもそも相手が自分のことを好きではなかったらどうしよう等々、告白に関する悩みは尽きません。

だからと言ってダラダラと時間を無駄に過ごしていれば、相手はしびれを切らして別の異性の元へ行ってしまう可能性もあります。魅力的な異性であればあるほど当然モテるので、自分がもたついている間に他の人がスマートに告白して取られてしまうでしょう。

もっと早く告白しておけば良かったと後悔する前に、デートでうまく告白するタイミングや具体的なセリフなどを勉強しておきましょう。

関係を決定づける「告白」という儀式

面と向かって恋人になってほしいと告白するのは、やはり大きな勇気がいるものです。恥ずかしさだけでなく断られたらどうしようという怖さも伴うため、できることなら告白せずに何とか恋人同士になれないかと模索する人も多いでしょう。

既成事実を作ったり遠まわしに探りを入れてみたり、友人から伝えてもらう等、あれこれと方法を探す人もいますが、これはあまりお勧めできません。恋人同士になるのになぜ告白が必要なのか、様々なポイントから考えてみましょう。

大人だってけじめをつけたい

お互いにドキドキしながら告白するという姿は、どちらかというとうぶな学生同士がやることだというイメージが強いです。社会人として色々な経験を積んだ大人は、何かと察する能力が付いているため、わざわざ告白などしなくても恋人同士になれるのではないかと考える人も多いです。大人の場合は付き合うまでに駆け引きをしたりデートを重ねたりと、学生時代とは違ったアプローチが可能です。このため告白の必要性が低くなっていることに間違いはないでしょう。しかし、それでも二人の関係性を明確に決定づける儀式としては大いに意義があります。事実、大手情報サイトが行ったアンケート調査によると、大人になってからでも告白が必要だと考える人は80%を超えています。ほとんどの人が、いくつになっても恋人関係になるためには告白が必要だと考えているのです。それを無視して、自分が恥ずかしいからと告白を避けて曖昧な関係のままでいると、相手も自分に対して失望したり離れていってしまうでしょう。大人だからこそ、時間や気持ちを大切にするためにも告白という儀式を行い、正式な関係性を築くことが重要です。

なぜ告白が必要か

告白をしないでいると、本当に二人が恋人関係にあるのか自分達でもよく分からなくなってしまいます。自分は付き合っていると思い込んでいても、相手はまだ友人関係だと思っていることもあるでしょう。いくらデートを重ねたとしても、相手は友人として遊んでいるに過ぎない可能性もあります。自分としても相手がどう感じているのか不安になりますし、手をつないだりキスをしたとしても、どういうつもりなのかと不信感が芽生えてしまうでしょう。例え大人になっても、気になっている相手から告白されるというのは嬉しいものです。ハッキリと恋人関係になったことが分かればデートの約束も気軽にできるようになりますし、友人や家族に堂々と恋人だと紹介することもできます。何となくの関係を続けていてはこういったこともできず、良い雰囲気になれたとしてもお互いに探り合って仲が深まらないことだって考えられます。恋人同士として今後も仲良く付き合っていきたいなら、告白して関係性をハッキリさせるべきです。大人の恋愛だから雰囲気でだいたい分かるだろう、というのは一方のワガママでしかありません。世の中の80%以上の人が告白を必要だと考えていることを忘れず、恥ずかしくても必ず行うようにしましょう。

重要なのはタイミング

相手に気持ちを伝える上で最も重要となるのは、セリフの中身などではなくタイミングです。人が多い場所や相手が気分を害している時など、なぜここで?というようなタイミングで告白しては、成功する可能性がかなり低くなります。

相手の気持ちが盛り上がり、素直に気持ちを受け入れてくれるタイミングで告白してこそ、成功させることができるのです。お勧めのタイミングや注意しておきたいタイミングなど色々あるので、具体例を見ていきましょう。

成功しやすい時間帯

気持ちを受け入れてもらいやすいタイミングとしては、やはり夜が挙げられます。定番としては、映画やショッピングなどのデートを楽しんだ後、二人の気分が盛り上がった別れ際が良いでしょう。朝や昼など、デートが始まる最初の段階で言ってしまうと、成功すれば良いのですが、万が一失敗した場合にその後の時間が地獄になってしまいます。そのまま家に帰ったとしても、その日一日暗い気分のままで過ごさなければならないでしょう。それよりは、夜に告白して成功すればそのまま飲みに行くこともできますし、断られてもすぐに帰宅して寝てしまえば気分もある程度リセットできます。また夜なら、夜景や美味しいディナーなど、相手が喜びそうな雰囲気の良い場所を選べるのもお勧めポイントです。

デートの回数

どんなに好きな相手でも、初めてのデートでいきなり気持ちを伝えるのは止めましょう。相手は自分のことをまだあまり好きではない可能性もありますし、デートを重ねなければ相性なども良く分かりません。勢いに任せて初めてのデートで付き合ったものの、時間が経ってみるとあまり相性が良くなかったことに気付いてすぐ別れたというケースも珍しくありません。このため、デートは最低でも3回ほどしてから気持ちを伝えるようにしましょう。3回デートすれば相手の性格や価値観、普段の行動などもある程度分かってきますし、仲も良い感じに深まって来るのでお勧めです。逆にこれ以上回数を重ねると、踏ん切りがつかずにダラダラとした関係を続けるだけになってしまい、時間がかかり過ぎて気持ちが冷めてしまうことが多いです。もちろんじっくり時間をかけて見極めたいという人もいるでしょうが、その代わり相手の気持ちが離れてしまうリスクが高まることを覚悟しておきましょう。

どこで告白する?

気持ちを伝えると決めたら、具体的なタイミングを見極めることも大切です。賑やかな場所や周囲に他の人がたくさんいるタイミングで告白しても、相手にしっかり伝わらなかったり雰囲気が悪くて失敗してしまう可能性が高いです。公園や落ち着いたレストランなど、どこでも良いので静かな場所を選ぶようにしましょう。綺麗なイルミネーションが見える場所や夜の水族館など、ロマンティックな雰囲気が溢れる場所も相手の気分が盛り上がるので成功しやすくなります。二人きりになってお互いに集中できるタイミングがやってきたら、告白を実行しましょう。

ありがちな失敗パターン

デートをしたからと言って、相手も自分のことを好きだという保証はありません。自分のことを見極めようとしたり、単純に遊びに行きたいからデートに応じてくれた可能性だってあります。

告白は失敗することだってあると理解しなければなりませんが、性格などではなく告白する際の行動のせいで失敗してしまうのは避けたいところです。タイミングを誤ったりおかしなセリフを言ってしまったり、失敗するパターンはいくつもあるので注意しておきましょう。

SNSで告白してしまう

インターネット社会ならではと言うか、最近ではSNSアプリやメールなどを通じて文字で告白するパターンも増えています。もちろん成功する場合もあるのですが、文字に頼る告白は嫌がる人も多いです。特に男性が女性に気持ちを伝える場合、SNSを使ってしまうと男らしくない、情けない、頼りがいがないなど致命的な印象を持たれてしまいます。余程自立した女性でもない限り、頼もしさを感じさせない男性と付き合いたいと考える人は滅多にいません。いざという時にも隠れてコソコソとしか行動できないのではないかと思われてしまうため、幻滅されて失敗する可能性が高いです。本当に好きなのか、周囲の友人と悪ふざけで送信しているのではないか等、あらぬ疑いを持たれてしまうこともあるでしょう。せっかく良い関係を築いているなら、電話でも良いので直接自分の口と言葉で気持ちを伝えた方が、相手もずっと喜んでくれます。

タイミングを完全に間違える

告白が成功するかはタイミングにかかっていると言っても過言ではなく、ここぞという時と場所を選ばなければなりません。相手の気持ちを考えず、集中できないような状況で告白するのは論外です。例えば、ドライブ中の車の中では二人きりになれる代わりに逃げ場がありません。もし断られればドライブは台無しですし、目的地に着くまで非常に気まずい思いをします。この他、待ち合わせの時間に遅刻してきて、相手が怒っているのに気づかないまま告白したり、行列に並んでいて他人の目があるところで告白するなど、独りよがりの告白は失敗する可能性が大きいです。

セリフがおかしい

思いを伝える時には、相手の気持ちを考えつつ自分を受け入れてもらえるように真摯な言葉を紡ぐ必要があります。自分が本気で相手のことを好きなのだということが伝わらないと、相手は気分を害したり不信感を抱いたりして断ってしまう可能性もあります。上から目線で付き合ってあげても良いなどと言ったり、友達からでも良いのでなどと言うと、真剣な気持ちではないと思われるでしょう。また、ガツガツした様子を見せるのも厳禁です。あくまでも自分の気持ちを押し付けるのではなく、かといって弱腰にもなり過ぎない信頼の置ける言葉選びを心がけることが大切です。丁寧な言葉で真剣さが伝われば、付き合うか迷っていた相手もこの人ならと決心し、良い返事をしてくれるでしょう。

タイミングは女性の態度から察する

もちろん告白は男女どちらからしても良いのですが、日本の場合は何となく男性から女性に付き合ってくださいと言うものだというイメージがあります。恋愛マンガやドラマなどでもそういったシーンが多いので、基本的に女性は男性が付き合ってくれと言ってくるのを待っていることが多いです。

中には自分から積極的に行動する肉食系の女性もいますが、割合としては多くないので男性が頑張るしかありません。ただ、女性も大人しく待っているだけではなく、意中の男性にはそれとなく態度で告白を促していることも多いです。

そういった態度を察することができれば、失敗することなく理想的なタイミングで告白することができるので、具体的な行動パターンを覚えておきましょう。

常に笑顔を見せる

人は誰でも、好意を持っている相手に対しては笑顔で、そうでもない相手にはごく普通の顔で接することが多いです。接客業などで笑顔が職業病になっている人でもない限り、デート中に興味もない男性にずっと笑顔を絶やさずにいてくれる女性はいません。つまり、デートしている間中ほとんど女性が笑顔を見せてくれるということは、少なからず自分に対して好意を持ってくれていることを意味します。このような状態になったら、かなり成功の確率が高い理想的なタイミングだと言えるでしょう。もちろん気を遣った作り笑顔でないかを見極める必要がありますが、不自然さのない心からの笑顔は実際に見ていると分かるものです。後は二人きりになれる場所で、良い雰囲気を作った上で気持ちを伝えれば最高の結果を得られるでしょう。

ボディタッチをしてくる

余程場慣れしている女性でもない限り、女性から男性へ気軽にボディタッチをすることはありません。もし頻繁にボディタッチをされるのであれば、それは女性が自分のことを好きでいる証拠です。最初にデートした頃と比べて明らかにボディタッチの回数が増えているような場合、女性は告白を待っている可能性が高いです。もともと男性に対して気軽にボディタッチをする癖のある女性もいるので、気になる場合は他の男性にはどうするのか確認してみるのも良いでしょう。自分にだけボディタッチするようなら、まず間違いなく気持ちを受け入れてもらえるでしょう。

自分達の関係について聞いてくる

デートを重ねているうちに、女性の方から「私たちってどういう関係?」などと聞いてくることもあります。直球でこんなことを聞かれると、焦って否定したり恥ずかしくなって曖昧に返してしまう男性もいるでしょうが、これは告白の最大のチャンスです。単に関係性が気になってそんなことを聞く女性はおらず、直接告白ができない女性が最大限努力して告白を促しているのです。まさにタイミングを作ってくれたということになり、男性としてはそれに乗っからない手はありません。告白の勇気が持てなかった人も、こう聞かれるということは成功する可能性がかなり高いので、思い切って気持ちを伝えてみましょう。

場所や時間などの環境整備に気を配ろう

誰だって告白をするなら絶対に成功させたいと考えるでしょうが、とにかく気持ちを伝えれば良いというものでもありません。雰囲気というのは非常に重要なポイントで、雰囲気が悪ければ相手が自分に好意を抱いていても成功するとは限らないのです。

雰囲気作りに大切なのは、気持ちを伝える場所や時間といった環境を整えることです。どのように周囲の環境整備を進めれば良いのか、見てみましょう。

意外と見落としがちな時間帯

時間帯なんて関係あるのかと驚く人も多いでしょうが、実は大いに関係しています。心理学的にも告白をするなら夕方から夜にかけてが良いとされており、一日デートを楽しんだ後、夜になってから告白したという経験者も多いでしょう。なぜ心理学の観点からも夜にかけてが良いとされるかというと、単純にムードが高まるという理由以外に、人間の体内時計とも関係しています。夕方から夜にかけての時間帯は、私たちの身体をコントロールしている体内時計や自律神経が乱れやすい時間帯です。これは判断力や決断力の低下にも繋がり、この時間帯を狙って告白すれば相手がOKしてくれる可能性が高くなるのです。会社の営業職の方などは、敢えて夕方に商談を持ちかけたりすることもあります。相手が自分のことをそこまで好きでなくとも、気持ちを受け入れてもらえるチャンスが増えると言えます。もちろん確実にOKしてくれるわけではありませんが、自信がない時などは試してみると良いでしょう。

告白に適した場所

いよいよ相手に気持ちを伝えるという時は、当然ながら二人きりになる必要があります。ファミレスや駅の雑踏の中など、人が多く騒がしい場所で告白してはムードもへったくれもありません。車や観覧車の中、どちらかの部屋やレストランの個室など、できるだけ他の人に邪魔されずに真剣に話ができる場所を選びましょう。お勧めなのは、イルミネーションや夜景の綺麗な場所です。こういった場所なら雰囲気作りにもぴったりですし、そこへ出かけるというデートの口実にもなります。暗い場所は心理学的に不安感を煽りやすいため、一緒にいる相手との一体感が増す効果もあります。仲を深めるにももってこいなので、正に告白にはうってつけの場所と言えます。

告白に成功しやすい季節がある

時間帯と同じように、相手が気持ちを受け入れやすい季節というものも存在します。それはズバリ秋で、1年の中でも特に生物学的に発情期を迎える季節であることが分かっています。猫は春や秋が発情期なんて言われますが、人間も動物の一種である以上、発情期があります。人間はいつでも異性に出会える環境にあるため曖昧になりつつありますが、なぜか秋になると恋人が欲しいという欲求が強まるのです。気温が急激に下がることで生きていくことへの危機を感じ、本能的に種を存続させようとする、また季節の変わり目で自律神経が乱れて人恋しくなりやすいなど様々な理由が考えられていますが、少しでも可能性が高まるなら頼りたいところです。

効果がある「殺し文句」は?

いざ告白するとなると、相手に何と言えば良いのか分からないという人も多いでしょう。きざなセリフや可愛らしいセリフにすれば良いのか、それよりも誠意が伝わる丁寧な言葉が良いのかなど、悩みは尽きません。

めでたく恋人同士になれた場合、告白された側はいつまで経っても覚えているものです。恋人にずっと喜びを感じ続けてもらうためにも、効果的な殺し文句を知っておきましょう。

女性から告白する場合

告白と言えば男性からするものという印象が強いですが、女性から男性に思いを伝えるケースも結構あります。女心としては男性から口にしてほしいところではありますが、いつまでも待っていると他の女性に取られかねません。男性の好意がイマイチ足りないという場合も、思い切って女性側から告白してしまいましょう。この場合、女性らしさを前面に出した可愛らしい殺し文句を使うことがポイントです。例えば、あなたのことが大好きです、というセリフはシンプルですがストレートに心に響きます。大好きという言葉には幼さも感じさせ、男性にプレッシャーや重さを感じさせることもありません。こんなことを言われて嫌な気がする男性はいないので、上目遣いを駆使しながらできるだけ可愛く言ってみましょう。男性とかなり仲が良くなっている場合は、私たちって付き合ってるのかな?と質問形式で聞いてみるのもお勧めです。いきなり言われると男性はかなりドキドキしてしまいますが、自分から告白する勇気のなかった男性だと渡りに船なのですぐにOKしてくれるでしょう。直球の質問にドキドキしてしまい、まだ決断していなかったのについOKしてしまう男性もいるはずです。

男性から告白する場合

女性に気持ちを受け入れてもらいやすいセリフには、ロマンティックさが欠かせません。男性にとっては恥ずかしくて堪らないセリフでも、女性は大喜びしてくれることが多いのです。同じ恥をかくのなら、とびきり甘いセリフで告白してしまいましょう。例えば、10年後も20年後も絶対好きでいる、という言葉は将来を予感させるので結婚願望の強い女性なら大いに感動するはずです。男性からの告白は単に好意を伝えるだけでは不十分で、いかに女性を感動させるかにかかっています。普段言わないようなセリフでも、雰囲気の盛り上がった中で語れば最高の告白として受け入れてもらえるでしょう。この他、君しか目に入らない、初めてこんなに人を好きになった等、他の女性とは違うんだということを伝えるのも効果的です。自分が特別だと感じられるのは、男性も女性も非常に幸せなことです。女性にとって男性の浮気心はとても気になるポイントなので、ここまで自分だけを好きだと言ってくれる人なら浮気の心配もないと、現実的な面でも好印象を与えられるでしょう。とにかく恥ずかしさを捨てて、女性が感動のあまりOKしてしまうようなロマンティックな告白にすることが大切です。

まとめ

大人になるとついお互いに察する力が付くため、成り行き任せにして告白しないまま付き合ってしまうことも多いです。もちろん自然に気楽に付き合えるのでそれも良いのですが、しっかり告白してOKをもらった時の喜びは忘れられない思い出になります。

成り行き任せのままでは本当に付き合っているのか、お互いに同じ気持ちなのか不安になってギクシャクしてしまうこともあるでしょう。例え二人の気持ちが確実だったとしても、きちんと告白という儀式を済ませておくことで、良い思い出としていつまでも残すことができます。

仮に失敗したとしても、自分の気持ちをハッキリ相手に伝えることで踏ん切りがつき、スッキリして次の恋に向かいやすくなるでしょう。もちろん男女の恋愛は良い面ばかりではないので告白することで後悔してしまう可能性もありますが、告白するタイミングや内容などをある程度押さえておくことで成功の確率を上げることもできます。いざという時に後悔しないように、準備だけは万全にしておきましょう。