合コンなどで役に立つ異性にウケる自己紹介をするコツ

合コンなどで役に立つ異性にウケる自己紹介をするコツ

気合を入れて挑んだ合コンだったはずが、自己紹介で言うことが思いつかず第一印象からインパクトを与えられなくて、そのまま撃沈、などという経験はありませんか。合コンの自己紹介は、日頃仕事で行う顔合わせや友達同士のものとはまったく違います。名前、年齢、仕事くらいしか言うことがなくていつも同じ、なんてもったいないです。ほんのちょっとした一言で大きく印象が変わります。

自己紹介はその後の流れを大きく左右する重要なポイントです。特別なことを言う必要はありませんが、ちょっとしたコツで一気に異性から注目を集めることができます。どんなことを言えばいいのか、逆にどんなことは言わないほうがいいのか。きっちり決めていく必要はありませんが、あらかじめそのポイントを押さえておき、頭の中に入れておくと、その日の合コンの成果が大きく変わってきます。ライバルに差をつけ、好みの異性のハートを引き付ける自己紹介の方法をお伝えします。

はじめの印象は合コンのその後を大きく左右する

あなたも経験がありませんか。第一印象が最悪で、その後何を言われても頭に入ってこなかったり、最初に思い切りひどいことを言われてしまって、その後その人に完全に興味をなくしてしまったというようなこと。もちろん、その後に信頼を積み重ねて人間関係を再構築することは、長い付き合いの間で決してないことではありませんが、合コンに限ってはそんな悠長なことは言っていられません。合コンは、短ければ一時間程度、長くても三時間程度で異性のハートをつかみ、何らかの結果を出さなくてはいけないものです。

ほんの数時間しか触れ合えないからこそ、第一印象が大きくその後を左右するのです。とはいえ、大きくウケるようなギャグが必要とか、高年収をいきなりアピールしろということではありません。ごく普通の人間であっても、合コンで使える技はたくさんあります。誰でもできる技のひとつが、あだ名です。初対面の人間、しかも複数の名前を、間違いなくしっかり覚えるのはなかなか難しいものです。

しかも名前を間違ってしまったらどうしようと思って、話しかけられないことすらあります。そこで重要なのが、わかりやすく覚えやすいあだ名を自己紹介のときに自ら名乗ってしまうことです。例えば、山田さんであればやっさん、鈴木さんであればすーちゃん、といったごくごく簡単なもので良いでしょう。いくらウケるからといって、奇抜なあだ名はあまり良いものではありません。誰でもすぐ覚えられそうなあだ名がいいでしょう。

もしあなたが、誰か芸能人に似ていると言われることがあれば、思い切ってその人の呼び名を使ってしまっても良いでしょう。例えば木村拓哉に雰囲気だけ似ている、髪型だけ似ているというような理由で、キムタクと呼んでねなんて、大きなインパクトを与えられること間違いなしです。しかし、あまりイケメン芸能人、美人女優などと似ているという設定にすると、ウケる可能性と同じくらいスベる可能性もあるので、お笑い芸人やスポーツ選手あたりにしておくのが無難です。

必ずしも顔が似ている必要はありません。髪型だけ、声だけ、しゃべり方だけ似ているといった理由でも構わないのです。問題は、覚えやすいあだ名にしてもらうことなのです。そうやって呼びやすい名前を設定することで、異性からは親しみやすい、話しかけやすいという印象を与えることができ、その後の会話にスムーズに入りやすくなるのです。もし、どうしてもあだ名が思い浮かばない場合、あるいは第一印象でこの人と決めた相手がいた場合は、思い切って相手にあだ名を決めてもらうのも面白いかもしれません。

ただし、あまり強めに言わないこと。相手がいやがっていたり、遠慮していそうなら、強要はやめましょう。相手のノリが良ければ、面白いあだ名をつけてもらえますし、その後の会話が盛り上がることは間違いないでしょう。場合によっては名札をあらかじめ用意する人もいますが、そのあたりはその場のノリや雰囲気を見て名札を出すかどうか決めましょう。

合コンの自己紹介で第一印象を良いものに!

合コンの自己紹介で第一印象を良いものにするには、具体的でパンチの効いていることをアピールするのが一番です。誰でも必ず言うのが、職業でしょう。その際、必要があってぼやかしておきたい人以外は、思い切って具体的かつ簡潔に、どんな仕事なのかを言ってみましょう。IT関係です、福祉関係ですなど、〇〇関係というのはよく言ってしまいがちです。

しかし、これは友達同士の自己紹介などでは有効ですが、必ずしも合コンでウケる自己紹介ではありません。実際に異性と話すターンになったら、ほとんどの場合、〇〇関係と言っていたけれど具体的にはどんな仕事か、などと聞かれてしまいます。毎回違う相手に同じ説明を繰り返すことになるのは効率が悪いですし、そんな説明を何度もするよりは、いきなり本題に入ったほうが合コンというスピード勝負の場では有効なのです。

そこで、ITの会社で〇〇のためのシステムを作っていますとか、障がい者のための器具を作っていますといったように、具体的に自己紹介してしまうのがベターです。すると聞き手の異性は具体的なイメージが浮かびやすく、より深い印象を与え、ぐっと興味を持ってくれるものなのです。中には説明しにくいお仕事もありますが、もしかしたらいずれ付き合うかもしれない相手です。

話せる範囲で話してみましょう。だからといって、調子に乗って守秘義務を違反してしまったり、お客さんや取引先の悪口ばかり言うのは絶対にNGです。愚痴のような内容はいずれ仲良くなったら話せば良いだけです。可能な限りポジティブでわかりやすい内容にしましょう。

このように、合コンの自己紹介で異性にウケるには、簡潔かつ具体的に話すことが重要で、逆に避けなければならないのはだらだらと話し続けたり、ネガティブな内容を言ってしまったり、話しているうちに自分に酔ってしまい自己語りになってしまうことです。あくまで合コンの自己紹介とは、自分という人間を知ってもらうためのフック、とっかかりと考えるべきです。

雑誌や新聞の記事で言えば見出しの部分が自己紹介です。どこに住んでいて、どんな仕事をしていて、どんなあだ名であるといった程度で構いません。話しべたな人はどうしても自己紹介で異性にウケることを考え過ぎてしまって、長々と話してしまったり、逆に、一言だけで終わってしまうことがあります。しかし、自己紹介での第一印象が悪ければ、その後の会話も決して弾みません。

考え過ぎる必要はありませんが、自分という人間をわかってもらうにあたって、フックとなるのがどの部分なのかくらいは、あらかじめ自己分析しておくと良いでしょう。ポイントは、あくまで簡潔に、具体的に、ポジティブにです。実は人見知りであるとか、仕事の不満が溜まっているというようなことを初対面でわざわざ言う必要はありません。そういう話題は極力避け、相手が話してきたら軽く聞く程度の態度が良いでしょう。

言うべき内容は?

合コンの自己紹介で言うべき内容は、名前、あだ名、具体的な職業、住んでいる場所や勤務場所などのほかに何があるでしょうか。思いつかない人は星座や血液型、どこの学校出身というようなことまで言ってしまいますが、短時間勝負の合コンでの貴重な数分、異性が自分に注目してくれる時間です。言う必要がないようなことは省きましょう。

やはり、聞いた異性にウケるようなつかみの良いことを言うのが一番ですが、聞いた途端、あなたという人間がすっと理解できるようなことだとベターです。具体的には、趣味や好きなものです。といっても、ただ単に映画が好きとか、釣りが好きとか、おしゃれが好きといった、ふわっとしたものではなく、ここはさらに一歩踏み込んだ具体的なものを挙げるのが良いでしょう。

映画でもどの監督のどの作品が好きだとか、釣りは釣りでも海釣りが好きだとか、ヘアメイクに力を入れていて学校にも通っているというような、具体的なエピソードは面白いものです。相手がそれに興味があればもちろんラッキーですが、興味がなくても、「さっき言っていた〇〇ってどういうこと?」など、会話の大きなきっかけとなります。また、異性にとってウケる、親近感のあるエピソードを持ってくるとよりウケる自己紹介となります。

あなたが男性なら、以前女性向けイベントに出て、それ以来そのイベントにハマっているとか、姉と一緒にショッピングに行くのが好きというようなものです。あなたが女性なら、逆に、男性の趣味と思われているようなスポーツ観戦やアウトドアなどに興味があると言うことで、一気に異性にウケる自己紹介に早変わりします。まったくそういうことが思い浮かばないときは、思い切って、これから学びたい、やってみたいと思っているということを話してみても良いでしょう。

例えば、自分は男性だけど美肌に興味があるので教えてほしいとか、これからプロレスを学んで「プ女子」になってみたいから詳しい人がいたら教えてくださいといった一言です。とはいってもウソはいけません。いざ深い話になったときにすぐにバレてしまいます。あくまで自分が興味を持っている範囲の中で、異性にウケる趣味などがないかをもう一度考えてみましょう。

もしどうしても思い浮かばないのであれば、友人や異性の兄弟などと話してみて、自分という人間を簡単に分析しなおすのも良いかもしれません。しかし、世の中には異性ウケの悪い趣味というものも存在します。あまりにお金がかかる趣味や、危険な趣味などがそれです。また、マニアック過ぎても異性に引かれてしまうことがあるのも事実です。もしそうしたものが好きなのであれば、あえて言う必要はありません。

そんな話題になったときには、「結構好きだけどね」とさらっと言及するくらいにとどめておき、必要以上に語るのはやめておきましょう。あくまで合コンは短期決戦です。言うべきことだけを言えば良いのです。

服装・言い方・表情もカギを握る

自己紹介で、ある意味、言葉以上にものを言うのが、服装、言い方、表情です。同じ内容でも、どのように伝えるのかによって伝わり方は大きく異なると心得ておきましょう。あなたにも、なぜかあの人に注意されると悪い気がしないとか、同じ断り文句でもあんな言い方なら悪い気はしなかったというケースがあるはずです。それは、相手の人に好感を持つ理由があったからではないでしょうか。

合コンではもちろん、そんな深いところはわかりません。重要なのは相手に悪い印象を与えないことです。印象に大きくかかわってくるのが、丁寧な言葉遣いか、相手をおもてなしするような心遣いを感じるかといった姿勢の部分です。いくら親しくなりたいからといって、いきなりため口は絶対にやめましょう。丁寧語でしゃべるようにして、相手がはるかに年下であってもさん付けで呼びます。

会話のはじめの頃は、取引先の相手、上司だと思って丁寧に話を聞き、答えていくような態度が重要です。話を聞いている途中で相槌も打たない、目線を外して暇そうにするといった行為は絶対にNGです。

次に、ある意味でもっとも重要なのが服装や髪型といった見た目の部分です。ある種の人は、自分が美男美女でないからといって身だしなみに気を遣うのすらやめてしまうことがありますが、これは絶対にもったいないことです。合コンで美男美女が来たらラッキーですが、ほとんどの場合はお互い普通であることが多いです。その中でも、清潔感があって笑顔が絶えない丁寧な姿勢の人がいたら、誰しも好感を持つでしょう。

逆に、どんな絶世の美女でも、服がしわしわで笑顔がないとか、イケメンだけどちょっと臭いなどといった場合は、絶対にカップル成立とはならないものです。男性なら何が何でも清潔感です。使い古しの服、靴は避け、新品をおろすくらいの意気込みが必要です。髪もしっかり切り、ヒゲは剃る、歯は磨く、においケアもばっちりしていきましょう。忘れがちなのが爪です。

長く伸びていたら絶対に切っていき、爪の中にゴミが入っているなどという事態は避けましょう。女性は細かいところまで見ているものです。女性ならば、ゴテゴテしたおしゃれやメイクは避け、露出の多い服なども避けたほうが良いでしょう。胸の谷間が見えたり、パンツが見えそうやミニスカートなどは異性ウケが良いと思われがちですが、実際は合コンの場にはふさわしくありません。

やはり清潔感があり、やわらかな印象を与えるワンピースなどがもっとも無難です。どちらの場合でも、無難かつシンプルな服装にすると、異性ウケが良いでしょう。男性はこだわりなどがなければ髪は短めに切って、きっちりセットしていきましょう。女性は髪をおろす場合、食事の際などにバサバサと落ちてきてしまうのが不潔に感じられます。ハーフアップにするなどしてなるべくすっきりさせ、何度も髪を触ったりするようなことは避けましょう。

事前に仲間と打ち合わせて連携プレー

合コンに参加する場合、同性はライバルとなります。もちろん狙った相手がかぶってしまう可能性もあるので、にこやかな表情の裏では攻防が、などということもあるのが合コンの常です。しかし、せっかく縁あって同じ合コンに参加するのですから、事前にある程度打ち合わせておき、お互いのアピールをし合うようにして連携プレーを狙ってみてはいかがでしょうか。

同僚同士、友達同士ならもちろんですが、知らない相手同士であっても、少し早めに待ち合わせして、ある程度自己紹介をしておくのも良いでしょう。連携プレーの具体的な例を挙げてみます。例えば、実は有名大学出身だったり、有名企業に勤めているとします。しかし、自己紹介でそれを自分が言うのは、自慢のように聞こえて異性ウケが良いとは決して言えません。

そんなときに、仲間から一言話してもらうのです。あなたの自己紹介が終わったあと、仲間に、実はこいつ〇〇出身なんだよ、会社では係長を任されているんだよ、などと言ってもらうのです。その際はいい気になって自慢したりせず、昔のことだよとか、まだまだだけどねと謙遜の姿勢を示しておくと良いでしょう。もちろん、あなたが言ってもらうばかりではなく、他の人の自己紹介の際はあなたもアシストするようにしましょう。

このような連係プレーのほか、あらかじめNGワードを決めておくのも重要です。例えば、最近彼女と別れたばかりであるとか、婚約破棄になったばかりというような話は、合コンでいきなり話すには重過ぎる話題です。仲間がうっかり口を滑らせないように、口止めしておくことも必要です。また、日頃セクハラ発言が多い同僚がいたら、合コンでは下ネタは禁止などとくぎを刺しておきましょう。合コンでの下ネタは絶対に嫌われるNG発言です。お互いに絶対に言わないようにと申し合わせておくと、なごやかな雰囲気で合コンが進むことでしょう。

また、万が一仲間の肩にフケが落ちているのを見つけたり、シャツが出ていたり、口のはしにソースがついたままだったりした場合に、お互いこっそり教え合うというような心配りも重要です。初対面の異性はそうしたことは指摘しにくいものです。仲間同士で言い合うことで、全体の雰囲気づくりにも役立ちます。そのためには、お互い事前に身だしなみチェックをするのも良いでしょう。

コーディネートはおかしくないか、口臭はないか、髪型つなはきちんとしているかといったことをお互いにチェックし合い、本番に備えましょう。自己紹介自体も仲間にあらかじめ聞いてもらっても良いでしょう。また、途中でもし狙いの異性が決まったら、こっそり席を立って打ち合わせをしたり、こっそりスマホで連絡を取り合っても良いでしょう。

もし狙いの異性がかぶってしまった場合の取り決めも、あらかじめあっても良いかもしれません。途中で打ち合わせをする際に重要なのは、あくまでこっそり行うこと。いかにもといった雰囲気でこそこそ話し合っていては、異性も気持ちが冷めてしまいます。

合コンを「素敵な彼氏・彼女をゲットするキッカケ」にしましょう

合コンを、その場限りで楽しく飲めたら良い、話せたらそれだけで良いと考える人もいます。しかし、せっかく縁あって同じ席につき、数時間を一緒に過ごすことになったのですから、素敵な彼氏、彼女をゲットするキッカケとして最大限利用するべきです。しかし中には、合コンでその場は楽しく過ごせるのに、なぜか次につながらないという人がいます。

それは多くの場合、NG行動やNG言動をしてしまっているのです。素敵な彼氏、彼女を作るために、これらの失敗をしないように気をつけましょう。例えば、楽しいからといって自分ばかり話してはいないでしょうか。いくら相手が聞き上手だとしても、延々と自分ばかり話すのではなく、同じ話題で相手はどう考えるか、どう感じるかを質問していきましょう。

うっかり昔の思い出話や武勇伝などを長々と話してしまう癖がある人は気を付けてください。また、緊張するあまり、まじめに話を聞き過ぎて、ずっと硬い表情になってしまう人もいます。口のはしを少し上げておくだけでも、やわらかな印象になります。また、相手が笑顔になったらこっちも笑顔にするなど、とにかく明るい表情を心掛けることが重要です。笑顔が嫌いな人はいません。楽しい雰囲気を演出しましょう。また、気合を入れて合コンに臨んだのは良いけれど、周りと比べると服装が浮いてしまっていることはありませんか。

みんながカジュアルなのに一人だけかっちりスーツであるとか、逆にフォーマルな雰囲気なのにスニーカーだったりといったような状況です。直前にどうしても外せない仕事があるようなケースは仕方ないため、自己紹介の際に一言ことわれば良いのですが、そうでないなら、事前に幹事に服装の雰囲気を尋ねておくのが一番です。特に女性は、おしゃれに気合を入れ過ぎてけばけばしくなってしまったり、やたらと色っぽくなってしまわないように気を付けましょう。そして、いくら楽しいからといって飲み過ぎてしまい、酔っぱらってしまわないように。

人間、酔っぱらうと自分でも思っていないような失言をしてしまったり、周りの雰囲気を読まずに盛り上がり過ぎてしまうものです。あくまでお酒は楽しむ程度にとどめておき、必要な緊張感を持って合コンに挑みましょう。特に男性が気を付けたいのが、ボディータッチです。女性は基本的に、よく知らない男性にボディータッチされるがとても嫌いです。肩くらい、手くらいならいいだろうと思ったら大間違い。

男性同士のノリを持ち込まないようにしましょう。逆に女性も、気に入った男性に何度も手をかけたりするのは同性からするとしらける原因になります。あくまで合コンという場全体の雰囲気やノリを大切にして、楽しく合コンを過ごすようにしましょう。最後に、支払いはどうするかはあらかじめ幹事が話し合いで決めておくのがスマートです。思ったより高かったからといって文句を言ったり、無料じゃないと文句を言うのはやめましょう。

まとめ

合コンは、知らない業種、職種、趣味、年齢の人に出会える場所です。恋愛の相手を探すには最適な場所ですし、そうでなくても人間関係が広まり、その後また違う出会いにつながるのが合コンの良いところです。異性の知り合いだけではなく、同性の知り合いも増えるのも面白いところ。意気投合して生涯の仲間になることもありますし、もちろんその後結婚することもあります。

しかし、そうなることはごくまれで、たいていはその場が楽しいだけで終わってしまいます。せっかく時間とお金をかけていくのですから、受け身になり過ぎず、楽しめるようにあらかじめある程度心構えをしておくのが重要です。清潔感のある服装をして、自分という人間を簡潔に知ってもらい、相手も知る。

そうした中で、相思相愛になれる恋人ができたら最高ですね。そのためにも気を付けるべきポイントはいくつかありました。自己紹介で異性の心をしっかりつかみ、その後の会話もしっかり盛り上げて合コンの時間を楽しみましょう。