私だってナンパされたい!ナンパされやすい女性の特徴

私だってナンパされたい!ナンパされやすい女性の特徴

ナンパされやすい女性には共通する特徴があります。女性なら一度くらいはナンパされてみたいと思うはずです。それが好みの男性だったら最高です。もしナンパされてみたいと思うのなら、共通する特徴を自分も身につければいいのです。

【1】場所を選ぶ

歩いていればどこでもナンパされるというわけではありません。ナンパされやすい場所というのがあります。ゴチャゴチャと混雑している繁華街よりも、比較的のんびりとウィンドウショッピングができるような場所です。

ナンパする男性はだれにでも声をかけるわけではなく、ちゃんと女性を見ているのです。ウィンドウショッピングができて、気軽に声をかけられる雰囲気のある場所です。ナンパされやすい女性はそのような場所を選んで出かけています。

【2】1人歩きをする

男性の目線からすると2人で歩いている女性よりも、1人で歩いている女性の方がナンパしやすいのです。2人連れをナンパした場合、ナンパされた女性はされなかった女性に気をつかって断る確率が高いからです。

ですから1人でウィンドウショッピングをしたり、カフェで1人でコーヒーを飲んだりしている女性の方がナンパされやすいのです。ナンパされたいなら1人歩きをすることです。1人で時間を持て余しているように街歩きをすれば、ナンパされます。

【3】流行のファッションを着る

街には色々な人が歩いています。ナンパする男性はその中から目当ての女性を見つけだすのです。地味な服装よりも派手なファッションの女性の方が目立ちます。

また流行のファッションを身につけている女性は開放的なイメージがあります。声をかけても気軽に応じてくれる確率が高いので、ナンパする男性は流行のファッションを身につけている女性をターゲットにします。ナンパされたいならファッションを派手めにして、なるべく男性の目に止まりやすいようにしましょう。

【4】顔を上げて歩く

うつむいて歩いている女性よりも、顔を上げて歩いている女性の方がナンパされやすいのです。うつむいている女性は暗いイメージがあるので、男性は声をかけても断られると思い込むからです。顔を上げて歩いている女性は明るいイメージがありますし、顔の表情がよくわかります。

ナンパする男性からすると、顔の表情がわかる女性の方が気軽に声をかけやすいわけです。ナンパされたいときにはなるべく顔を上げて自分の表情を見せるように歩きましょう。

【5】スキをつくる

ナンパしようとする男性は観察力が鋭いです。声をかけた時に断られない女性を探しているのです。目的がある女性は足取りがしっかりしていて、まっすぐ歩いています。そのような女性は声をかけても無視されてしまいます。

目的がなくて暇つぶしのようにのんびりと歩いている女性にはスキがあります。男性はスキのある女性を選んで声をかけます。ナンパされたい女性は、暇そうにのんびりと歩いてわざとスキをつくるようにします。

【6】お酒を飲む

最もナンパされやすいのは、バーで女性が1人でお酒を飲んでいるシーンです。今まで一度もナンパされたことのない女性でも、1人でバーに入ってお酒を飲めば男性は声をかけてきます。

1人でバーに入る勇気がない女性は、部屋でお酒を飲んでから外出します。お酒を飲んでいると気分が開放的になり、スキができます。ナンパする男性にとっては最も声をかけやすいのです。1人でバーに入れない女性はお酒を飲んでから街を歩くようにします。

【7】迷子のフリをする

街を歩いている女性が道に迷ってキョロキョロしていると、男性は声をかけやすくなります。「何を探しているの?」「どこへ行きたいの?」などのように、話しかけるきっかけがつくりやすいからです。

女性が街に出てナンパしてもらいたい時は迷子のフリをすればいいのです。ナンパする男性はそのような女性をいつも探しています。目的があってスタスタ歩いている女性には声をかけようとしないので、ナンパされたいのなら道に迷ったフリをすることです。

勇気を持って一歩踏み出そう

ナンパされやすい7つのパターンを紹介しましたが、いかがでしたか?思ったより簡単ですよね。これなら私にもできると自信がつくことでしょう。でも、いざ自分がやってみようとすると勇気がいるんです。

そんな時は自分に一番ふさわしいやり方でトライしてみてください。それまでの自分とは違う自分になれますよ。ただしナンパしてくる男性はほとんどが遊び目的です。それを知った上でナンパされる楽しさを体験してみましょう。