脈あり?脈なし?見分けるためのサインをチェック

脈あり?脈なし?見分けるためのサインをチェック

好きな男性が自分のことをどう思っているのか、気になりますよね。恋愛対象じゃなかったら傷つくけれど、早めに知っておいた方が傷も浅く済みます。実は、脈ありか脈なしか見分けるサインがあるんです。これから紹介していきますので、参考にしてみてください。

LINEの返信内容

好きな相手なら、用がなくてもLINEをしたくなっちゃいますよね。用がないというところに注目してみてください。大事な内容のLINEであれば、興味のない女性にも返信はします。しかし、日常会話のような内容であれば面倒に感じる男性が多いです。

もし、他愛もないLINEを送って返信があったら喜んでいいでしょう。その後、LINEが続くかチェックしてください。脈ありであれば、相手もやりとりを続けたいはずです。相手が質問してきたり、やりとりが途絶えることのないように配慮した内容が返ってきたりすれば脈ありです。

電話に出なかったとき

好きな男性に電話を掛けて、相手が電話に出なかったときに注目です。折り返しの電話は掛かってくるでしょうか!?興味のない人からの着信は面倒に感じる人も多く、一度着信を無視して後から謝りのLINEをする男性も多いです。

着信を残した後、折り返しの電話が掛かってきたら明るめのトーンで電話に出てください。そして、第2ステップ!電話に出なかった後「暇だったから、電話してみた」などとLINEをしてみてください。それでも折り返しの電話が掛かってきたら、喜んで電話に出ましょう!

他の女性と比較

好きな人とはいっても、彼のすべてが分かるわけではありませんよね。「自分にとても優しくて、自分への返信も早くて、ふたりで楽しく会話ができる。」そんな好きなところは、あなただけに向けられたものではないかもしれません。

一度冷静に、だれにでも同じ対応をしていないかみてみましょう。共通の女友達に、探りを入れてみるのもいいかもしれません。他の女性にも、あなたと同じ扱いなら脈ありなのではなく男性の性格なのかもしれません。

ばったり会ったとき

好きな男性が、同じ学校や職場にいる場合。校内や社内でばったり会うことってありますよね。「おはよう」のような会話から始まり、その後好きな男性は座れそうな場所に腰をおろすでしょうか。人はあまり長話をしたくないときその場から早く立ち去りたいので、座ろうとはしません。

もし好きな男性が、近くに椅子があるのに立ち話で去っていったときは脈が薄いかもしれません。逆に、少しの時間でも腰をおろして話してくれたら脈ありかもしれません。

スマホや時計を気にしている

好きな男性と一緒にいるとき、男性はスマホや腕時計などを気にしていませんか?人は退屈なときや会話がつまらないときなど、用もないのにスマホを手に取ったり無意識に時間をみたりする傾向にあります。

興味がある相手なら会話につまったとしても「何か質問しなきゃ」など、次の内容を探しますよね!?好きな男性が、あなたの前でスマホや腕時計をみる場面が多ければ残念ですが脈なしかもしれません。目の前からLINEを送り付けましょう。

リアクションを観察

好きな男性とあなたが話しているとき、男性のリアクションを観察してみてください。人は好意をもっている相手と話しているときは、テンションが上がりますよね。リアクションもいいはずです。

しかし、相手の男性が恥ずかしがりの場合もあります。恥ずかしがりであれば、リアクションは薄く感じる場合もあります。見極めが難しいですが、あなたの話をしっかり聞いてくれているのが伝わってくるのであれば興味ありと思っていいでしょう。

目で追われていない?

大人数でいるときにチェックできる、脈あり脈なしサインです。好きな男性と席が離れているとき、ふとした瞬間に目が合ったり視線を感じたりしたら脈ありと思っていいでしょう!好きな人が視界内にいると、気付けば目で追ってしまっているもの。「好きな男性が、私を気にしている。」と自信をもっていいでしょう。

脈なしパターンでは「好きな男性の目線に注意していたら、他の女性を目で追っていた。」という場合はその女性に気があるのかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?脈あり脈なしは見分けるのが難しいです。どれだけ当てはまるかで判断するのをオススメします。

片思いが実るのが理想ですが、脈がなければ次!と切り替えた方が、恋愛をスムーズに楽しめるかもしれませんね。