異性にモテそうだなと思わせるテクニックとは?

異性にモテそうだなと思わせるテクニックとは?

 

異性からモテるタイプというのはどのような人なのでしょうか。顔が整っている人、スタイルが抜群な人、経済的に余裕がある人などモテる要素を持っている人物がモテると思っていませんか?実は、モテるタイプというのは、異性から「あの人、モテそう」と思われるタイプなのです。

誰でもそうですが、モテそうな人はそれだけで魅力がありますので、高嶺の花扱いされることもあるでしょうし、彼氏や彼女がいるのではないかと最初からチャンスを逃していることすらあるのです。周囲からモテそうと思われることで、実際にモテることができます。しかし、モテそうだなと人から思われる為にはどのようにすれば良いのでしょうか。

今回は、特筆する魅力があるわけではないけれど、人から「あの人、モテそう」と思わせるテクニックについて紹介していきます。どのような人がモテそうと思われるのか、どうすれば人からそう思ってもらえるのかについて詳しく見ていきましょう。

モテそうだなと思われる=魅力的

「モテそう」と思う人はどんな人でしょうか。顔が整っているイケメンや美人がモテるのは当然の話ですが、実は「モテそう」と思わせることができる人は、何らかの魅力を持っている人が多いのです。魅力と一言で言っても様々ですが、人に優しい人はそれだけで好感を持ってもらえますし、気遣いができるタイプならマメなタイプとして好かれるでしょう。内面から出てくる魅力が人に「モテそう」と思わせる要素なのです。

「モテそう」と言っても実際にモテているのかは別の話。実はモテそうというだけで彼氏や彼女がいない場合も多いのです。「モテそう」というのはプラスな面とマイナスな面があることだけは理解しておきましょう。プラスの面で言えば、「モテそうに見える=魅力的」ですから、好意を抱いてくれる異性も存在します。「モテそう」なあの人と付き合うことができれば、ちょっとした優越感を抱くことすらできるのです。

逆にマイナス面では、「モテそう」だからこそ高嶺の花扱いにされてしまい、最初から「付き合っている人がいるだろう」と諦められてしまう点です。これではせっかく「モテそう」に見られているのに出会いが減少してしまいますので、「モテそう」のレベルも考えなくてはいけません。

そもそもモテるというイメージはどのような状態を指しているのでしょうか。異性が近寄ってくることがモテるの定義であれば、近寄りたくなる存在になることが「モテそう」と思わせる近道かもしれません。近寄りたくなるイメージなら、笑顔が絶えない人や話し上手な人は必然的に「モテそう」と思われるのではないでしょうか。ただし、難しいところなのですが、「モテそう」の定義には個人差があります。影のあるようなタイプを好む人にとっては、その謎の雰囲気に惹かれてしまうこともあるでしょうし、常に笑顔で人当たりの良いタイプに好感を持つ人もいるのです。どちらのタイプに寄せていくかで、近寄ってくる異性も異なることを覚えておきましょう。

「モテそう」だと人に思ってもらえるようにするには、自分の魅力が異性からモテる魅力かどうか一度考えてみてください。例えば、人に優しいタイプならその魅力をより見せていくことで「モテそう」と思ってもらえるでしょう。もし、自分の魅力がわからないという場合には、どんな人が実際にモテているのかを参考にしてください。顔は普通だけどモテるタイプというのが必ずいるはずです。その人はルックスではなく、中身や雰囲気が「モテそう」だからこそ異性が近寄ってくるのでしょう。

「モテそう」に振る舞うのは難しいことではありませんが、一歩間違えれば勘違いしている人になってしまいますので、その点には注意が必要です。どのようなことに注意して、どのように振る舞えばいいのか下記で詳しく紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。異性からモテる為に必要なのはルックスだけではないことがわかってもらえると思います。

振る舞いで余裕を見せる

異性から「モテそう」と思わせる人になるには、まず振る舞いに気を遣いましょう。振る舞いと言っても難しい話ではなく、日常的な行動や言動にちょっと気を遣うだけでOKです。余裕のある振る舞いを身に付けてください。

余裕のある振る舞いとは

モテるタイプは異性にガツガツしていないタイプです。何もしなくても勝手に寄ってきてくれるので、頑張る必要がありません。その為、合コンでも雰囲気を楽しむ余裕もあるでしょうし、一生懸命気に入られようとはしません。その余裕こそが「モテそう」と思わせる為には必要なものなのです。余裕のある振る舞いができるようになれば、必然的に異性が寄ってきてくれるでしょう。しかし、本来モテないタイプの人がいきなり余裕のある振る舞いができるようにはなりません。意識していくことが大切です。

モテない人とモテる人の言動や行動について比較

モテない人とモテる人の言動や行動には差があります。どんな差があるのか一度考えてみましょう。

・合コンの場での振る舞い
異性との出会いに欠かせない合コンは、モテる人とモテない人の明暗がはっきりする場でもあります。ルックスが良いのであれば何もしなくてもモテるでしょうが、そうではなくてもモテるタイプがいるのです。モテるタイプは場の雰囲気を読んだり、異性に対して気遣いができるタイプ。男女の出会いの場として意識し過ぎず、場を楽しむことを優先しています。逆にモテないタイプは気になる相手にどんどんアプローチをし、少しでも近づこうと行動してしまうタイプ。このような行動は余裕のある行動とは言えず、ガツガツし過ぎと判断されてしまいます。「ガツガツする=モテない」を作り出してしまうのでやめましょう。

行動をしないと彼氏・彼女ができないと考えている人もいるでしょうが、実はここが分岐点なのです。その場で行動し過ぎてしまうと逆にチャンスを逃してしまうことにもなりかねないのです。その為、待ちの姿勢が大切。魅力的な人であれば、自分が頑張って行動しなくても相手からアクションがあるはずです。焦らないことも必要でしょう。また余裕のある振る舞いとは自分から動かずに待つ姿勢のことを言うのですが、待っているだけではチャンスはこないと焦ってしまう人も多く、そのような人はモテない人になってしまいますので注意しましょう。

・彼女や彼氏はいらない振りをする
本当は彼女や彼氏が欲しいからチャンスがあれば合コンにも参加したいし、紹介してもらいたいのですが、そこをグッと我慢して求めていない振りをしましょう。「今は仕事が忙しいからそんな気持ちになれない」「特に困っていない」など自分次第でいつでも彼女や彼氏はできるぞというスタンスを見せつけるのがおすすめです。合コンによく参加している人であれば一度参加を見送ることも必要です。異性に対してガツガツしない姿が周囲に知れ渡れば、余裕を感じますし、「この人、モテそう」という印象に繋がりますので焦りは禁物です。

表情と目線でアピール

モテる人というのは、一般的に異性に慣れている印象があります。特に男性の場合は、女性慣れしているほどモテそうと思ってもらえるということです。その為、女性との距離感が異常に近かったり、目を見て話すことができるのです。しかし、「モテそう」と思わせているだけの男性にとってはかなりハードルが高い行為とも言えるでしょう。そこで、どのような雰囲気や表情、目線に気を遣えば「モテそう」と思ってもらえるのか紹介していきます。

目を見て話す

人と人とのコミュニケーションの基本ではありますが、相手の目を見て話すことが大切です。しかし、シャイな男性にとっては女性の目を見て話すのはかなり難易度が高い行動で、視線が定まらなかったり違うところを見て話してしまうこともあるでしょう。ただし、女性からするとここはモテるタイプかモテないタイプかを見分けるチェックポイントでもありますので、相手の目を見て話すことを意識してください。目を見て話してもらえないと相手から避けられてしまう可能性もありますので注意が必要です。

笑顔を絶やさない

笑顔というのは余裕の表れでもあります。その為、異性に対して緊張していない様子として認識してもらえるので、「モテそう」な雰囲気を醸し出すことができるでしょう。笑顔で話しをしてくれる人に嫌悪感を抱く人はいませんから、笑顔で話すように心掛けましょう。男性の場合、自分がどのような顔で笑っているのか見たことがない人もいますので、鏡の前で笑顔の練習も必要です。ニコニコと女性の話を聞いてあげるだけで、余裕のある雰囲気を作り出すこともできますし、相手から好感を持ってもらえるでしょう。

アイコンタクトにチャレンジする

シャイな人にはかなりハードルが高いものではありますが、目で会話をするというのはモテる人のテクニックの一つです。気になる相手と目線を合わせ目で会話をすることができれば、「モテそう」な人として認識されるでしょう。アイコンタクトをしてしまうようなタイプは異性慣れしていることが多く、女性慣れ・男性慣れしている状態と言えます。その為、慣れるほど人と付き合ったことがあると思ってもらうことができるのです。アイコンタクトとは言え特に意味を持たせる必要はありません。あくまでも気になる相手と何度も目を合わせることで意識させてください。

モテる人は異性に対して緊張せずに接することができますので、目を合わせることも簡単ですし、笑顔で相手の話を聞くこともできます。しかし、シャイな人にとってはハードルが高いので簡単ではありません。「モテそう」な人として見られたいのであれば、表情や目線を意識することが大切なのです。最初はうまくいかないかもしれませんが、何度も出会いの場に参加することで余裕のある表情や目線を手に入れることができます。また、笑顔というのは緊張している状態だと少なくなってしまいますので、いつでも笑顔になれるよう練習しておくことが大切です。

会話の内容で魅せる

モテる人は会話の内容にも気を遣っています。モテない男性の多くが女性との会話で躓いてしまい余裕がなくなってしまうのです。そこで、モテる男性がどのような会話で女性と接しているのかチェックしてみましょう。まず、モテる男性は「聞き上手」であることが多いようです。女性は話をするのが好きな生き物ですので、女性の話を聞くことから始めてください。モテない男性は自分のアピールをしなくてはチャンスがないと焦って話す傾向がありますが、実は話すことよりも聞くことを意識すると好感を持ってもらえます。

話を聞くという行為は相手から好意を持ってもらいやすいとは言え、それまでで終わってしまうことも少なくありません。ただの聞き役になってしまうのではなく、魅力的な会話を用意しておくことで「モテそう」な雰囲気を作っていくことが大切です。会話例を出して考えていきましょう。

(1) 女性の話を引き出す

遊び人と呼ばれる男性は自分の話よりも女性に話をさせるスキルを持っています。どんな質問をするのか事前に考えておくことが大切です。例えば「休みの日は何しているの?」と質問すれば女性はそれに対して答えてくれます。その答えがアクティブなものであれば、女性を褒めながら「今度誘って」と伝えてください。インドアな答えが返ってきた場合、共感してあげることが大切です。自分を良く見せようとするのではなく、自然体を演じることが大切ですので女性の話を否定したり、自分の自慢話をしないように注意しましょう。女性のペースに合わせて、楽しい雰囲気にしていきましょう。

(2) 趣味の話

女性との会話が弾んできたら、自分の趣味の話をしてみましょう。自慢できることがあればそれをアピールするのも良いですが、過剰になり過ぎないように気をつけてください。また、女性から見て引いてしまうような趣味の場合はやめとおくのが正解。スポーツなどは女性の食いつきが良い趣味ですので、趣味としてやっている場合はアピールしてみましょう。試合などがあるものなら、「今度見に来て」と誘うのもおすすめです。

(3) 女性の容姿や雰囲気を褒める

男女問わず褒められることに嫌悪感を抱く人はいません。しかし、褒め方がズレていると嫌悪感を持たれてしまうものです。モテる男性は女性のアイテムなどにも着目し、ブランドなどにも詳しいことが多いようです。男性があまり知らないようなブランドを身に着けている女性に対しては、「それ可愛いね」とアイテムを褒めてあげましょう。また、髪型や服装などもさりげなく褒めてあげることが大切です。過剰に褒めてしまうと女性に引かれてしまいますので匙加減に注意してください。

会話の基本はキャッチボールです。一方的な話題などにならないように気をつけましょう。相手の様子を見ながら落ち着いたトーンで話すのが「モテそう」と思わせる最大のコツです。会話の間も楽しめる余裕を持ちましょう。

外見ももちろん重要

「モテそう」に見える雰囲気や中身について紹介してきましたが、外見ももちろん重要です。人間の第一印象は非常に重要で、最初に目に入ってきた情報によってその人の良し悪しが選別されていると言っても過言ではないでしょう。その為、外見磨きも重要なのです。では、どのような外見が異性から見て好感を持ってもらいやすいのでしょうか。ポイントごとに詳しく説明してきましょう。

清潔感のある服装を心掛ける

どんなに顔が良くても、清潔感に欠ける服装をしているとそれだけでモテません。特に男性の場合、ダメージジーンズにヨレヨレのTシャツならモテるどころか嫌われてしまうかもしれません。不潔な印象を与えてしまえば、中身がとても良い人だとしても好感を持ってもらうことすらできないのです。清潔感のある服装がどんなものかわからないという人もいるでしょうが、簡単に言えばシワが付いていなかったり、シミがついていない服装のことです。そんな服着ないだろうと思う人もいるでしょうが、靴下に毛玉がついていることはありませんか?見落としてしまうようなアイテムにまで気を遣うことが大切です。また、女性は靴をよく見ています。どんなに小奇麗な服装をしていても、靴が汚ければそれだけで印象が悪くなってしまいますので、頭の先から足の先まで気を遣いましょう。

個性的になり過ぎない

髪型やファッションは人によってこだわりがありますし、好きなテイストというものがあります。しかし、そのファッションが万人に受けるものかどうかはとても重要なのです。同じテイストが好きな人同士であればわかり合うことができるかもしれませんが、モテる人はそのような狭い範囲での理解ではなく、万人に好感を持ってもらえる服装を着用していることが多いでしょう。これは大半の人から好感を持ってもらえる服装という意味であり、好きだから着るという理由ではモテることができません。個性的で奇抜なファッションは人を選んでしまうということを覚えておきましょう。

シンプルコーディネートを心掛ける

清潔感があって個性的になり過ぎないファッションとなると、シンプルなコーディネートがおすすめです。ジーンズにTシャツやカットソーなどの組み合わせで十分です。気合を入れ過ぎてしまうのではなく、いつもと同じファッションという雰囲気を出すことが「モテそう」と思わせるコツでしょう。

モテアイテムを取り入れる

シンプルなコーディネートがおすすめとは言いましたが、ポイントアイテムにこだわるのはセンスが良いと思われるコツです。例えば、バングルやネックレスなどアクセサリーをポイントアイテムとして使用したり、キャップやハットを取り入れるなどもおすすめです。シンプルなコーディネートだからこそポイントアイテムの印象が良くなります。ただし、あれもこれも取り入れてしまうとセンスがないように思われてしまいますから、付けても一つか二つにしておきましょう。

魅力的なら素敵な異性は寄ってくる

ここまでモテる人とモテない人の差について詳しくお話してきました。モテる人は異性に対して余裕があって、ガツガツしていないタイプが多く、逆にモテない人は余裕がなく焦っていることが多いのです。この差が異性から「モテそう」と思われるかどうかの基準になってくるでしょう。実は、モテるタイプの人は何もしなくてもモテます。しかし、何もしなくてもと言っても本当に何もしていないわけではありません。簡単に言えば、自然体でいることが多いということです。

異性の前で緊張してしまい、普段通りに振る舞うことができなかったり、目線を合わせることができないのが普段通りと言えるでしょうか。自然体というのは、友人や知人と会った時のような雰囲気を作り出せるかどうかということなのです。シャイな人にとってはその自然体が一番難しく、必死になってしまい空回ってしまうことがよくあるでしょう。異性の前で緊張してしまうのは、ただ単に異性慣れしてないだけではなく「あわよくばモテたい」という気持ちが見え隠れしているからです。この「あわよくばモテたい」という雰囲気を異性は敏感にキャッチしてしまいます。

モテる人はその気持ちを持っていたとしても人に察知されないように自然と振る舞うことができます。相手も敏感ですから、「あなたを狙っていますよ」という雰囲気は感じてしまうでしょうし、それによって引かれてしまうこともあるでしょう。そうならない為にもポーカーフェイスを気取るくらいの気持ちが必要なのです。特に異性に対して困っていないという余裕や、いつも通りの振る舞いだという雰囲気を出すことが「モテそう」と思わせる為には重要なスキルと言えるでしょう。

モテる人は、顔が整っているとかルックスが良いとかだけではなく、異性に対して過剰に反応しない人です。魅力的な人は自然体でいるだけで、異性が近寄ってきます。そんな簡単な話なら誰でもモテるだろうと思う人もいるかもしれませんが、実は自然体でいるというのは簡単ではないのです。意識するなと言われても異性と話をする時には意識してしまうものです。遊び人と呼ばれる人達は、色々な経験をしてきているからこそ自然体でいられるのであって、遊び人ではないけれど「モテそう」と思わせたい人にとっては自然体で過ごすことはかなり難しいでしょう。

その為、まずは自分から動かないことを徹底してみてください。相手と仲良くなりたいとか好意を持ってもらいたいと思う感情を一度我慢して、待ちの姿勢になってみましょう。待ちの姿勢と言っても愛想がない振りをする必要はありませんし、無言でいる必要もありません。頑張り過ぎないことがポイントです。自己アピールをしなければいけないとか、男性ならこうするべきなどという思い込みを一度捨てることで「モテそう」に見えるのではなく、「本当にモテる」状態へと変化できるでしょう。

もちろん、自分磨きは欠かさないようにしてください。

まとめ

今回は、「モテそう」に思わせる方法についてご紹介してきました。モテる人はどんな魅力があるのか、どんな振る舞いをしているのかを学び、活かしていきましょう。一番大切なのは、焦らないこと。異性の前で焦った行動は「モテそう」と思わせるのが難しくなりますので、焦らず落ち着いた行動を心掛けてください。

また、人によっては自然体でいるだけで「モテそう」と思ってもらえることがあります。自分の魅力を自分の行動や言動で損なわないように、まずは自然体でいることを目指してください。異性に対して必要以上に緊張しないこと、あわよくばなどという期待は捨てておくこと、落ち着いた雰囲気で対応することが重要です。作り物の自分ではなく自然体の自分を見せることができる勇気を持つことが魅力アップには欠かせません。最初は異性の反応に落ち込むこともあるかもしれませんが、あなたの魅力に気付いてくれる人もいるでしょう。まずは気を張り過ぎないことが大切です。