持ち歩きが楽な暇つぶし用短編小説5選【SF】

持ち歩きが楽な暇つぶし用短編小説5選【SF】

通勤や通学などで毎日電車を利用されている方の中には、電車の中でする事がなく、いつも寝たふりをしていると言う方もいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは電車などでの短時間の移動時の暇つぶしにおすすめなSFものの短編小説を厳選して紹介したいと思います。海外、国内のものをそれぞれピックアップしましたので、ご自身の好みに合いそうなものを探してみてください。

電車での移動時の暇つぶしに最適なSFものの短編小説5選

海外の作品

あなたの人生の物語

著:テッド・チャン 出版:早川書房
「あなたの人生の物語」は、アメリカのSF作家テッド・チャンのデビュー作「バビロンの塔」を始めとした8編の短編を収録しています。表題作「あなたの人生の物語」は、映画「メッセージ」として日本でも公開されており、本作も大変話題になりました。地球を訪れたエイリアンとのコンタクトを試みる言語学者のストーリー等、典型的なSFをベースとしながらも、日本人には馴染みの薄い宗教観や倫理観もストーリーに大きくかかわっており、新鮮な驚きに満ちた短編集と言えるでしょう。

月の部屋で会いましょう

著:レイ・ヴクサヴィッチ 出版:東京創元社
「月の部屋で会いましょう」は、アメリカ出身のSF作家レイ・ヴクサヴィッチによる作品を集めた短編集です。服が宇宙服になって飛んで行ってしまう人々の話や、恋人からもらった手編みのセーターの中で迷子になってしまう男の話など、少しユーモラスでありながら、切なくもなるような独特の面白さがあるSF短編が多数収録されています。ユーモラスなシーンは何かを暗示しているようにも思えることから、読者の好きなように深読みができる作品ともいえるかもしれません。文庫版には新たに短編一編が追加されています。

万華鏡

 

著:レイ・ブラッドベリ 出版:東京創元社
レイ・ブラッドベリは、「華氏451度」等の作品で知られるアメリカのSF作家です。隕石との衝突により宇宙船が破壊され宇宙空間へ投げ出された宇宙飛行士たちのストーリーである表題作「万華鏡」は、ブラッドベリの短編の中でも特に人気の高い作品となっています。一読の価値があると言えるでしょう。本作にはブラッドベリ本人が厳選した26の短編を収録しており、著者がどのような意図で、この26編を選んだのかといったことも考えながら読んでみるのもおすすめです。

日本の作品

ようこそ地球さん

著:星新一 出版:新潮社
類いまれな想像力が織りなす作品の数々で多くの読者を魅了してきた星新一は、SF小説の名手として今でも多くの人々から愛されています。数多く存在する短編集の中でも「ようこそ地球さん」は、星新一ならではの豊かな想像力が存分に発揮された名作の一つと言えるでしょう。星新一ならではの繊細な感性を存分に感じることができる48の短編は、読者に深い感動をもたらしてくれるでしょう。

時の顔

著:小松左京 出版:角川書店
「日本沈没」や「さよならジュピター」などの長編SF小説で知られる小松左京ですが、数多くの魅力的な短編も残しています。そんな中でも本作「時の顔」は、初期の作品を中心とした11編を収録しており、殆どがタイムトラベルに関わるストーリとなっています。小松左京ならではの豊かな想像力が織りなす独特の世界観に、思う存分浸ることができるだけでなく、著者の初期のまだ粗削りな魅力にも触れる事ができるかもしれません。

まとめ

電車での移動時の暇つぶしに最適なSFものの短編小説を5つ厳選して紹介しました。いかがでしたか?SF小説は、ただ表面上のストーリーを読むのも良いですが、特に印象的なシーンなどには社会風刺などの裏の意味が込められている物も多いようです。そういった点も含めて個々の作品を深読みすれば、退屈な毎日の移動時間も存分に楽しむことができるでしょう。是非今回紹介した作品の情報を参考に、ご自身の好みに合った作品を探してみてください。