蘇生は不可能ですか…?やっちまったメッセージをなかったことにできる(かもしれない)フレーズまとめ

蘇生は不可能ですか…?やっちまったメッセージをなかったことにできる(かもしれない)フレーズまとめ

LINEでうっかり失言をして、好きな人を怒らせてしまったという経験はありませんか?
LINEは手軽にメッセージを送れる分あまり深く考えないで書き込みをしてしまって、返ってきた彼女の怒れるメッセージに顔色をなくす、などという失敗が起こりやすいという可能性があります。表情の見えない文字だけのコミュニケーションツールだからこそ、手軽な分、失敗の可能性もあるんですよね…。
そこで今回は、そんな気まずい状況からイメージを回復できる(かもしれない?)フレーズを7つピックアップしてご紹介したいと思います。

【1】ごめんなさい

気まずい雰囲気になってしまったら、まずは「ごめんなさい」と謝りましょう。シンプルですが、相手に不快な思いをさせてしまった時にはやはり非を認めて素直に謝るのが人間関係の基本です。逆に一番避けたいのは、謝りもせずにだらだらと「言い訳」をすること。言い訳は女性の怒りを助長させるだけでなく、あなたを女々しい男性だと印象づけてしまう恐れがあります。ここは潔く謝って好きな人に男らしさをアピールしましょう。ただし一度の謝罪でもし許してもらえない場合は、少し時間を空けてもう一度LINEでメッセージを送ってみるのが効果的でしょう。

【2】自分が悪かった

気まずい雰囲気になってしまった場合は「ごめんなさい」と謝罪することが大前提ですが、そのあとに「自分が悪かった」と、さらに自分に非があることを認めるメッセージをLINEで送ることも効果的です。女性からすると男性はプライドも高く基本は謝らないイメージを持っている人も多いので、潔く謝れる男性を見ると逆に「すごい!」と感動してしまうんですね。男性のなかには自分が謝るなんて…と思っている人もいるかも知れませんが、これができるようになると女性の評価も一気に上がるので、ぜひ一度試してみてください。もちろん激怒が過ぎると簡単に許してもらえないこともあるかもしれませんが…。

【3】本当に反省してる

自分の失言で好きな人を怒らせてしまった時、あなたはなぜそのような発言をしてしまったか心底悔やみ、反省していることでしょう。しかし反省しているだけでは問題は一向に解決しません。その反省している気持ちを素直にLINEのメッセージで相手の女性に送ってみることが大切なのです。そこでこの時に大切なのが、シンプルに「本当に反省している」という気持ちを伝えること。ここで絵文字や顔文字などの装飾は逆に御法度です。絵文字を使うと逆に「本当に反省してるの?」と思われてしまい、火に油を注ぐことになるでしょう。

【4】怒るのは当たり前だよね

彼女が怒っている態度に対して「このくらいの失言でそこまで怒らなくてもいいのに」と思うこともあるかも知れませんが、たとえ納得がいかなくても、その感情をそのままLINEでぶつけてしまうのは絶対にNGです。そこで気持ちをグッと抑えて「怒るのは当たり前だよね」と理解を示す態度が大切です。相手を不快にさせてしまったらやはりどちらかが大人になって、まずは相手を肯定する姿勢が二人の関係を回復させるための近道になるでしょう。

【5】傷つけるつもりはなかったんだ

言葉は使い方に気をつけないと、時に人の心を簡単に傷つけてしまうこともあります。もしもLINEであなたが心無い言葉を投げかけられた場合、どんな気持ちになるでしょうか?まず、悲しい気持ちになり、次に「なぜそんなことを言われなければならないのか」という怒りがこみ上げてくるはずです。言葉を投げかけた相手が好きな人であれば、なおさらダメージは大きくなりますよね。相手の女性も性別の違いはあれ、あなたと同じように感じているのです。つまり、あなたの言葉に少なからず傷付いている。そのことを忘れずに、「傷つけるつもりはなかったんだ」と、真摯なメッセージを送りましょう

【6】つい甘えちゃうんだと思う

あなたのLINEでの失言で怒らせてしまった好きな人…。謝っても反省しても一向に彼女の怒りが収まらないようなときは、アプローチの仕方を変えてみるのも一つの方法です。「君の優しさについ甘えちゃうんだと思う」と、相手の女性に知らず知らずのうちに甘えてしまったことを伝えてみるのも良いでしょう。このような言葉をかけられると女性は母性本能をくすぐられるので、「ま、いっか」となって許してくれる可能性も高くなります。

【7】これから気をつけます

LINEのやり取りに限らず、人間は失敗をすることは誰にでもあるもの。しかし大切なのは同じ失敗を繰り返さないことです。好きな人を怒らせたということは傷つけてもいることだと認識し、心を込めて「これから気を付けます」とメッセージを送りましょう。注意したいのは「彼女の機嫌が直ればいい」と、場当たり的に心にもないメッセージを送ることです。本当に反省をしていなければ、また同じ失敗を繰り返してしまうことになるでしょう。そのよう事態を避けるためにも、言葉通り今後の言動には注意しましょう。

誰でも気軽に利用できるLINEは、男女のコミュニケーションツールとしても大変便利です。しかし手軽なだけに失言をして相手を怒らせてしまうというトラブルも起こりやすくなってしまうでしょう。そこで好きな相手をLINEのやりとりで怒らせてしまった場合は「どれだけ相手を思いやれるか」ということを大切に、誠意を込めてその後フォローする姿勢が大切になります。「雨降って地固まる」というように、ぜひその後の関係性をさらに良いものにしていってくださいね。