キスを断られたときのアフターフォローを大切に

キスを断られたときのアフターフォローを大切に

デートでキスを迫って断られたとき、どうしても気まずい雰囲気になってしまいがちです。断られたあとの態度によって女性に与える印象も大きく変わります。断られたからといって必ずしも「自分のことが嫌い」ということにはなりませんから、取り乱すことなく冷静に対処することが大切です。今回はキスを断られたときのアフターフォローのポイントを説明していきます。

女性に取り乱した態度を見せないこと

キスを断られるとそのショックから取り乱してしまう人もいます。そんな慌てた態度を女性に見せるのはかえって悪い印象を与えます。「キスを断られた=自分は嫌われている」と勝手に判断してはいけません。むしろ何回もデートしている間柄であれば「嫌いだからキスをしたくない」という理由はかなり低いでしょう。

女性によってキスを断る理由は様々ですが、大きな理由の一つに「まだキスは早い」という彼女の側からのメッセージがあります。女性にもやはり「心の準備」「キスのタイミング」というものがあります。それが合わないとキスが断られるのは当然です。まして強引にキスでもしようものならそっちのほうが嫌われてしまうでしょう。

キスを断られたときは慌てふためくのではなく「まだ早かったんだな」「彼女にまだ心の準備ができていなかったんだな」と思うようにし、冷静で落ち着いた態度でいましょう。そしてキスを断った理由を問いただすのではなく、一言「ごめんね」「いいよ」とフォローして、また普通にいつも通り会話ができるような雰囲気に持っていきましょう。キスを断られたショックを引きずっていてはその後のデートの会話にも支障が出ます。断られたときだからこそ「いつも通り振る舞う姿勢」を大事にしてください。そうすれば女性にも気まずい気持ちをさせなくて済みます。

キスを断られた理由を聞いてはいけない

キスを断られたときの最悪の態度が、女性に対してキスを断った理由を問いただすことです。これほどみっともない姿はありません。「キスがだめな理由は?」「どうしてダメなの?」などと何度も聞いていたら、それだけで女性は嫌な気持ちになります。そもそもそんなことを問いただすのは幼稚ですし、大人の態度ではありません。

さらに最悪なのは、女性の断りを無視してキスを懇願することです。諦めきれないからといって再度女性にキスを迫る、なんとかキスしようと強引な態度をとる・・・、これはデートや女性との関係において自殺行為に等しいです。そんなことをしたらその時点で関係は急速に冷め、女性の気持ちも一気に離れてしまい、もう二度と戻ってこないでしょう。

キスを断られたら、その時点で気持ちを切り替えてください。後追いせず、未練たらしくせず、スパッとした清々しい態度でいてください。そうすればその関係にそれ以上の傷がつくことは少なくなります。

キスを断られたデートだからこそアフターフォローが大事

キスを断られたからといって気分を害して、デート後にメールをしない、彼女を放置する、ということがないようにしましょう。彼女のほうもキスを断ったことで多少の罪悪感を感じています。そんな彼女の気持ちを大切にして、こちらから「今日はごめんね」「デートをしてくれてありがとう」の気持ちを伝えましょう。そうしたフォローが逆に彼女との距離をさらに縮めることにもつながります。

何度も言うように「キスが断られる=嫌われている」とは必ずしもなりませんから、「また今後機会があるはず」と前向きな気持ちを持って焦らずに彼女と接していきましょう。もちろん嫌われている可能性も否定はできませんが、それならそれできっぱりと諦めることです。失恋を引きずっていては新しい出会いやチャンスを逃すだけです。キスをすることを目的にするのではなく、その先の将来を見据えた余裕を持った心で人間関係を育んでいきましょう。

まとめ

キスを迫るときはそのタイミングが大事です。彼女がまだそんな心境や心構えになっていないと断られる可能性が高くなります。彼女との距離感はどれくらいなのか、心の近さはどれくらいなのかを見極めましょう。むしろ彼女のほうから積極的にスキンシップをしてきたり、「距離を縮めてきてるな」と感じられたらキスのタイミングが訪れていると判断できるでしょう。お互いの距離感が近くなり、お互いがキスを望んでいるタイミングでキスができたらそれがいちばんです。焦ることなく、じっくりと彼女との関係を深めていきましょう。