キスが上手い人が実践していることをチェック!

キスが上手い人が実践していることをチェック!


軽いフレンチキスからディープキスまで、その場の状況や相手との関係によって、キスには様々なものがあります。その中でも、情熱的なキス、官能的なキスは、女性を虜にしてしまうことがあります。キスの上手い男性は、女性の心も身体も惹きつける魅力があるのです。そんなキスの上手い人が実践していることには、どのようなものがあるのでしょうか?

官能をゆさぶるキスで女性を虜にするには

キスをする前に

相手の心の微妙な動きを知る


キスは、ごく個人的なものです。お互いの気持ちがとても大切なポイントとなってきます。いくらキスが上手いといっても、気持ちが入っていなければ、女性はそれほど気持ちいいとは感じません。また、嫌いな相手にキスされても、気持ち悪いと思うだけです。まずは、女性が自分に好意を抱いているかどうかを知らなければなりません。少なくとも好意を抱いていることは間違いない、と思ってもその場の2人の雰囲気や、その時相手の女性が何を考えているかも気にしなければなりません。本当に女性を虜にする極上のキスをするには、相手を思いやる心を持たなければならないのです。

口臭に気をつけよう


女性は男性に比べると、生まれつき嗅覚をつかさどる細胞が多いという研究もあります。女性は男性より臭いを感じやすいのです。そして、キスは体を密着させて行うので、鼻に最も近づく口からの臭いは重要となります。どんなにキスのテクニックに長けていても、その口から悪臭が漂ってきたら、女性はそっちのほうが気になって、あまり気持ちいいとは感じられなくなってしまいます。日ごろからの丁寧な歯磨きはもちろんのこと、口臭が気になる人はサプリやマウスウォッシュ、ガムなども試してみるといいでしょう。また、特に大切なキスの前には、ニンニクなどの口臭を発生させるような食べ物は避けることをオススメします。

唇のケアも大切に


キスは、唇と唇が触れ合う行為です。直接触れ合う唇が、ザラザラカサカサしたり、ひび割れて血がにじんでいたりなどしたら、それだけで気持ちよさは半減します。潤いのある柔らかな唇が、やはり気持ちいいものです。そのためには、日ごろからの唇のケアは大切です。男性用のリップクリームなどもあるので、唇が荒れていると思ったら、ケア用品も使ってみましょう。

さあ、キスをしよう

ソフトで思いやりのあるキスを


よく、映画やドラマなどで、強引に唇を奪うようなシーンが描かれることがあります。しかし、強引なキスがうまくいくのは、よほどのテクニシャンか偶然の産物、または明らかに互いに愛し合っている者同士ならごくまれに、という程度に限られます。そうではないのなら、ソフトで思いやりのあるキスが女性の心を捉えやすいといえます。最初は唇が触れ合うか触れ合わないかの感覚でそっと唇を合わせていき、相手の女性が受け入れてくれると感じたら、すこし深めに唇を優しく押さえる感じで、それ以上も許してくれると感じたら、舌をそっと差し入れていきます。あくまでソフトで優しく、相手の女性の心の動きに気をつけながらです。

唇や舌を柔らかく保つ


唇や口内は、感覚の鋭い部分です。緊張して唇に力が入ってしまったら、唇や舌が硬くなってしまいます。そして、気持ちのいいキスは、唇と唇が、舌と舌がねっとりと絡み合うようなキスです。硬くなってしまったら、その感覚が得られません。好きな女性とキスするときは緊張してしまうこともありますが、それでも唇や舌には力が入らないように気をつけ、柔らかく保つようにしましょう。

まとめ

キスは感情が大切な行為です。相手の女性を思いやって、ソフトで優しいキスを心がけましょう。また、女性の口内は、全体が性感帯といってもいいほどの感じやすい部分です。特に舌の裏側の筋の部分や、上の歯の延長部分の口蓋の辺りは、快感を得やすいとされます。その辺りを優しく攻めてみたら、女性がとろけるようなキスができるでしょう。