女性必見!結婚するために知っておきたいポイント

女性必見!結婚するために知っておきたいポイント

今交際しているパートナーがいる女性にとって、そろそろ次の展開を望んでいるという人も多いでしょう。ついつい彼氏に結婚する意思があるのかどうか聞いてしまいたくなりますが、実はそれは一番やってはいけないことだということを知っていましたか?彼氏からすると、彼女からそんなことをアピールされたらプレッシャーにしか感じません。女性側からしても、アピールしてやっとプロポーズされてもあまり気持ちの良いものとは言えませんよね。

そこで今回は結婚するためにできることのポイントを紹介していきます。お互いの気持ちとペースを合わせることで望んでいた結果を招くことができますので、まずは焦らないことが大切です。周囲が結婚するとどうしても焦ってしまうものですが、結婚は焦ってするものではなく二人のペースが一致したときにするものであることを理解しておきましょう。自分の気持ちだけを優先してしまうと、最悪、別れを招いてしまいますので慎重な行動が必要です。

結婚はお互いの意思が固まっていないとできない

そもそも結婚はお互いに結婚したいという意思を持ってするものです。片一方がアピールしていても、それに応じる気持ちがなければ結婚話は一向に進みません。交際している彼氏がいる適齢期を迎えた女性の多くが、焦る気持ちを抱いています。周囲で結婚が続けばなおさらでしょう。しかし、パートナーである彼氏には結婚したい気持ちも行動もないという場合、その焦燥感はより強いものになります。

しかし、ここで大切なのは周囲が結婚したからと言って自分たちの関係に影響はないということです。周囲の結婚はあくまでも周囲のものであり、自分たちには無関係の話なのですが、女性はそのような状態になると自分のことのように考えてしまいます。今一緒にいるパートナーと良好な関係が築かれているのにも関わらず、それ以上を求めようと躍起になってしまうのです。

そのような焦燥感をパートナーである彼氏が感じてしまうと、プレッシャーに思い逃げたくなってしまうかもしれません。例え彼氏がいつかは結婚したいと考えていたとしてもです。周囲のタイミングと彼氏のタイミングは違うことを理解しておけばわかることなのですが、結婚した人を引き合いに出して比べてみたり、決断できないことを責めてしまっては関係性が良くなるどころか悪くなる一方でしょう。

まず大切なのは、結婚はどちらか片一方が望むだけでは成立しないということを頭に入れておいてください。交際期間が長いからいつかは結婚したいと考えていたカップルでも、お互いにそのタイミングが合致していなければ結婚することはできないのです。彼氏は仕事が調子に乗ってきたところで、今は結婚したいと望んでいないかもしれませんし、何か目標となるものを達成してからでないと結婚したくないと考えているかもしれません。どう考えているのかを聞くくらいは問題ありませんが、相手の答えに一喜一憂してしまうことも多いため、あまり話題にしない方がいいかもしれません。

さらに、結婚は当人同士だけの問題ではありません。親や親族も関係してくるため、結婚したいからといってスムーズに事が運ぶかどうかもわからないのです。親族が喪中であれば結婚するタイミングとしては不適切と考える人も多いでしょうし、実際に結婚式を延期することもよくある話です。お互いのタイミングが合致しなければ結婚そのものを叶えることは難しいと言えます。

だからと言って、何もアピールしてはいけないということではありません。少なからず自分はあなたと結婚したいと思っているくらいのアピールはしておきましょう。ただ「いつ」するのかを問いただすようなことはやめておくことをおすすめします。女性が考える理想的なプロポーズがあるように、男性にも理想的なプロポーズがあります。自分のタイミングで動きたい男性にとって焦りは逆効果になってしまいますので注意が必要です。まずは今の関係を維持しつつ、そのタイミングまで気長に待つことが大切です。

彼氏との結婚を阻むものは?

彼氏と結婚したいと望んでいる彼女にとって、彼氏との結婚を阻むものとは一体どんなことでしょうか。仕事や親、金銭的なものなど様々な理由があります。今回は一つ一つ詳しく解説していきます。

仕事

男性にとって会社は人生における大半の時間を過ごす場所です。新卒で入社して、順調に仕事を覚えて頑張っている男性にとっては仕事が全てと言えるかもしれません。もちろん、就業形態によっても異なりますが、就労年数を重ねていけばそれなりの役職についたり、責任が重くなるでしょう。やりがいを見出してくる年齢が結婚適齢期ともいえる為、仕事を優先して結婚に対して消極的になってしまうことも考えられます。また場合によっては、転職を考えていたり、転勤などの事情によって結婚自体が考えられないことも多いようです。

金銭

結婚となるとお金がかかってくることは安易に想像できます。彼女と結婚となれば、自分が養っていく覚悟がなければいけません。しかし、家族を持てる程お給料をもらっていない場合も多いようです。実際にサラリーマンの平均年収は400万円程度と言われていますが、年齢によってはこれよりも低い年収になります。自分の年収で彼女といずれ生まれてくる子どもを養っていくことができるか不安になり、結婚に対して消極的になってしまいます。また、貯金が少ないなど先立つものがない不安も強いのが原因です。

ひと昔前とは異なり、そこまで親の影響力というものはなくなりましたが、結婚となると親が介入してくることも多いでしょう。特に長男の場合、親との同居や跡取り問題なども未だにあるようです。都会ではそこまでではありませんが、田舎では「長男だから」という理由で様々なしきたりの中で生きていかなければならない男性もいるのです。親が介入してくることによって、彼女が結婚相手にふさわしいのかどうか査定されることもあるでしょう。結婚自体は当人同士の問題だと思っている人が多いのですが、親を無視して進めて良いものでもありません。

自由がなくなること

多くの男性が「結婚=不自由」であると認識しています。お金のこともそうですが、独身の時とは違い、時間など自由にならず、自分の好きなタイミングで何かをするというのが難しくなってしまう印象があるのです。実際に結婚生活は自分の思い通りに生活ができるものではない為、自由とは言えません。何かに縛られたくないという男性も多いのです。夢中になっている趣味がある人や友人といる時間を大切にしている人などは、その時間を削ることに対して抵抗があるでしょう。結婚するメリットが見出せない以上、簡単には動きません。

彼氏が結婚したいのにできないのか、それとも全く考えていないのかによって異なりますが、上記に挙げたようなことで踏ん切りがつかないというケースも多いようです。彼女のことが好きなのは間違いないのですが、優先順位が違うことで結婚に対して消極的になってしまうようです。

上手な「結婚したいアピール」法

友人や知人の結婚式に参加すると、一気に「結婚したい」という気持ちが盛り上がります。特に適齢期を迎えた女性にとっては、少しでも早くしたいといった気持ちにさせられるでしょう。しかし、交際しているパートナーにはその様子が一切ないという時、どのような方法でアピールするのが好ましいのでしょうか。上手な「結婚したい」アピール方法について紹介します。

まず一番大切なのは、結婚したいという雰囲気を強く出さないことです。あくまでも結婚したいと彼氏に思ってもらえる女性になることを目指しましょう。簡単に言うと自分磨きをすれば、結果は付いてくるということです。5つのポイントについて詳しくお話していきましょう。

ポイント(1) 掃除や料理を頑張ってみる

結婚するということは生活を共にするということですから、家事の能力はかなり重要です。特に家事に不慣れな男性にとって、掃除ができることや料理が得意なことはアピールポイントとしてもかなり強いと言えます。仕事と家事を両立させるのは難しいかもしれませんが、部屋はいつもキレイにしておくことを意識しましょう。また、余裕があれば花嫁修業として料理教室に通うのもおすすめです。

ポイント(2) 周囲の人とのコミュニケーションを円滑に

交際している彼氏に対してはしっかりコミュニケーションがとれているでしょう。では、彼氏の周囲の人たちとはどうでしょうか。飲み会などに参加した時、彼氏のお飾りとして座っているだけなんて人も多いかもしれません。彼氏と結婚したらこの先にも顔を合わせる機会があるかもしれませんので、コミュニケーションをしっかりとれるように努力していきましょう。コミュニケーションに自信がないという人はセミナーに参加してみるのもおすすめです。

ポイント(3) 周囲を味方にする

彼氏のご両親などと会う機会がある場合、積極的にコミュニケーションをとりましょう。周囲の人間を味方にすることで、彼氏に結婚を促してもらうことができます。ただし、あまりにも彼氏の生活に入り込んでしまうと逆効果になってしまうので程々にしましょう。

ポイント(4) 子どもの話をしてみる

ニュースやドラマなど子どもが出てくる話題を振ってみましょう。子どもに対してどのように考えているのか聞けるチャンスでもありますので、一度は話してみてください。女性にとって、妊娠・出産と年齢は重要な問題です。高齢出産も珍しくない時代になっているとは言え、リスクがないわけではありません。直接的な話題は避け、「何人子どもがほしい?」くらいのニュアンスに留めておきましょう。

ポイント(5) 結婚のメリットについて伝える

結婚している友人などの話題から、結婚するとこんなに良いメリットがあることをプレゼンテーションしましょう。結婚するとどんなメリットがあるのか具体的に用意しておくことで、結婚に対する印象を良くすることができます。例えば、「帰ってきたら食事ができている」「部屋がきれい」「愚痴を言う相手がいる」など男性にとってのメリットを伝えることが大切です。

やってはいけない「結婚したいアピール」法

早く結婚したいと望むことで焦ったアピール法を使ってしまう女性がいます。これは男性にとってプレッシャーになるだけではなく、最悪の場合は別れを招いてしまいますので注意しなくてはいけません。結婚したいのであれば、絶対にやってはいけないアピール法をしっかりと理解してください。

まず、やってはいけないアピール法は大きく分けて3つあります。焦ってしまうと、やってしまいがちな方法ですので注意しましょう。

(1) その気があるのか問い詰める

彼氏に対して、自分とは結婚する気があるのか直接的に聞いてしまう人がいます。結婚する意思があるのかどうかだけでも知りたいという気持ちなのでしょうが、男性にとってはそれを聞かれることでプレッシャーを感じてしまいます。「いずれ」したいと考えていても、それが「いつ」なのかは考えていないことが多い為、彼女に詰め寄られてしまうと困ってしまうのです。また、彼女からしても「いずれ」などというものは答えになっていません。彼女がほしい答えは「いつ」するのかなのです。このように問い詰める行為は男性にとっても不快な行為です。したいと思っていても口に出すことが逆効果になってしまうこともありますので注意しましょう。

(2)  結婚しないなら別れると脅す

結婚する気がないのであれば別れも考えていると彼氏を脅してしまうケースも珍しくありません。近しい人間が結婚すると女性はかなりの焦燥感に苛まれます。その為、一刻も早く同じ土俵に上がらなければいけないと焦ってしまうのです。そこで付き合っている彼氏がいた場合、その矛先は彼氏に向かいます。「する気がないなら別れる」と別れをちらつかせ、無理やり結婚を引き寄せようとしてしまうのです。実際にその流れで結婚した人もいるでしょうが、逆にこれが原因で別れてしまった人もいるようですので、一歩間違えれば恋人までいなくなってしまうアピール法と言えるでしょう。

(3) 結婚の話題ばかりを出す

急に結婚情報誌を買ってきたり、事あるごとに結婚について話題に出すのは彼氏にとって直接聞かれるよりもプレッシャーです。直接話すだけではなく、遠回しに伝えてくる為、拒否することもできず、彼氏の苛立ちは相当なものになるでしょう。女性にとって身近な話題であったとしても、一緒にいる間、ずっとその話題ばかりになると会うことすら疲れてしまいます。匂わせる程度であれば可愛いものですが、あからさまなアピールは逆効果になりますので注意してください。

男性にとって結婚は責任がのしかかってくるものです。その分、決断に迷いも生じやすい上に覚悟が必要となります。彼氏に考える時間も与えず、自分の気持ちだけをアピールしてくる彼女が側にいれば、せっかくの癒しの時間も苦痛な時間になってしまいます。アピールしたい気持ちはわかりますが、やり過ぎてしまっては意味がありません。自分の気持ちを押し付けるのではなく、相手の気持ちも考えることが大切です。

結婚の決め手になりがちな出来事・言葉は?

結婚の決め手になる出来事は人それぞれですが、そこに至るまでのきっかけというのも存在しています。赤ちゃんを授かることによって決断したケースもありますが、それ以外にも決断するきっかけというものはあるようです。そこで、どのようなきっかけで結婚したのか、決め手について考えてみましょう。

看病をしてくれたことがきっかけ

一人暮らしをしていた彼氏が体調を崩し、その看病に彼女が訪れるというのはよくある話ですが、実はこれがかなり大きなきっかけになると言われています。体調不良の時は精神的にも弱ってしまうので、優しくされることでより彼女に対しての愛情が強くなるようです。さらに、看病という非日常的な出来事によってお互いの大切さを感じることもあるでしょう。看病をしてもらったことで、彼女と結婚を決断したケースはかなり多いようです。

仕事で落ち込んでいた時に励ましてくれたことがきっかけ

仕事でミスをしてしまい、落ち込んでいるところを彼女が励ましてくれたことがきっかけで、結婚を決意した人も多いようです。自分の弱さや情けない部分を見せることができる相手であると認識すると、男性は一気に結婚したいと思うようになるのでしょう。励まし方も優しく話を聞いてくれたことが良かった場合もあるでしょうし、一緒に怒ってくれたり共感することで励まされることもあるでしょう。また、叱咤激励という形で励ましてくれる彼女もいるかもしれません。どの励まし方が効果的かは断言できませんが、彼氏が望んでいるような励まし方をすることで結婚が近付いてくるかもしれません。

転勤が決まったことがきっかけ

仕事の転勤が決まり、今の場所から遠く離れることになったことをきっかけに結婚するケースも多いようです。遠距離恋愛ができるという場合は別ですが、交際期間が長いなど、そろそろと思っているカップルにとってはこの転勤は大きな決め手になるようです。「転勤先に付いてきてほしい」という言葉と共に結婚を決意。転勤がある職種の彼氏がいる場合は、これが一番の決め手になるかもしれません。

記念日がきっかけ

長く交際している人にとっては節目も結婚の決め手となるようです。交際して10年目の記念日にプロポーズをするなんてロマンティックな展開もあるかもしれません。男性は女性よりもロマンチストな人が多いので、節目となる記念日をきっかけに結婚を決意することも珍しくありません。

結婚を決意するに至ったきっかけには個人差がありますが、二人にとって大きな出来事が決め手になることもあれば、日常の中で起きるちょっとしたことが決め手になることもあるようです。男性にとって結婚を決断するのは相当な覚悟がいることです。しかし、実際には些細なことがきっかけだったりするのかもしれません。赤ちゃんを授かった場合ももちろんですが、二人にとってのきっかけがあるのでしょう。どのタイミングなのか今から楽しみにしておきましょう。

時間をかけて計画的にアピールしましょう

結婚は一生涯を共に歩くことを覚悟するものです。お遊び感覚でできるものではありません。特に男性にとっては彼女の人生を背負っていく覚悟をしなくてはいけないのです。「決断できないだらしない男」なんて思っている女性がいたら、それは大間違いです。むしろ決断することに対して真面目に考えている証拠なのです。しかし、彼女としては少しでも早く一緒になりたい、結婚したいと望むのもおかしいことではありません。彼氏が決断するその日まで、時間をかけてアピールしていきましょう。

時間をかけてアピールすると言っても、何か特別なことをしなければいけないわけではありません。むしろ一度結婚という概念を捨てて、一緒にいて癒される関係を目指していきましょう。一緒にいることで楽しかったり、嬉しかったり、心が軽くなる、そんな関係を目指すことで、彼氏があなたともっと一緒にいたいと望むように仕向けていくのです。居心地の良い関係になれば、第一段階はクリアと言えるでしょう。

また、彼氏が自分と真面目に交際しているのかどうかだけは早い段階で見極めておくことも必要です。女性側は結婚を視野に入れていても、相手は遊び感覚で交際している場合もありますので、その点だけは早い段階で見極めておきましょう。もし、真面目に交際していないことがわかった時には別れも選択肢の一つです。真剣に交際していることに確証が持てたのであれば、計画的に時間をかけてアピールしていきましょう。

もしこれから一人暮らしをしようと考えている場合には、生活とはこのようなものだと彼氏にも知ってもらう為、泊まりに来てもらったり、一緒に食事を作ったりして家庭をイメージしてもらえるように動きましょう。また同棲が可能であれば同棲してみることもおすすめします。同棲には賛否両論ありますが、擬似的に結婚生活を体験できるので結婚のイメージがしやすいようです。ただ、この同棲が原因で別れてしまうカップルもいますので絶対に良いとは言えませんが、お互いの距離が近付くことで自然な形で結婚を意識することにつながるかもしれません。

時間をかけてアピールしていくとは言え、何年もアピールし続けるのは大変です。自分の中に期限を設けておくと良いでしょう。もし一年間アピールしてもプロポーズされなかった場合、こちらからプロポーズしてみてはいかがでしょうか。男性からプロポーズされることを望んでいる女性にとっては納得できない部分かもしれませんが、女性からプロポーズすることによって彼氏に結婚を意識させることができるかもしれません。これはあくまでも奥の手ですので、期限内に結果が出なかった時に最終手段として考えておきましょう。まずはお互いの気持ちが離れないように真剣な交際を継続しつつ、時には結婚を意識するような行動や言動を取り入れていくことで、徐々に結婚に対するイメージを彼氏に伝えていきましょう。

まとめ

交際している彼氏が結婚に対して意欲的ではないと悩んでいる女性はとても多いようです。男性と女性とではこの点に関してかなりの温度差があることがわかりました。男性にとっては責任がのしかかってくる問題ですので、安易な気持ちでは行動することができません。そこでポイントを押さえたアピールが効果を発揮してくれます。

焦ってアピールするのは逆効果になってしまうことが多いので、まずはじっくり時間をかけてアピールすることがポイントです。自分だけのタイミングではなく、彼氏のタイミングもしっかり考えてあげてください。会う度に結婚を迫るような状態では交際自体もうまくいかなくなってしまいます。まずは今ある状態を維持していくことが大切です。お互いに居心地の良い関係でいられたり、癒しを与える関係でいることができれば、自然とその話も出てくるようになるでしょう。焦ってしまうことが悪い結果を連れてきてしまいますので、焦らず待つ姿勢がとても大切です。