しつこいと思われたくない!片思い中の最適な連絡頻度

しつこいと思われたくない!片思い中の最適な連絡頻度

好きな人がいるけれど、残念ながら今のところ片思い…というケースはよくあるものです。メールや電話でちょっとずつ自分の思いを伝えていけばそのうち振り向いてくれるかもしれない、でもどのくらいの頻度で連絡を取ったらいいかは難しい問題です。あまり頻繁だとしつこく思われるし、といって連絡が少な過ぎて忘れられるのも嫌だし、その辺の兼ね合いがなかなか微妙なところです。ここではどのくらいの頻度なら相手の心をこちらに向かせられるのかについて考えてみました。

最初のうちは控えめに

当たり前のことですが、片思いなのにあまりしつこく連絡をすると相手が引いてしまいますので気を付けましょう。最初の頃は週に一度くらいの頻度でメッセージを送るのが適切です。電話をするという手もありますが、相手が忙しい時に電話をしても迷惑がられますので、やはりLINEがおすすめです。LINEなら向こうが都合のいい時に見ることができますし、返事をする義務もないので精神的にプレッシャーをかけることもありません。

片思いの場合には、メッセージの内容は特に差し障りのない一般的な話題にとどめておくのがおすすめです。「○○に行ったら虹がきれいだったので写真を送ります」的な内容だと、彼女の方も構えずに素直にメッセージを読んでくれるはずです。最初のうちは返事が戻ってこなくても諦めずに週一のペースでメッセージを送り続けましょう。そのうち、彼女から時々返事が来るようになったら脈有りです。メッセージの頻度を週に2回程度に増やしてもかまいません。

メッセージを送る時間帯にも気をつける

メッセージを送るときに気をつけたいのは時間帯です。彼女がOLであれば、午前中の忙しい時間帯にメッセージを送ってもまともに読んでくれない可能性があります。夜遅くも避けたほうが無難なので、午後から夜21時頃がメッセージを送るのに適した時間ということになります。日曜大工や祝日は家族とくつろいだり出かけたりしている可能性も多いので、できるだけ平日にメッセージする方が無難です。

女性というものは「自分のことを思っていてくれる」と実感することが嬉しいので、1週間ごとにメッセージを送っていたのが急に理由もなく2週間ご無沙汰したり、その後も頻度が2週間おき程度になったりすると「もう自分のことが好きではないのだな」とあきらめ、心が離れていってしまうものです。ですから、気まぐれにメッセージを送ったり送らなかったりというのはあまりおすすめできません。真剣にその女性と付き合いたいのであれば、コンスタントにメッセージを送って相手の心をつかむべきです。

忍耐力が勝利の秘訣

LINE全盛の時代ですが、中にはLINEのやり取りがあまり好きではない女性もいます。そういう彼女には短いメッセージを送るのがコツ。あまり長い文章を綴っても、相手が飽きてしまう可能性があります。「青山にいいレストランがOPENしたから、今度一緒に行きませんか?」程度ならメッセージをもらった方も悪い気はしません。返事もろくに来ないのに自分の思いを長々と書き連ねたり、悩みをだらだらと書いていたのでは早々に嫌われてしまいます。

また、返事が来ないからといって「どうして返事をくれないの?」的なメッセージを送るのもやめておくべきです。慎重な女性の場合、あなたに好意を持っていたとしてもどんな人かわかるまでは返事をしないということも有り得るからです。一度好きになった彼女なら、初デートするまでに数カ月かかっても平気ぐらいの心構えで、最初の頃は返事がなくても気長に焦らずアタックしましょう。

まとめ

誰もがスマホを持っている時代。メッセージを送るのは簡単な操作ですが、それが送る相手にとっては思いのほか重要な意味を持っていることも。言葉は自分の心を伝える大切な手段ですが、使い方を間違えると相手に気まずい思いをさせることもあるので、マナーをよく守りたいものですね。