「片思い中の彼に会いたい」そんなとき、どんな連絡をしたらいい?

「片思い中の彼に会いたい」そんなとき、どんな連絡をしたらいい?

好きになったら、まめに連絡したくなりますよね。特に片思い中は、だれかに先を越されたらどうしようと焦ってしまいがちです。ですが、いきなり好きアピールをしてしまうと裏目に出てしまう可能性があります。あなたの恋心を上手に隠して、友達を誘うように自然に連絡をすることがポイントです。彼が「会いたい」と思うような連絡方法をピックアップしていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

1.内容はシンプルに

片思い中の彼に「会いたい」と思ってもらうために、長文を送っていませんか?女友達と同じように送っていると、「読むのが面倒」「長いから返信は後で」と思われてしまうかも。そのため、一度の連絡は3行くらいがベストです。

短いのがいいからといっても、意味が通らない文章にならないようにしましょう。簡潔に、かつストレートな表現がおすすめです。また、LINEやメールだけで話題が完結しないように、「会ったときにまた話したい」となるような下地作りに専念しましょう。

2.明るい話題を多めに

友達感覚で連絡をしていると、ついつい普段の愚痴も書いてしまいがちです。しかし、愚痴が多めの連絡は受け取る方が疲れてしまいますよね。そこで、なるべく明るい話題を増やして、「こんなに楽しい人ならまた会いたいな」と思わせることが大切です。

LINEの場合はスタンプを使うなど、文章だけの連絡になってしまわないようにすることもポイントです。「この子はいつも楽しそうで、元気をもらえる」「癒される」と思ってもらえるような内容にしましょう。

3.自撮りを送るときは自然体で

片思い中の彼に、自分のことを「かわいい!」と思ってもらいたいと考えるのは自然なことです。それでも、計算された角度の「きめ顔」が逆効果になる可能性があることをご存知でしょうか?女友達ウケする自撮りと、男性ウケする自撮りは違うのです。

ポイントは、自分だけではなく「グループで自然な笑顔の写真」です。みんなで楽しそうにしている写真なら、あなたがとても明るくて楽しい人物であるというイメージにつながります。加工アプリを使って顔の補正をしたくなりますが、我慢しましょう。

4.お互いに興味があるものを探す

片思い中の彼が、自分の趣味の話を始めたらチャンスです!男性は自分の好きなものを共有したいという気持ちがあるので、理解してくれる女性に好感を持ちやすいのです。そのため、少しでも気になる話題が出たらすかさず「面白そうだね!」「教えてほしい」「一緒にやりたい」といった連絡をしましょう。

彼も「一緒にやりたい」という気持ちになるので、会える可能性が広がります。ただ、本当に興味がないことは話を聞くだけにして、彼の趣味を理解する姿勢を見せるのがおすすめです。

5.会うための話題作り

いつも連絡するばかりで、なかなか会えない。そんなときは、「美味しそうなお店を見つけたよ」「こういうイベントがあるみたい」など、具体的な内容で誘ってみましょう。

片思い中の彼が好きな料理やイベントなら、会える確率も上がりますよね。また、いつもシンプルな連絡だったからこそ、「LINEじゃ長くなるから今度会ったときに話すね」という切り口でも誘いやすいです。普段の連絡の中で、彼が興味を引く話題がどんなものか分かってくるからこそ使えるテクニックです。

6.たまには弱い部分を見せる

いつも明るくて楽しいあなたが、友達とケンカしたり、バイトや仕事で失敗したりして落ち込んでいる。いつもと違う元気がない様子を見ると、男性としては放っておけない気持ちになります。電話をかけてきて、会いたいといってくるかも。会えなかったとしても落ち込まず、「ありがとう、元気が出た」「今度またご飯行こうね」などお礼と共にお誘いを入れてみましょう。

ただ、本当は何もなかったのに話題作りで嘘をつくのは避けましょう。また、片思い中の彼が同じように相談してきたら、「会って話そうよ」と提案してくださいね。

7.会うのを一度断ってみる

断るということは、片思い中だからこそつらい選択ですよね。例えば風邪を引いているとき、片思い中の彼に連絡をします。「じゃあ、お見舞いに行くよ!」といってくれたら、とても嬉しいことですよね。ここで「風邪をうつしちゃうからダメだよ」と断ります。すると、「けなげでかわいい」「守ってあげたい」と思ってもらえます。

風邪でなくても、お誘いを一度断るというのはテクニックのひとつなのです。どちらの場合も、「本当は会いたかった」「また誘ってほしい」と伝えることを忘れずに。

溢れる恋心を抑えて相手の心をくすぐる

片思い中の彼に、「この子はひょっとしたら自分のことを好きかも知れない」とほのかに思わせる距離感がポイントです。いつも明るくて、連絡は短く返事をしやすい長さに。そういった気配りから、いつしか彼もあなたのことをとても心地いい存在だと思えるようになるはずです。

彼の好きなことを知って、そこから距離を縮めていきましょう。いつも楽しいだけではなく、たまには弱いところを見せることで「守ってあげたい女の子」という心の変化が期待できます。