彼女ができない?!そんなあなたに彼女を作る方法を伝授!

彼女ができない?!そんなあなたに彼女を作る方法を伝授!

世の中のほぼ半分は女性であるはずなのに、なぜか彼女ができないと悩んでいる男性も多いでしょう。

事実、2016年の9月に行われた第15回出生動向基本調査という研究報告によると、彼女がいない独身男性の割合は何と70%に達していました。

もちろん年齢層に応じて差はあるでしょうが、ただでさえ少子高齢化が社会問題となっている現代では、この数字は恐ろしさすら感じさせます。

ただ、世の中には全くモテないと嘆いている男性もいれば、常に途切れることなく彼女がいる男性というのも存在しています。

モテる男とモテない男の違いは何なのか気になる人も多いでしょうが、モテる男性の実践している恋愛テクニックを真似すれば、モテない男性にも十分にチャンスはあります。

恋愛にはある程度正しい方法というものがあり、それを実践できる人ほど彼女ができやすいと言えます。

一体どうすればモテて彼女ができるようになるのか、出会いから告白まで様々なポイントに着目して方法を探っていきましょう。

そもそも恋愛をする気があるか?

なかなか彼女ができないと悩んでいる男性は自分がモテないと思い込んでいるものですが、実はそもそも恋愛する気がないケースが非常に多いです。

モテないのではなく、モテる努力を全くしていなかったり、自分から周囲の女性に恋愛的な興味を持ってアクションを起こしていない受け身の状態になっていると言えます。

これでは彼女などできるはずもありません。無意識に恋愛する気をなくしている男性の特徴を挙げるので、自分が当てはまっていないかチェックしてみてください。

毎日の生活パターンが固定されている

朝起きて会社に行って、夜遅く退社して真っすぐ家に帰るという生活を送っている男性も多いですが、これでは行動範囲も出会える女性の数も限定されてしまいます。

もちろん仕事が忙しくて寄り道する余裕なんてないという人もいるでしょうが、フットワークが重くなると恋愛に対しても積極的になれず、彼女など夢のまた夢になってしまいます。

週に1日だけでも良いので、仕事を少しだけ早く切り上げてバーに寄ってみたり、いつもとは違うルートで帰宅する、合コンに参加するなどしてみましょう。

休日も家でゴロゴロしているのではなく、散歩でも何でも良いので外に出かけてみることが大切です。

料理やジョギングなど、大人のサークル活動も意外と多く開催されているので、自分の興味のある分野に参加してみるのもおすすめです。

過去の恋愛がトラウマになっている

以前付き合っていた彼女から別れを切り出されてしまい、新しい恋を始める勇気がないと憶病になっている男性も多いです。

男性は女性よりも恋愛に関して繊細だと言われており、振られてしまうと大きなショックを抱えてトラウマになってしまいます。

いつまでも元カノのことを考えたり落ち込み続けたりしていると、いつの間にか新しい恋愛へ向かう気持ちを失ってしまうものです。

完全に忘れることができなくても過去は過去、今更失った時間を取り戻すことはできません。

それよりも未来に向けて動き始めるべきですので、自分が元カノを引きずっていないか、改めて振り返ってみましょう。

彼女に求める理想が高すぎる

なかなか彼女ができない人というのは、好きな人そのものができない人も多いです。

そういった人は、顔は可愛くないと嫌だ、身体は痩せていて胸が大きくないと嫌だ、優しくて気遣いのできる性格じゃないと嫌だなど、とにかく彼女に求める理想が高すぎる傾向が強いです。

もちろん好みのタイプを捻じ曲げてまでモテたいとは思わない人もいるでしょうが、理想が高いということはそれだけ選択肢が狭まり、彼女ができにくくなっていることを理解しましょう。

理想通りの女性は、そう滅多に出会えるものではありません。

理想的な条件を満たした女性はモテるので、既に誰かの彼女になっているはずです。

モテない期間が長いほど理想は高くなりがちですが、あまりに高い理想は恋愛をする気がないことを意味します。

妥協と言うと女性に失礼ですが、ある程度は広い視野で女性を見ることが大切です。

モテない原因:外見編

モテない男性には、女性から見れば明らかな原因があります。

本人はなぜモテないのか気付いていないですが、知らず知らずのうちに女性から嫌われることをしています。

特に注意が必要なのが外見上の問題で、ここで失敗してしまうと女性の第一印象が最悪になり、すぐに恋愛対象外にされてしまうでしょう。

外見上で注意しておくべきポイントを挙げるので、覚えておいてください。

ヘアスタイルや服装が微妙

顔さえ良ければ何もしなくてもモテると考えている男性もいますが、これは大きな誤解です。

女性が男性に対して抱く第一印象は、顔だけに左右されるものではありません。

どんなに顔が良くても、髪の毛がぼさぼさだったり脂でべた付いていたり、しわだらけで臭い服を着ていたりすれば絶対にモテないでしょう。

特に女性は、相手の清潔感に対して敏感に反応します。

清潔感が感じられれば好印象となり、そうでなければいくらイケメンでも悪い印象を持ってしまいます。

このため、髭やヘアスタイルや服装など外見上の全てにおいて清潔感を持たせておくことが重要です。

髭は丁寧に剃り、髪の毛は定期的に美容院に通って整え、オシャレなファッションでなくても良いのでアイロンをかけたシャツを着るといったことを心がけましょう。

また、年齢に合った服装をすることも重要です。

若い女性にモテたいからと言って、30歳を超えているのにストリート系やB系のファッションをしていたり、原色系の服を選んでもモテません。

逆に、20代の若者なのにシンプルで無難な服装をしていてもダサく見えてしまいます。

年齢には相応の服装というものがあるので、男性用のファッション雑誌などを買って勉強してみましょう。

太りすぎは厳禁

一般的に、日本では痩せていてスタイルの良い男性ほどモテます。

顔やお腹にたっぷりとお肉が付いているような男性の場合、なかなか恋愛対象として見てもらえません。

一緒に過ごすうちに性格の良さを知ってもらえれば彼女になってくれることもありますが、そこまで親交を深められないうちに連絡が途切れてしまうケースがほとんどでしょう。

太っていると服をオシャレに着こなすこともできませんし、外で一緒にデートするのも恥ずかしいと思われてしまいます。

自己管理ができていないだらしない人間だと見られてしまうこともあり、まずモテるのは不可能です。

本気で彼女を作りたいなら、女性に恋愛対象として見てもらうためにもまずはダイエットが先決です。

顔のお手入れを全くしない

顔がニキビだらけだったり乾燥して粉を吹いていたり、眉毛も鼻毛も髭も伸び放題といった状態は論外です。

例え毎日しっかりお風呂に入って衛生面では問題なかったとしても、女性には不衛生極まりない男性だと思われてしまいます。

男性は気にしないようなことでも、女性は気にしてしまうものです。

身だしなみにはかなり気を配るのが当然であり、男性にも無意識にそれを求めるので、顔のお手入れは入念に行っておく必要があります。

モテない原因:内面編

いくら外見を綺麗に整えて女性に良い印象を持ってもらったとしても、内面が残念な人ではお付き合いに発展することはありません。

イケメンなのにモテないという男性は内面的に問題を抱えている可能性が非常に高いので、それを解決すればすぐに彼女を作れるでしょう。

イケメンとは言えない男性でも、女性に嫌われる内面の問題を事前に知って注意しておけば好印象を持ってもらうことができます。

自分では気づきにくい原因なので、どんな性格が嫌われやすいのかしっかり覚えておきましょう。

自分大好きな男性

男性は周囲に対して自分の実績や能力をアピールしたがるものですが、度が過ぎるとナルシストのように見えてしまい、女性からは一気に嫌われてしまいます。

日本は遠い昔から周囲との和を何よりも重んじる風潮が強く、自己顕示欲が強い人はあまり好印象を持たれない傾向にあります。

自分に自信を持っていて、それを女性にも知ってもらいたいと思ってしまうのも無理はないのですが、あまりに自分を強調しすぎると多くの女性は引いてしまうでしょう。

女性はもともと自分の話を聞いて共感してもらいたい欲求が強いという特徴があるので、自分の話ばかりする自分大好き男は絶対にモテません。

いくら自分に自信があっても、モテたいならその気持ちをグッと堪え、まずは女性の話を聞いてあげることが大切です。

会話が続かない

気になる女性が見つかっても、うまく会話ができなければ親交を深めることはできません。

お互いのことも良く分かりませんし、一緒にいても全く楽しくないと感じられてしまうでしょう。

男性と比べると女性はお喋りをするのが大好きな人が多く、会話をたくさん重ねることで仲を深めていきます。

大して面白くない会話だとしても続けることに意義があり、それができない男性はまた会いたいと思ってもらえません。

とは言っても、男性が自分の話ばかり続けても女性は全く面白くなく、会話が盛り上がることもないでしょう。

大切なのは男性が自分の話で会話を繋ぐのではなく、女性が返事をしやすい質問や話題をポンポンと続けて提供することです。

慣れるまでは難しいものなので、友達などに協力してもらって練習してみると良いでしょう。

ネガティブ思考が強い

毎日会社の上司や生活の愚痴、不満ばかりを口にしている男性も多いですが、ネガティブなことばかり言う男性と一緒にいたいと思う女性はいません。

自分まで暗くなってしまいますし、何より一緒にいても全く楽しくなく、むしろ早く離れたいと思われてしまうでしょう。

それよりも、何かあっても明るく笑い飛ばして、常に楽しいことばかり言ってくれる男性の方がモテるに決まっています。

お金の価値観がおかしい

ギャンブルで散財したり異常にケチだったり、趣味に湯水のようにお金をつぎ込むなど、お金に対する価値観が一般とはずれている男性もモテることはありません。

女性は付き合うと少なからず結婚など将来のことを考えるので、お金の使い方がおかしい男性は一家の主に相応しくないとして敬遠されてしまいます。

まずは出会いを作ることから

周囲に女性が溢れていた学生時代とは違い、社会人になると生活パターンが限定されて出会いのきっかけがなかなか掴めないこともあります。

そのままでは彼女などできるはずもないので、自分から積極的に出会いを求めて行動することが大切です。

出会いがないと思い込んでいるだけで、いざ周囲を見渡してみると意外に出会いのチャンスは転がっているので、自分ができそうなものから挑戦してみましょう。

バーや居酒屋の常連になる

仕事帰りに、少しだけでもお酒を飲んだり食事をするお店を見つけましょう。

常連になればお店のスタッフとも仲良くなれますし、同じように常連で来ている女性と仲良くなれることもあります。

ここで重要なのは、規模の大きいお店ではなく、こぢんまりとした狭いスペースのバーや居酒屋を選ぶということです。

広いお店だとなかなかスタッフや常連さんと仲良くなるのは難しいですが、一人一人の距離が近いアットホームなお店であればその可能性も高まります。

仲良くなればお店のスタッフがキューピッドになって女性を紹介してくれることもあるので、お気に入りのお店を見つけて足繁く通ってみましょう。

会社の女性を振り返ってみる

女性との出会いの場は、何も外にばかりあるわけではありません。

これまで気付かなかっただけで、恋愛しようと積極的に振り返ってみると職場にもステキな女性がいる可能性が高いです。

他の部署やフロアなど、普段はあまり顔を合わせない場所に好みの女性社員がいることもあるので、意識して探してみましょう。

社内恋愛となると仕事の上でも面倒なことが多いのも事実ですが、毎日会えますし休みのタイミングも同じというメリットがあります。

友達に紹介してもらう

ステキな女性に出会える可能性が高いのは、友達に紹介してもらうという方法です。

自分の好みなどを知り尽くしている友達なら、ぴったりの女性を紹介してくれるでしょう。

性格などに問題のある女性を紹介することもないので、良い人に出会える可能性も高いです。

ただ、友達からの紹介だと、お付き合いにまで至らなかったりトラブルになってしまった時に友達関係にヒビが入ってしまうというリスクもあります。

それでも本気で彼女が欲しいなら尻込みしている場合ではないので、女性の知り合いが多そうな友達にお願いしてみましょう。

いつもとは違う場所に行ってみる

普段良い出会いがないなら、行動範囲を変えて普段は行かないようなお店や施設に行ってみるのも良いでしょう。

コンビニやレストランの店員、スポーツジムのインストラクター、公園で犬を散歩させている女性など、色々な場所で普段なら出会わない女性と出会うことができます。

その中から好みのタイプが見つかることもあるので、できるだけ多くの場所に出かけてみるようにしましょう。

もし気になる女性と出会うことができたら、できるだけそこに通って面識を作れば話すチャンスも生まれるので、積極的に行動してみてください。

距離を縮めるテクニック

いくら気になる女性が見つかったと言っても、いきなり告白しては女性に怖がられてしまうでしょう。

告白を成功させるためには、まず女性との距離を縮め、女性に良い印象を持ってもらう必要があります。

距離が近づいてもう十分、となった段階で告白すれば、晴れて彼女になってくれる可能性も高まります。

距離を縮めるためにはどんなテクニックを駆使すれば良いのか、事前に知っておきましょう。

まずは頻繁に会って印象を良くする

営業などビジネスの世界でも利用されるテクニックに、熟知性の法則と呼ばれるものがあります。

アメリカの心理学者が提唱した説で、人間は目にする頻度が多いほど、その対象に対して好感を抱きやすくなるという法則です。

コマーシャルなどで何度も目にする商品やタレントに良いイメージを抱きやすいのは、この法則のように心理的な効果があるためです。

これは恋愛に関しても同じで、毎日顔を合わせていたり会話を交わすだけで自然と距離が縮まっていくことが期待できます。

気になる女性とできるだけ毎日顔を合わせ、挨拶などをして自分を印象付けていきましょう。

挨拶や会話の時、笑顔や爽やかな表情を見せることも大切です。

接点のない女性だったとしても、毎日顔を合わせて挨拶していれば、そのうち会話もできるようになるでしょう。

会話が自然にできるようになれば連絡先を聞き、デートに誘って親交を深め、最後に告白という流れを目指します。

頼りになる一面を見せる

女性は無意識に、頼りになる男性に対して好意を抱きやすい傾向があります。

悩みがあるときに本気で話を聞いて心配してくれたり、適切なアドバイスをしてくれる、何かトラブルがあったらサッと解決してくれるなど、いざという時に大きな役割を果たすと一気に好きになってしまいます。

頼りがいは男らしさの象徴とも言え、器の大きい大人の男性という印象を持ってもらえます。

こういった内面的な部分に加え、スポーツジムに通って身体を鍛えていたり格闘技を習っているなど、肉体的にも頼れる一面を見せると大きなプラス評価に繋がります。

なよなよとした情けない男性より頼れる男性の方が当然モテるので、気になる女性との距離を縮めるのにも大いに役立ちます。

聞き役に徹する

話をするのが大好きだったとしても、気になる女性と話す時は聞き役に徹しましょう。

女性は話をするのが好きな人が多く、自分の話に共感してもらうことで大きな満足感を感じます。

女性の話をしっかり聞いて相槌を打ち、絶妙なタイミングで返事を返すことができれば一気に距離が縮まります。

ここで注意したいのが、女性の話に反論したり押し付けがましいアドバイスは絶対にしないということです。

女性はただ話を聞いてほしいだけで、アドバイスなど求めていないことが多いです。

男性に持論を展開されたりするとすっかり冷めてしまう女性も多いので、あくまでも聞き役でいることを心がけ、女性が会話を楽しめることを最優先とすることが大切です。

晴れてカップルに!

気になる女性に告白し、晴れてカップルになれたとしても油断してはいけません。

毎日幸せに過ごしていても、いつの間にか彼女の機嫌を損ねることばかりしてしまって、すぐに別れを切り出されてしまうことだってあります。

ようやく手に入れた彼女なのですから、できるだけ大切にして長続きさせたいと考えるのが当然です。

彼女と幸せに付き合っていくためには、いくつか注意しておきたいポイントがあるので覚えておきましょう。

彼女と仲良く付き合うには

彼女と付き合う上で必ず注意したいのが、自分のやりたいことや考え方を必要以上に押し付けないということです。

男としてはついつい自分の能力や価値観を彼女にアピールしてしまいがちですが、上から目線で色々と押し付けられることを喜ぶ女性はいませんし、自分勝手な人だと呆れられてしまいます。

どうしても主張したいことがある場合は、押し付けるのではなく、あくまでも彼女に尋ねるような形で言うようにしましょう。

同じ内容でも、言い方ひとつで受け取る側の印象は大きく変わります。彼女の意思や気持ちも大切にするという意識を持ち、気遣いながら主張するということが大切です。

誤解を招く行動は止める

彼女ができると、それまでのように自由気ままに好きなことばかりできるわけではありません。友達と合コンに行ったり朝まで飲み明かしたり、女友達と遊ぶのも控えるべきです。

恋愛には嫉妬がつきもので、彼女が本気で自分のことを好きでいてくれるほど嫉妬深くなってしまいます。

女性は男性の行動に非常に敏感で、女のカンを駆使して怪しい行動をしていないかチェックしています。

少しでも怪しい行動をすれば彼女から浮気をしたのではと疑惑の目を向けられてしまったり、自分を大切にしてくれないと不満を持たれてしまうこともあります。

せっかくできた彼女を悲しませないためにも、誤解を招くような安易な行動はしないようにしましょう。

友達と飲むならあらかじめ誰とどこで飲むか伝えたり、飲んでいる最中に写真を送るのも良いでしょう。

そういった気遣いを面倒だ、束縛されていると感じるようなら、それは自分が彼女のことを本気で大切にしていない証拠です。

釣った魚にエサをやらないは論外

男性にはよくあることですが、付き合う前はどんなにマメで優しくしていても、彼女になった途端に全くそういった気遣いを見せなくなることがあります。

無事にカップルになれたことで安心し、ついそれまで頑張ってきたことを止めてしまうのですが、女性から見ると正に釣った魚にエサをやらないという状態です。

もちろんそんな状態が続けば、女性は騙された、こんな男とは思わなかったという不満が溜まっていき、遠からず別れを告げられてしまうでしょう。

大切なのは、付き合う前ではなくむしろカップルになってからです。

二人で長く幸せな時間を過ごすためにも、カップルになったらそれまで以上に彼女を大切にし、彼女が喜ぶことを積極的にやってあげましょう。

まとめ

彼女を作るのは難しいと思いがちですが、いざ彼女ができない原因を考えてみると意外に単純なことだったりします。

恋愛と長くご無沙汰だと、そもそも自分が恋愛する気がなくなっていることも多いので、まずは自分の気持ちを恋愛モードへ切り替えることから始めましょう。

その後、自分がなぜモテないのかを外見的、内面的なポイントから分析し、それぞれの問題点を解消します。

女性に好印象を持ってもらうには清潔感が何より大切なので、内面を見てもらう前にまず外見的な問題を解決するようにしましょう。

準備が整ったら出会いを求めてアクティブに行動し、気になる女性が見つかったら仲良くなれるよう距離を縮めていきます。

距離の縮め方はいくつもありますが、大切なのはとにかく積極的に動くということです。

彼女ができない男性は受け身で待ちの体勢に入っていることが多いので、注意しておきましょう。無事にカップルになれても、そこからが二人の新しいスタートなので安心してはいけません。

彼女からずっと好きでいてもらえるように、彼女が喜ぶことを常に実践することが大切です。