「駆け引きして相手を振り向かせたい」と思う時点で失敗している

「駆け引きして相手を振り向かせたい」と思う時点で失敗している

「駆け引き上手」とはよく聞きますが、恋愛に関しての駆け引きは加減がとても難しいものです。気になる相手を振り向かせたいから、いろんな駆け引きを試してみるけど、いつも失敗してしまう…そんな人は必見です。駆け引きのしすぎは相手の気持ちをもてあそぶことになり兼ねないので注意が必要です。

「恋愛上手」=「駆け引き上手」ではない?

仕事でも恋愛でも様々なシーンにおいて「駆け引き」という言葉はよく使われますよね。駆け引きとは、相手の反応や出方をよく観察して、作戦的にアピールして相手を振り向かせることです。できることなら、だれでも駆け引き上手になって気になる相手に好きになってもらいたいものですよね。

だけど「駆け引きをしてもいつも失敗してしまう。」「振り向かせたくて駆け引きしたのに、逆に距離ができてしまった。」そんな人も多いはずです。それはなぜでしょうか。もしかして、あなたは駆け引きのしすぎに陥っていませんか?気になる相手に自分のことを追いかけてもらいたいからといって、話しかけられてもそっけない態度をとったりしていませんか?それでは気になる人は振り向いてくれません。

相手を振り向かせたいからといって、過度の駆け引きをするのは、逆に相手の気持ちをもてあそんでしまいます。そうなると相手は「あの子は自分のことを大切に思ってくれていないな。」と感じてしまい、距離が開いてしまうのです。もちろん、多少の駆け引きが必要なシーンもありますが、あくまでもやりすぎは禁物です。相手の反応をみながら、少しずつほどよく駆け引きできるようになりたいですね。

自分がされてイヤかも…と感じる駆け引きはやめよう!

恋愛において過度な駆け引きは禁物だということが分かりましたね。では、どの程度の駆け引きなら相手が不快に感じないのでしょうか?その加減はどうやって見極めたらいいのでしょうか?そんな疑問を持っている人も多いかもしれませんが、その答えは簡単です。「自分がされてイヤかも…」と感じる駆け引きは、相手も不快に感じるものです。

恋愛においては、相手を思いやる気持ちがとても大切です。ただ自分に夢中になって欲しいからといって、本心とは違った態度をとる駆け引きばかりでは、相手との距離は開いてしまい、これからも良い結果は得られないでしょう。相手の立場にたって考え、相手を思いやってこその恋愛です。

恋愛に自信のない人は、無理に駆け引きをする必要なんてないのです。ありのままの素直な自分が一番魅力的であることに気づき、好きな人に気持ちを伝えて振り向いてもらいましょう。もちろんそのための努力は必要なので、そこは惜しまず努力しましょう。

恋愛においては駆け引きよりも大切なことがある!

過度な駆け引きは相手の心を遠ざけてしまいます。恋愛上手=駆け引き上手ではないことが分かりましたね。では好きな人を振り向かせたいときは、どうしたらいいのでしょうか?駆け引きのしすぎは相手の心が離れてしまう…でもやっぱり振り向いてほしい…。悩みはいつも尽きないものです。素直な自分をアピールしたいけど、思いどおりにアピールできない人も多いのではないでしょうか。

何事もそうですが、はじめから「上手」な人はいないものです。「失敗して当たり前」くらいに気楽に考えて、恋愛を楽しむ余裕を持ちましょう。恋愛においては何度も何度も失敗を繰り返して、徐々に相手の反応が分かってきて、その中で自分を少しずつアピールできるようになるものです。

その過程で自然と「ほどよい駆け引き」も上達してきますし、自分自身の魅力にも気づいてくるものなのです。恋愛上手になるには、失敗を恐れずたくさんのことを「経験」していくことが大切です。

駆け引きをするなら相手の気持ちをもてあそばない程度に!

いかがでしたか?恋愛において過度な駆け引きは相手の気持ちを遠ざけてしまうことがあります。相手を思いやる気持ちを忘れず、相手の気持ちをもてあそばずに素直に自分をアピールしてみましょう。

そうすることで気になる彼も自然とあなたのことが気になりはじめるはずです。