年下男子に懐かれる女性の特徴まとめ

年下男子に懐かれる女性の特徴まとめ

年下男子に好かれる女性の特徴とは、一体どんなタイプの女性なのでしょうか?最近はドラマや漫画でも男性が年下で女性が年上というパターンも多いですよね。
年下男子はとくに働く女性にとって癒される存在感でありながら意外と頼もしい一面もあって、そのギャップに惹かれてしまうという女性も多いようです。逆に年下男子にとってはいわゆる姉御肌な女性はしっかりしていて甘えられる存在でもあるので、そこに惹かれてしまう男性も多いでしょう。
そこで今回は具体的にどんなところが年下男子に好かれやすいのか、7つのポイントを挙げてみたいと思います。

年齢差を意識しない・させない

年下男子に接する際は「世代違うね〜」「おばさんだから、若い子にはついていけない」など、年上であることや年齢差があることを意識している・させるような発言は絶対にNGです。わざと自分からおばさん臭くする必要はありませんし、相手との間に壁をつくるだけで、良い印象を与えることは絶対にありません。仕事中や生活の中で自然と感じる年齢差ならともかく、自分から年齢差を意識させるような発言は控えた方がいいでしょう。逆にそれなりに年齢を重ねていても、いきいきと楽しそうな毎日を送っている雰囲気が伝わると年下男性からも好かれやすいでしょう。

若作りをしていない

年下の人達と同じ感覚・目線になりたいからといって、ファッションなどで無理して若作りをする必要はありません。年齢相応の服装や化粧など、その時の自分自身に合うものを選べのがベストですし、年下男子からの印象もそれが一番良いはずです。もちろん自分の好みやこだわりで選ぶのであれば、若い子の間で流行っているアイテムなどを取りいれるのもOKですが。とはいえ無理をしないことが一番。自然体で素敵な雰囲気を醸し出している女性はいくつになっても魅力的です。

変なプライドがない

仕事ができる女性、というのは年下男子にカッコイイ!と思ってもらえるポイントですが、それだけに、どんなに仕事ができても変なプライドを見せないことも大切です。逆に仕事でのミスを反省できなかったり独りよがりな行動が目立ったりすれば、尊敬もされない上に近寄りがたい印象を与えてしまうこともあるでしょう。年下からであってもアドバイスや意見に耳を傾けられる余裕を持つことが、年下男子との心の距離をぐっと縮めてくれるはずです。

年上だけど放っておけない

「しっかりしているけど、どこか放っておけないところがある」というのは親しみやすさが一気にアップするので年下男子からも好感度が高くなるでしょう。もちろん周りに迷惑をかけるような失敗を繰り返すのは問題ですが、部屋の片付けが苦手だったり、お酒に弱かったり、自分ではマイナスポイントだと思っている部分も思い切ってさらけだしてしまうことも時には効果的です。逆に仕事や普段の姿がしっかりしている人は、そのギャップで良い印象を与えることも多くなります。

恋愛経験が豊富

ドラマや漫画だと全く恋愛経験がない年上女性が年下男子に翻弄されるという展開も多いですが、実際には年相応の恋愛経験がある方が関係性も築きやすいと思っている年下男子も多いでしょう。もちろん恋愛経験が豊富といっても浅い付き合いで遊んでいた相手が何人もいたというのではなく、たとえ人数が少なくても真剣な付き合いをしていた経験がある方が、年下男子には安心感を与える要素になります。恋愛ではいつも楽しいことばかりではなく良い面も苦しい面も経験しているからこそ、その魅力をきっと理解して頼りに思ってくれるはずです。

結婚に焦りがない

年齢によっては結婚を意識せざるを得ない人もいるでしょうし、結婚したいと思うのは自由です。しかしそれが常に感じられると男性は付き合い辛さを感じてしまうので要注意です。結婚相手になるかどうかで品定めされていると思ったら、どんな人でも良い気分はしません。結婚も考えているけれどそれとは関係なく友好関係を広げているという方が、印象は格段に良いはずです。結婚したいアピールは男性の負担になることもあるので、極力控えるようにしましょう。

明るくて人生に前向き

これは年齢差に関係なくどんな人と接する時も同じかもしれませんが、明るくて前向きであることは、何よりもその人を魅力的に見せてくれます。特に年を重ねていることに悲観的になるのは禁物です。若い頃は良かった、昔はキレイだったのに、と過去の栄光を振り返ったり持ち出したりしてもほとんど意味はありません。それよりも、その先の人生に自信と希望をもつことで魅力を感じてもらって、もっと仲良くなりたい!と思ってもらえるようになることの方が大切です。

年下だから…と年齢差や上下関係を意識しすぎることなく自然体で自分らしさを出せることが年下男子と良い関係を築くために一番重要なポイントといえそうです。若い女の子と比べて自分を卑下したりすることなく、今の年齢の自分自身を楽しんでいる姿が周囲から魅力的に映り、年齢差関係なく良い印象を持ってもらえるはずです。まずは自分を好きになることから始めていきましょう。