今じゃない!押してだめなら引いてみるで失敗する人のバッドタイミング

今じゃない!押してだめなら引いてみるで失敗する人のバッドタイミング


気になる人を振り向かせたい!恋の駆け引きはいくつになっても難しいものです。恋愛のテクニックとしてよく「押してダメなら引いてみる」という手法を聞きますが、実際にこれを実行してみてもうまくいかなかった人は多くいるのではないでしょうか?
恋愛の駆け引きはただやみくもにやっても、うまくいくはずがありません。きちんとタイミングを見計らないと、うまくいくものもうまくいきません。
そこでここでは、押してダメなら引いてみるで失敗する人のバットタイミングを紹介します。あなたの恋の駆け引きは、バットタイミングじゃありませんか?

押しのテクニックは?


恋愛テクニックの押して引くには、どんな効果があるのでしょうか。その効果を知らないままやっていても、うまくいくはずがありません。
まずはきちんとその効果を理解しましょう。
まず、押すというのはあなたのことが気になってますよ!というアピールになります。
例えば、毎日メールを送ったり、頻繁に電話を掛けたり、食事に誘ったりすることです。この頻度が多ければ多いほど、押していることになるでしょう。
すると相手は、この人は自分のことを気に入ってくれているんだと、認識します。そして、毎日のメールが日常になり、当たり前になってきて、この人は私に気があるんだと安心します。

引きのテクニックは?


毎日していたメールをパタッとやめると、毎日来ていたメールが急に来なくなったことが気になり、安心が不安に変わります。今までの安心が急に不安に変わると、人の心は揺れ動きます「ひょっとして、何か悪いこと言ってしまったんじゃないか?他に気になる人が出来たんじゃないか?」そう思うことによって、相手の気持ちをこちらに向かせるのです。この安心と不安の気持ちの揺らぎの効果が押して引く、恋愛駆け引きの効果です。

失敗する早すぎるバットタイミング


先ほど、押して引く駆け引きには気持ちを揺るがせる効果があると言いましたが、この気持ちの揺らぎが無ければこの、押して引くテクニックはうまくいかない場合が多いのです。
まず、引くのが早すぎるパターンです。引く前に相手が自分のことを気にしてくれなければ意味がありません。まだ自分の気持ちが相手に伝わりきれていないのに、引いたのでは相手はただ連絡をしてこなくなっただけと思ってしまいます。
まだ相手の日常にまで入り込めていないのに引いてしまうのは早いです。

タイミングを見極めるには?


そこで、タイミングが早いかどうか見極めるには、相手のリアクションで判断しましょう。こちらから、メールや電話をしたりしていくうちに相手からも、メールや電話が来るようになります。そうすれば、相手はこちらを気にしてくれている、気に入ってくれていると思ってよいでしょう。
こちらからメールや電話をしない限りは連絡がない状態だと、まだ相手の気持ちがこちらに向いてるとは言えないでしょう。

失敗する遅すぎるバットタイミング


次は遅すぎるパターンです。引く前の押しが重要だからといって、ずっと押し続けていては相手もうんざりしてしまいます。この遅すぎるパターンの人は引くのが少し不安になってしまい、できるだけ押して押して、相手の気持ちがこちらに完全に向くまで押そうと考えてしまいます。すると相手は安心がしつこいに変わってしまい、気持ちが少し冷めてしまいます。
少し冷めた時に、押しすぎたことに気づいて、引いてみるのですが、それでは時すでに遅しで、相手も、押しのしつこさに引いてしまっているので、お互い引いた状態で距離が縮まることはなくなってしまいます。押すのはほどほどにして、相手の気持ちがこちらに向きかかた時くらいに思い切って引いてみましょう。

まとめ

恋の駆け引きは、当事者はなかなか冷静に判断できないものです。この押して引くテクニックは相手も自分に気持ちがないと成功は難しいです。押しても引いてもうまくいかない場合は、相手がこちらに気がないサインかもしれません。その場合は新しい恋を見つけましょう!