いきなりの告白はNG!女友達への気持ちの伝え方

いきなりの告白はNG!女友達への気持ちの伝え方


今までただの女友達だったのに、好きになってしまったらどんな風に告白して、気持ちを伝えれば良いのでしょうか。この伝え方やタイミングを失敗してしまうと上手く行かないケースが多いので、女友達への告白の仕方のコツを5選ご紹介いたします。友達以上になる為には、何が必要なのでしょうか。それをしっかりと押さえて気持ちを伝えましょう。

女友達を彼女にするには?

自分の事を意識させる

ちょっとした事を褒める


女性は特に外見について褒められると嬉しくなるものです。「今日の服可愛いね」「髪型変えたの?似合っているね」など小さな事に気が付いてそこを褒めると言うのはかなり好印象を与えられます。女友達の小さな変化も見逃さない様に、毎日のファッションやヘアメイクはしっかりと見ましょう。もちろん外見の事では無くても、内面や行動、仕草を褒めると言うのも効果的です。そうする事で相手もだんだんとあなたの事を意識し始める事でしょう。告白や伝え方を悩む前に、まず自分に対して友達以上の好印象を持ってもらうのが大事です。

自分の良い面を知ってもらう


普段の何気ない会話の中から、自分はこんな良い所を持っている人間だと言う事をアピールしましょうこの時に気を付けなくてはならないのは、わざとらしく大げさにし過ぎるとただの自慢になってしまうので、あくまでさりげなく言う事が大事です。「料理が得意だ」「喧嘩してもその後の話し合いが大事だよね」「彼女ができたら浮気なんてできないよ」など、この人と付き合うと楽しそうだな、安心してお付き合いができそうと言う様なイメージを持ってもらうのです。そうする事で告白した時にOKを貰える確率はグンと上がります。

告白して返事待ちの期間も需要


もう女友達に告白をしたり、気持ちを伝えたりした時は、ドキドキしますし変に相手を意識してしまうものです。返事待ちの期間も出来るだけ普段通り自然に過ごす事が大事ですが、その時は常に笑顔で相手に接して明るく振る舞いましょう。彼女以外の友達の前でも明るくニコニコしている事で相手も悪くは思わないでしょう。返事を催促したりしてはいけませんが、出来るだけ二人きりになるようにして相手に自分を意識させます。二人きりの時間はお付き合いしているイメージが沸いてきます。間違ってもブスッとした顔や不機嫌そうな態度など悪いイメージを与えてはいけません。

上手な気持ちの伝え方

真面目さや誠意を見せる


告白するタイミングは非常に重要ですが、相手の女友達はそれ以上にあなたが真剣かどうかを見ています。間違っても飲み会で酔っている時に告白したりしてはいけません。酔っていると言う時点で真剣さや誠意等は微塵も感じられません。二人きりの時に、真面目な表情で、いつもより堅苦しい位の雰囲気で告白した方が相手もドキッとしますし、この人本気だと思います。今まで友達だったのにこんなに真剣に想ってくれているのなら、OKしようかな、と告白が成功しやすくなります。いつもはふざけたりしている仲でも告白の時は封印しましょう。

ハッキリと気持ちを伝える


告白する時にモジモジして、結局何が言いたいの?と言う様な伝え方はNGです。ストレートにハッキリと大きな声で自分の思いを伝えましょう。そうする事で相手にも気持ちが伝わりやすしですし、男らしい、しっかりしていると好印象を与えられます。もし断られたらどうしよう、というネガティブな感情は捨てて、自信を持つ事で自然と堂々とした態度になります。まどろっこしい言い方よりも、シンプルな言葉の方が相手もグッときます。変に格好を付けて、演出にばかりこだわるよりは分かりやすい告白の方が印象にも残るものです。

まとめ

女友達への告白を成功させるには、自分の事を友達ではなく一人の男性だと意識させる事が大事です。ただの友達のままいきなり告白するのではなく、事前に自分の印象を良いものにしておくことが非常に重要です。女友達もあなたの男らしく誠実な一面を知れば男性として見る様になりますし、最初はその気が無くても、良い人そうだしお付き合いしてみようかな、と言う気になるのではないでしょうか。