一夜の過ち…浮気してしまったときの謝り方とタイミング

一夜の過ち…浮気してしまったときの謝り方とタイミング


芸能界や政治の世界でもいまや「浮気」という文字はブームのように毎日、雑誌やTV、ネット記事で目にします。こうなってくると、自然と、浮気や不倫などが会話の中で出てきます。すると彼女もこの言葉に敏感になり、この人は大丈夫なのだろうか?と少し疑い深くなってきます。浮気などはしないに越したこてゃないのですが、一夜の過ちでしてしまい、それが見つかってしまうなんてこともあるでしょう。浮気は見つかってから後悔してもどうしようもありません。でも別れたくない!そんな人の為に、ここでは浮気が見つかってしまったときの謝り方やタイミングを紹介します。

きちんと心の底から謝る


言い訳や御託をいくら並べても女性はゆるしてはくれません。許してくれるまできちんと心の底から謝りましょう。ここで少しでも嘘をつくとすぐにばれてしまい、取り返しのつかないことになってしまいます。きちんと気持ちを打ち明けることが大切で、事実を述べて、心の底から謝りましょう。相手もあなたのことが嫌いになったわけではなく、あなたの行った行動が許せなくて、怒っているのです、なのでその行動をきちんと反省し、心の底から謝れば、相手も許してくれるはずです。

ただ謝るだけでなく、相手を思いやって


謝るときにただひたすら「ごめん」「許してほしい」といってもなかなか許してはもらえないでしょう、言葉に相手を思いやる気持ちを、のせて謝りましょう。
例えば「ここまで僕を信じてくれた君を裏切ってしまって本当にごめん」「君につらい思いをさせて、本当にすまないと思っている、許してほしい」など、相手の気持ちを思う言葉を付けて謝ることが大切です。女性は感情的に考え行動するものです。なので、あなたの気持ちだけでなく、相手の感情もきちんとケアした言葉が重要になってくるのです。

謝るだけではなく約束も


謝るときに今回のことに関してだけ、謝る人がいます。それでは相手は今は大丈夫宇なのかもしれないが、この先は大丈夫なのだろうか?と不安になって、許したくてもなかなか許せないこともあります。謝る時には「もう二度とこんなことはしないから許してほしい」「これからは、毎日帰りに連絡するから」など、先の約束を加えましょう。いまだけでなく、この先の約束をきちんと自分からすることで、相手の信頼も上がります。いまだけではない、先の安心も約束しなければ相手は許してはくれないでしょう。

謝るタイミング


浮気がバレて謝るタイミングでずが、まずはすぐにです。とにかくすぐにきちんと謝ることです。時間を置くと、なにか裏で根回しをしているんじゃないかと思われてしまったり、完全に相手が許さないモードに入ってしまうからです。まずはすぐに謝りましょう。
しかしすぐに謝っても、すぐ許してくれるほど簡単なものではありません。そんな時はすぐに謝った後に、少し時間をおいて、もう一度きちんと謝ってみましょう。時間を置くことにより、相手も冷静になり、許してくれることもあります。とはいえ、すぐに謝ることが先決です。

プレゼントを贈るやり方


まずはすぐに謝り、少し時間をおいてから謝るときにプレゼントをもっていくのもいいでしょう。相手が前から欲しがっていたものや、まえから食べに行きたかったお店などに招待してプレゼントするのです。その時に「きみのことを考えていたら、前から欲しがっていたものをプレゼントしたくなった」といえば、相手も自分のことを思ってくれていたんだと思い、許してくれるでしょう。物で釣るわけではありませんが、思いをカタチにするのもひとつの方法です。

まとめ

浮気はする方が100%悪いです。もし見つかってバレたら言い訳や口答えなどせずにきちんと心の底から謝り、二度としないことを誓いましょう。しないに越したことはありませんが、万が一してしまって見つかった時にはここに書いてあることを実践して、許してもらい幸せな道をあるんでください!