好きな人がいないから恋愛できない?そんな方に好きな人の作り方を教えます!

好きな人がいないから恋愛できない?そんな方に好きな人の作り方を教えます!

周囲の友人や職場の同僚が次々に結婚していく中、ふと気づけば自分だけは恋愛にご無沙汰だという人も多いでしょう。

恋愛以前に、そもそも好きな人自体が見つからないケースも多いです。

なぜ自分の周囲にはステキな異性がいないのかと嘆いてしまいがちですが、実は自分で無意識に恋愛から意識を遠ざけていることもあります。

恋愛がなくても生きていける、恋人と付き合うのは面倒など、恋愛のデメリットを刷り込むことで自ら好きな人を見つけにくい状態に陥ってしまうのです。

恋愛をするためには、なぜこのような状態になってしまったのか、なぜ好きな人を作れないのかを具体的に考える必要があります。

理由を考えることで自分の改善すべき点が分かりやすくなり、積極的に好きな人を作れるようになるでしょう。

具体的な行動や注意点、好きな人と付き合うためのアプローチ方法などを挙げていくので、なかなか好きな人が見つからないと悩んでいる人は参考にしてみてください。

好きな人ができない理由

恋愛をしたい気持ちはあるものの、どうしても好きな人ができないという場合は様々な理由が考えられます。そもそも出会いがなかったり過去の恋愛がトラウマになっていたり、趣味の方が楽しいなどいくつもあるので、具体的に見ていきましょう。

異性と出会えない

社会人として働き始めると、どうしても毎日の生活や行動範囲が単調になりがちです。

家と会社の往復で一日が終わってしまうことも多く、会社に好みのタイプの異性がいなければ好きな人を見つけるのは非常に難しくなります。

特に女性が多い職種や男性が多い職種では、職場恋愛などとても望めないというケースも多いでしょう。学生の場合は比較的異性と触れ合う機会は多いですが、男子校や女子校だったりサークルやゼミなどにも参加していない場合は、社会人と同じく難しいものです。

休日も家で寝ていたりゲームばかりに没頭しているようでは、異性と出会うチャンスはほとんどありません。このように環境的な理由で、好きな人が見つからないというケースは意外に多いです。

昔の恋愛がトラウマになっている

過去に付き合った異性と酷い別れ方をしたり、浮気や二股など大きく傷つけられる経験をしたような場合、それがトラウマとなって恋愛に消極的になってしまうこともあります。

好みのタイプの異性を見つけたとしても、無意識にまた辛い思いをしたらどうしようと気持ちにブレーキがかかってしまい、本気で好きになる前に恋することを止めてしまうのです。

自分では全く意識していなかったとしても、そのトラウマが潜在的に気持ちに働きかけるので非常に厄介です。まさに恋に憶病になっている状態なので、それを克服することが第一となります。

メンタルクリニックに通ったりカウンセラーに相談するのが一番ですが、なかなかそこまで勇気が出ないものです。そんな場合は信頼できる友人やSNSなどでも構わないので、とにかく過去の恋愛話を誰かに相談してみましょう。全部話すことでスッキリし、意外と簡単にトラウマを克服できる可能性もあります。

恋愛以外のことが忙しい

毎日仕事が忙しすぎて、とにかくそれ以外考えられないという人もいます。恋愛は食事や睡眠と違って生きていくのに必要不可欠ではないので、忙しすぎると本能的に後回しにしてしまいます。

とても好きな人を作ろうという気になれず、ただ毎日を送ることを最優先にしてしまうのです。また、大好きな趣味を持っている場合、それが楽しくて恋どころではないというケースも多いです。

恋愛をすれば行動が制限されてしまいますし、趣味を諦めなければならないこともあります。それを嫌がり、敢えて異性に興味を持たないようにしている人もいるでしょう。

異性の好みにうるさすぎる

誰でも好みのタイプというものを持っていますが、無意識にしろ意識的にしろ、その理想が高くなりすぎてなかなか好きになれないこともあります。イケメンや可愛い子を求めたり、年収や職業などにこだわりすぎると、当然ながら選択肢は狭くなってしまいます。

好きな人を見つけるには?

恋愛をしたいなら、まずは好きな人を見つけることが大前提となります。恋愛をすれば毎日相手のことを考えて幸せな気持ちになれますし、季節ごとのイベントも楽しくて仕方ありません。好きな人を作るだけでも毎日が充実してイキイキと過ごせるようになるので、好きな人を作るお勧めの方法を試してみてください。

恋愛モードにチェンジ

恋愛から長く遠ざかっていると、頭が恋愛ナシでも全く問題ないと思い込み、のんびりモードに落ち着いてしまいます。これを恋愛モードにチェンジする必要があるので、まずはイメージトレーニングから始めるようにしましょう。

例え興味がなかったとしても、恋愛漫画や映画、恋愛をテーマにした歌などを積極的に見聞きすることが大切です。

これを日々繰り返すことで気持ちが恋愛に対して積極的になり、周囲の異性に対して肯定的な目を向けられるようになります。

何事も入念に準備することが大切なので、時間をかけて取り組みましょう。

自分の魅力を磨く

いざ気になる異性と出会った時、自分に自信がなければ相手に拒否されるのが怖くて好きになれない可能性もあります。

せっかく好みのタイプに出会ったのに、自分に自信がないばかりにチャンスを棒に振ってしまうのは残念で堪りません。

コンプレックスはせっかくのチャンスを邪魔してしまうので、好きな人が見つかる前から自分磨きに勤しむことが重要です。

外見に自信がないならヘアスタイルを変えたりメイクを頑張ったり、清潔感を感じてもらえるように身だしなみに気を配ると良いでしょう。

異性とうまく話せないなど、内面的な問題があるなら友達に協力してもらってトークの練習をしたり、人の集まる場に積極的に参加するなどして、経験を積むことをお勧めします。

自分磨きは好きな人が見つかる前に済ませておかないと意味がないので、恋愛をしたいと思い立ったらすぐにでも取り組むことが大切です。

周囲に恋愛宣言をする

恋愛したいと思うことは決して恥ずかしいことではないので、積極的に職場の同僚や友人たちに相談してみましょう。恋愛したいと宣言すると周囲は何かと世話を焼きたくなるもので、知り合いの異性を紹介してくれることも増えます。

合コンや遊ぶ機会をセッティングしてもらうのも非常に効果的ですし、知っている人からの紹介であれば相手の人柄にも信用が置けます。

異性との出会いのきっかけとしては理想的なので、どんどん相談してみてください。

出会いを求めて行動する

異性との出会いはどこに転がっているか分からないので、毎日その可能性を考えながら行動することが重要です。

家と会社の往復で済ませるのではなく、いつもとはちょっと違うお店に立ち寄ってみたり、休日にはできるだけ外出してカフェや本屋など異性が一人でいる可能性の高い場所に行ってみましょう。

くれぐれも決まった行動パターンを続けることは避け、これまで足を運ばなかった場所を中心に積極的に出かけてみてください。

「好きな人を見つけたい」時のNG行動

好きな人を見つけたいと考えているなら、やってはいけないこともあります。無意識にこれをやってしまうと、なかなか異性に対して恋愛感情を抱くことができません。

意識してNG行動を避けることで、結果的に好きな人を見つけやすくなるでしょう。

とにかく誰でも良いとは考えない

いくら早く好きな人を見つけたいからといって、大して興味もない異性と気軽に身体の関係を持つことは絶対に止めましょう。

こういうことを繰り返していると、誰とでも肉体関係を持つ軽い人間だというウワサが広まってしまいます。

本気で好きになった相手でなければすぐに別れてしまうでしょうし、その後本気で好きな人ができても軽い人は嫌だと言われてしまうでしょう。自分自身にダメージが蓄積していくばかりなので、安易な気持ちで男女の関係になってしまうのは避けてください。

減点方式で採点してしまう

相手のことを完璧に理解できる人などそうはいないので、最初から異性に対して高い理想を押し付けるのも厳禁です。

例えば、男性なら紳士であるべきだとか、デートの時は全ておごってくれるはずだとか、女性なら気遣いができて当然だというような思い込みは止めましょう。

こういった理想が先にあると、気になる異性がいたとしても理想と異なる言動や行動をした時に減点方式で相手を見てしまいます。

出会った時は90点と思っていたのに、色々と理想ではない行動が目について幻滅していき、気付けば10点の評価になっていることもあります。

こうなると気になる相手はそのままどうでも良い相手に格下げされてしまい、好きな人を見つけることができなくなります。

恋愛するうえで重要なのは、減点方式ではなく加点方式で異性を見ることです。

幻滅するところではなく良いところを見つけるようにすれば、最初は30点だと思っていた人でも100点までアップする可能性があります。

最初から相手に対して高い理想を抱くのではなく、ありのままの相手の良いところを見つけるというスタンスでいれば、好きになれる可能性も高くなるでしょう。

気持ちにブレーキをかけてしまう

気になる人が見つかっても、どうせ自分なんて相手にしてもらえないと卑屈になり、気持ちにブレーキをかけてしまうことがあります。

相手の容姿がかなり良かったりハイスペックだったりすると、自分と比較して自信を失ってしまうのです。

誰かを好きになるのに、資格や相応しさなど必要ありません。

誰が誰を好きになるかは自由ですし、当の相手は全くそんなことを気にしていない可能性だってあります。

自分が好きになるなんて恐れ多い、どうせ振られるから傷つきたくないなどとは考えず、とにかくまずは行動することが大切です。

気持ちにブレーキがかかって慎重になっている間に、気になる相手が他の異性と付き合ってしまうこともあります。

恋愛はとにかく行動力とスピードが重要なので、気になる人を好きになることを恐れず、そのまま積極的に進むようにしましょう。

自分のメンタリティを改革!

好きな人を作るためには、行動を起こす前にまず自分のメンタリティを改革する必要もあります。

恋愛に対してネガティブだったり受け身になっていると、当然ながら好きな人もなかなかできません。

周囲の異性に対して積極的かつ肯定的になったり、恋愛にポジティブなイメージを持つことが何より大切です。

メンタリティを恋愛モードにするために、以下のような考え方にシフトしましょう。

恋愛は決して面倒ではない

好きな人ができると、相手が自分のことをどう思っているのか、どうすれば自分を好きになってくれるのかなど、思い悩んでしまうことも多いです。

普段なら気にもならない些細なことが気になって不安になってしまったり、メールや電話で相手の気を引くにはどうしたら良いかなど、色々と考えなければならないことが増えてきます。

こういった毎日を送っていると、次第に恋愛は面倒臭いと感じてしまうこともあるでしょう。

このように面倒臭さが先に立ってしまうと、好きな人を見つけることなどできません。

こんな考えが潜在的にでもあると、気になる異性と出会っても恋愛を始めようという気になれないでしょう。

確かに相手のいることなので面倒なこともあるのですが、好きな人がいるという充足感や幸福感はそれを補って余りあります。

本気で好きな人ができれば面倒臭いなどと感じる余裕すらなくなるので、もっと恋愛に対してポジティブな気持ちを持つようにしましょう。

理想は高くしない

好きな人が見つからないという人にありがちなのが、異性に求める理想が異様に高いというパターンです。

顔が良くて性格も良い、スタイルも抜群で価値観も同じというのが理想かもしれませんが、理想はあくまでも理想です。

世の中にそんな完璧な異性はおらず、いたとしてもそんな素晴らしい人は既に誰かの恋人になっているでしょう。理想が高くなればなるだけ、それを満たす異性と出会える可能性は限りなく低くなります。

そもそも理想どおりの完璧な人など存在していない可能性もあり、ずっとそんな異性を待っていると一生恋人ができないでしょう。

もちろん恋愛するうえで絶対に譲れないポイントがあっても良いのですが、妥協できる部分は妥協することも大切です。敢えて理想を求めず、出会えた異性の良いところを見つけようとポジティブになると、意外な魅力に気付いて好きになれることもあります。

受け身にならない

恋愛は、ただ待っているだけでは何も進展しません。余程自分のことを好きになってくれる異性が現れれば積極的にアプローチしてくれるでしょうが、そんな人と巡り合える保証もありません。

自分が興味を持った異性に対しては自分からアプローチしないと、せっかくの出会いが無駄になってしまいます。

ひたすら相手がアプローチしてくれるのを待つのではなく、積極的に連絡したりデートに誘うなどして行動を起こすことが大切です。

慣れないうちは勇気が必要ですが、経験を重ねていけば気軽に行動できるようになるので挑戦してみましょう。

出会える場所は?

好きな人を作りたくても、そもそも異性と出会える場がなければ何も始まりません。

これまで好きな人ができなかったのは、いつもの行動範囲に興味を持てる異性がいなかったためです。

そのまま生活を続けていても好きな人ができる可能性は低いので、出会いを期待できる場所へ出かける必要があります。

異性と出会える場所は意外と多いので、身近なところからチェックしてみましょう。

毎日出会える職場

出会いの定番と言えるのが、やはり毎日顔を合わせることができる職場です。

同じ部署には気になる異性がいなくても、他の部署や出入りしている業者、ビルなら他のフロアに入っている会社など様々な場所で異性と出会うことができます。

極端かもしれませんが、お昼休みなどを使って職場周辺を歩き回ってみて、好みの異性がいないか探してみるのも良いでしょう。

ウロウロ彷徨っていると不審に思われるかもしれませんが、「お疲れ様です」など堂々と声をかけつつ歩いていれば、仕事で来ているのかなと思われます。

気になる相手が見つかったら、できるだけ毎日顔を合わせて挨拶を交わし、まずは相手に認識してもらうことが重要です。

好みの異性がいない職場でも、好きな人を見つけようと積極的に見まわしてみると、意外と気になる人が見つかることもあるでしょう。

定番の合コン

新しい異性と出会える定番のきっかけと言えば、合コンです。

友人や知り合い経由でメンバーを集めるので、幹事さえやる気になれば簡単に開催できます。

しかも合コンに参加するメンバーは全員が誰かの知り合いであるため、性格に難があったり悪意を持つ人が来る可能性も低いです。

恋人がいない人が来るという前提なので、お互いに出会いを求めており、恋に発展する可能性も高いと言えます。

もちろん好みの異性が参加するという保証はありませんが、仮に好きな人ができなくても、そこで友人になっておけば別の知り合いを紹介してもらって次の合コン開催へと繋げることもできます。

合コンというとネガティブなイメージを抱く人も多いですが、出会いの場という意味では非常に便利で効率が良いのでお勧めです。

将来を考えているなら婚活パーティー

年齢的にも次に付き合う人とは結婚を考えたい場合、合コンではなく結婚相談所などが開催する婚活パーティーの方がお勧めです。

結婚相手を求めている男女が集まってお互いに将来のビジョンや条件などを率直に語り合うため、時間を無駄にすることなく自分と相性の良い異性を見つけることができます。

婚活パーティーと言っても堅苦しいものではなく、ゲームや食事、フリートークなど様々な企画が用意されていて純粋に楽しめるので、意外と気軽に行くことができます。

年齢や年収、職業などに制限のある婚活パーティーも多いので、より条件の良い相手を求めている場合は利用してみると良いでしょう。

マッチングアプリ

最近注目を集めているのが、アプリを使ったマッチングです。

登録された情報をもとに相性の良さそうな相手や条件に合う相手を紹介してくれるアプリが数多く開発されており、身元確認もしっかりしているので安全性が高いというメリットもあります。

結婚相談所より気軽に利用できるので、まずアプリで出会いを探してみるというのもお勧めです。

そして…好きな人ができたらどうアプローチする?

好きな人ができたら、次はいよいよ自分に興味を持ってもらうためにアプローチすることになります。

ただ、これまで恋愛に積極的でなかった人は、急にアプローチしようとしても難しいものです。おかしな行動をしてしまえば逆に相手から嫌われたり引かれてしまうので、正しいアプローチの方法を知っておきましょう。

相手の目を見て話す

好きな人が相手だと、恥ずかしくてなかなか目を見て話せないという人も多いでしょう。

恥ずかしい気持ちも分かるのですが、アプローチしたいなら絶対に目を見て話すべきです。

目を見るということは相手を見つめるということで、相手はまっすぐに見つめられれば少なからず意識してドキドキしてしまうものです。

目を泳がせて話すよりずっと印象も良くなるので、恥ずかしさを堪えて目を見るようにしましょう。ただ、瞬きもせずにじっと見つめ続けるのは止めた方が良いです。

これでは怖がられてしまうこともあるので、ある程度見つめたら一度視線を外し、ここぞというタイミングで再び見つめるというスタイルで話すと良いでしょう。

悩みを相談する

悩みの相談は、相手を信頼していないとできないことです。

つまり、悩みを相談されるということは相手が自分を信頼していると暗に示していることになります。

人は誰でも自分を信頼してくれる人に良い印象を持ちやすいため、好きな人には積極的に相談をするようにしましょう。

あまりに重すぎる内容の相談は逆にプレッシャーを与えてしまうので、仕事やプライベートで気軽に答えられるような相談に留めておくことがポイントです。

また、悩みを相談して終わりにするのではなく、相談した結果どのように解決したか、アドバイスが役に立ったかなどを報告すると好きな人も嬉しい気持ちになるでしょう。

相手を褒める

相手に良い印象を持ってもらうためには、相手を褒めるという方法も効果的です。

褒めるポイントは何でも良いのですが、髪型や顔立ち、ファッションセンスなど分かりやすいポイント以外にも、性格や気遣いなど内面的なポイントを褒めると良いでしょう。

ただ、いくらアプローチしたいからと言ってあまり褒めすぎるのは厳禁です。

必要以上に何でも褒めたりしつこく褒め続けたりすると、アプローチしているのが見え見えですし嘘くさい人だと思われてしまいます。

褒める時はあくまでもさり気なく、具体的なポイントを挙げて褒めるのが鉄則です。

デートに誘う

最も分かりやすく、確実に距離を縮められるアプローチと言えばやはりデートです。

二人だけで遊びに行ったり食事を楽しんだりすれば、お互いのことをたっぷり知ることができますし、一気に親交を深めることができます。

デートスポットに誘うのも良いのですが、急に誘うと相手に警戒されて断られてしまうことも多いので、まずは軽い食事などOKしやすい内容から始めることが大切です。

映画は見ている間に無理して会話を続ける必要もないですし、見終えた後に感想を語るなどすれば話題に困ることもないので、アプローチ中のデートとしてはお勧めです。

まとめ

好きな人ができないと言って悩んでいる人は、実はできないのではなく無意識に作らないようにしている可能性が高いです。

恋愛する時間や手間が面倒に感じたり理想が高すぎたりして、本当に誰かを好きになることを避けていると言えます。

好きな人が欲しいなら、まずはそういった自分の意識を変えていくことが重要です。恋愛は楽しく幸せなものだと考えることで、積極的に出会いを求めて行動したり好きな人を見つけようと意識することができます。

世の中には意外と出会いのチャンスも数多く存在するので、本気で恋愛したいならまず行動することが大切です。

最近は婚活パーティーやマッチングアプリなど、新しい出会いのチャンスも登場しているので、昔より簡単に好きな人を見つけられる可能性があります。

好きな人が見つかったら正しいアプローチを行い、好きな人に振り向いてもらえるように努力しましょう。

全ては自分の意志や行動次第なので、恋愛に対して積極的になってみましょう。