これで意中の女性をゲット!男性からデートに誘う方法!

これで意中の女性をゲット!男性からデートに誘う方法!

あなたは気になっている女性はいますか?学校や会社など、普段その女性を目にする機会が多い場合、ついつい目で追ってしまうことも多いのではないでしょうか。また、その女性が他の男性と楽しそうに談笑していたらどういった関係なのだろうと不安になってしまうこともあるでしょう。

自分自身がその女性にとって特別な存在になれれば良いのですが、真剣に想えば想うほど、断られた時のことを考えてなかなかデートに誘うこともできません。

もちろん、そんな女性からデートのお誘いがあれば天にも昇る気持ちになるでしょうし、もし相思相愛であれば、視線が重なるなど相手から何らかのメッセージがあり、それさえあれば自信を持ってデートに誘うことができるでしょう。しかし、なかなかそういったケースは少ないのではないでしょうか。

ただ、素敵な女性だからこそ自分とはデートをしてもらえない、などということはありません。入念な情報収集やシチュエーションの設定、綿密なシミュレーションを重ねてデートに誘えば受け入れてくれる確率は飛躍的に向上します。今回は気になる女性をデートに誘う方法を見ていきたいと思います。

情報収集は必須!

あなたの気になる女性はどんな方でしょうか?いつもの生活の中でもついつい目で探してしまうでしょうし、見つければ見えなくなるまで目で追いかけてしまうでしょう。しかし、あなたはその人のことをどれくらい知っていますか?好きな食事や服、趣味や好みのミュージシャンなど、デートに誘う前にはその人の情報収集は必須です。

意中の人の交友関係を知ろう

類は友を呼ぶ、朱に交われば赤くなるなどと言いますが、気になる女性とよく付き合っている友人には似通った点が多く見つかるはずです。あなたの意中の女性はどのような交友関係を持っているでしょうか。直接趣味や好みを聞くことができればそれに越したことはありませんが、そういった関係ならば既にデートに誘っているでしょう。まずは周囲の友人を観察してみることをお勧めします。その友人を介して、意中の女性の好みを聞くこともできるでしょうし、あなたが見えていなかった意外な一面を発見することができるかもしれません。

FacebookやInstagramなどのSNSを活用しよう

最近は誰でもFacebookやInstagramなどを活用して、自分のメッセージを世界に発信する時代になりました。これらの情報は個人の感情や性格を知るために非常に有効な手段となるため、企業の採用担当者も就職希望者のFacebookやInstagram、TwitterなどのSNS情報を詳しく見ています。あなたの意中の女性がもしもこういったSNSを利用していたら、一度目を通してみるのは非常に有効です。もしもそれなりにお互いの面識がある状況だった場合、友達リクエストを送ってみるのもいいでしょう。それだけでもデートに誘うための大きな一歩になることは間違いありません。

自分自身の情報を収集してみる

好きな食べ物やミュージシャン、どういった趣味に打ち込んでいるか。またSNSでどういった情報を発信しているのか。意中の女性の情報を知ることで、その人の考え方や物事の感じ方を知ることができると思います。

そして次は、自分自身の情報を収集してみましょう。どれだけ相手の情報を収集し、共通の話題を見つけたとしても、自分自身がみすぼらしかったら成功するものも成功しません。ハンカチはいつも持っていますか?ワイシャツはアイロンをかけていますか?靴のお手入れはきちんとしていますか?ボタンの糸はほつれていませんか?

女性は男性よりも細かな気配りが上手な人が多く、その分細かな点にもよく気が付きます。あなたがどんなに素敵にデートに誘ってみても、そういった簡単に整えることができる箇所で失敗すると、念願のデートも実現しません。しかし、逆に細かなところに気を遣えていれば、ただそれだけで評価が上昇することも多々あります。ぜひとも一度自分自身の情報を収集して、改善すべきところは改善してみてください。

定番のデートの例を知ろう

意中の女性をデートに誘うことができたと仮定して、あなたはどういったデートコースに連れて行きますか?初デートだった場合は特に慎重にプランを検討する必要があるでしょう。今回は定番のデートコースを考えていきたいと思います。

初デートといえばやっぱり映画

初デート、もしくは交際期間がまだ短い場合にもぴったりのデートコースといえば映画館です。沈黙が多くなりがちな時期ですが、映画を見る前でもパンフレットなど映画の情報はたくさんありますし、映画を見た後もその内容について感想を語り合えます。お互いの映画の趣味が同じであれば更に良いデートとなるでしょう。何事も同じ経験を共有し合うということは、お互いの仲を深めるのに非常に有効な方法です。

ゆっくり散策する動物園

子供向けと思われがちな動物園ですが、意外と盛り上がるデートコースです。よほど暑い時期でなければ動物たちも活発に動いてくれますし、思わぬ行動で想定外の盛り上がりを提供してくれることもあります。そういった行動を見ることで自然に会話がつながっていきますし、のんびり散策することで沈黙も心地良いものとなります。将来子供ができた時に、パパとママが初めてデートした場所はここだよと教えてあげるなど、思わず夢が膨らみます。

雨の日も安心の水族館

綿密に立てたデートプランも雨が降るだけで何もかもダメになってしまうことも珍しくありません。そんな時でも安心な全天候型の定番デートコースといえば、水族館でしょう。最近の水族館は素材技術の発達により、より薄くクリアな耐久ガラスを使い、また多くの光を取り込むことでとても幻想的な光景を提供してくれます。また、イルカやアシカのショーなどそれぞれの水族館特有のショーを見るのも大きな楽しみの一つです。少し薄暗い館内で幻想的な魚たちを見るというシチュエーションに、思わず自然と手をつないでしまうかもしれません。

いつ行っても楽しいテーマパーク

東京ディズニーランドや、大阪にあるユニバーサルスタジオなどのテーマパークも定番のデートコースです。いつ行っても様々なイベントで盛り上がっていますし、アトラクションは絶叫系からのんびり系まであり、誰でも楽しむことができます。また、夜には花火などのイベントも開催されており、日中に深めた関係を夜の花火で更に深めることもできるでしょう。

しかし、アトラクションに並ぶ時間は時期によっては長時間になることも珍しくありません。その時に退屈せずに会話を楽しむことができるかは、男性の腕の見せ所です。ひょっとしたら初デートよりもそれなりの時間を共有してからのほうが安心かもしれません。

定番のデートコースを考えてみましたが、いかがだったでしょうか。初デート、もしくは交際期間が短い時期でのデートでは、まずは話題が途切れないことを念頭にプランを練ると良い結果を得ることができるでしょう。

そしてキッカケ作り・キッカケ探し

意中の女性、さらに自分自身の情報収集を行い、定番のデートコースを考えてきました。次はデートに誘うためのキッカケ作り・キッカケ探しを考えていきましょう。

行動パターンを合わせてみる

意中の女性とよく接する機会がある人は、その人の行動パターンになるべく自分の行動を合わせてみましょう。お互いが存在を認識するということは非常に大きな一歩になります。1と10の開きよりも、0と1の開きのほうが距離としては大きなものです。そもそも相手を知らなければデートしてくれる可能性などありません。まずは相手に自分の存在を認識してもらう、そのためにもなるべく行動パターンを合わせて自分の存在を感じてもらいましょう。

相手と視線を交わす

あなたはふと視線を感じたことはありませんか?音を出したわけでも、振動を伝えたわけでもありません。しかしふと“視線”を感じて振り返ると、誰かと目が合ったという経験は誰しもあるでしょう。そうです、視線を合わせることは相手に自分を認識させる方法としてとても大きなものの一つとなります。プロサッカーやプロバスケの世界でもアイコンタクトという技術があります。視線を交わすだけで会話をするよりも多くの情報を得ることができる場合もたくさんあります。意中の女性を見つけたらまずは視線を合わせてみましょう。

連絡先を交換する

相手と行動パターンを合わせて、目線を交わすことでお互いを認識することができました。次はデートに誘うための一歩手前となる連絡先の交換に挑戦してみましょう。意中の女性はどういった立場の方でしょうか?

社会人ならば、同じ職場の同僚・契約社員の人・取引先の人・会社の受付の人。学生ならば同じクラスの友達、大学の同級生、同じクラブ・サークルのメンバー。それぞれの立場やシチュエーションがあるかと思います。

まずはその立場やシチュエーションに沿って違和感がない形で連絡先を交換してみましょう。社会人では、仕事を通じてすでに連絡先を交換していることもありますので、その場合はある程度簡単に連絡を取ることができます。社内であれば社内メールを有効活用しましょう。

お互いの存在を認識できている状態であれば、いつも食堂ですれ違っている者ですなどとお互いが認識できる情報を丁寧に伝えることで「あ、あの人か」とスムーズに交流を開始することができます。また、取引先など社外の人であれば名刺を有効活用することができます。お互いに名刺を交換するのはビジネスパーソンとして当然のことです。そこから自然な交流を始めてみましょう。

一方、学生の場合、特に中学~高校あたりはなかなか連絡先を交換するキッカケを作るのは難しいかもしれません。お互いに思春期だったりデリケートな時期ですし、周りの目も気になることでしょう。しかし最近ではLINEなどのトークアプリがありますので、グループトークの機能などを使って周囲の友人を経由して連絡先をうまく交換することができれば、すぐにでも二人きりのトークルームで交流を開始することができます。今までに収集した情報を活用して積極的にコミュニケーションをとってみましょう。

デートに誘うにはタイミングが重要

連絡先を交換し、交流が始まったからといってすぐにデートに誘ってはいけません。何事も順序がありますし、何より最初のデートのお誘いはタイミングと誘い方が非常に重要です。

まずはある程度交流を図り、お互いの距離を縮める必要があります。意中の女性へアプローチする場合は、相手の生活に過度に干渉し過ぎない適切な回数を心がけましょう。回数を控え目にして、その分一回一回の連絡を雑にせず、丁寧に連絡を取りましょう。

ついつい意中の女性と連絡先を交換することができたことが嬉しくて、長文メールや即返信をしてしまいがちですが、ここはぐっと我慢して一気に連絡を取り過ぎないように注意しましょう。LINEのスタンプや短文のコミュニケーションならそれほど神経を使う必要もありませんが、長めの文章のやり取りの場合は一日2?3回くらいを目安にしてみましょう。

また、相手を気遣う内容や相手に軽く相談するような内容であれば、過度に干渉することなく話題を広げることができます。「今仕事が終わったよ。そっちも無理しないでね。いつもお疲れさま」といった内容は自分の気持ちが伝わりますし、相手としてもシンプルに返しやすく、本当に疲れている時には心がほっと休まります。

また、小さなことを相談してみると話が弾むキッカケになります。情報収集した内容を活用して相手も興味がある分野で相談してみると、より話が弾むかもしれません。

たとえば料理が好きな女性であれば、「最近料理を始めたんだけど、味が何か変なんだよね。初心者にお勧めの料理ってあったりする?」など、小さな相談ですが相手が乗ってきてくれたら距離をうまくつめることもできます。

コミュニケーションは相手が存在します。お互いが負担にならない感覚で会話をやり取りすることで、付き合う前ですが相手に心地良い感覚を与えることができるでしょう。毎回長文を打つと、それに対して律儀に回答を返すために気疲れしてしまいますし、この人は疲れるなあと感じてついついネガティブな印象を与えてしまいます。

また、相手が返信しやすいタイミングで連絡することも重要です。毎回同じ時間に連絡することによって、相手もリズムを把握しやすいですし、関係が深くなってくると連絡を待ち遠しく思ってくれるかもしれません。逆に連絡がなければ、女性のほうからどうしたのかなと気にかけてくれる可能性も大いにあります。

連絡先を交換し、適度なリズムで交流を繰り返すことができればそれなりにお互いの感覚を知ることができると思います。連絡先を交換することができたから、すぐにデートに誘おうとするのではなく、腰を据えて落ち着いてお互いを知ることに力を注いでみてください。じっくりと向き合い会話を弾ませることで、お互いの距離感を縮めることができますし、心地良さを感じてくれればデートに誘った時にOKをもらえる確率も大きく向上します。初デートへのお誘いはタイミングがとても重要です。

誘う際に気を付けるポイント

相手とのコミュニケーションを重ねて、デートに誘う準備も整ってきました。それではデートに誘う時に気を付けるポイントと、実際にデートに誘う方法を見ていきましょう。
デートに誘う時に、ダイレクトに「今度デートしてください」と伝えるのはとても男らしくて良いと思います。最近の女性はストレートに言葉を伝えられることに素直に感動してくれる傾向にあります。よく外国人のストレートな求愛が良いという女性の意見をテレビなどでも目にします。

しかし、女性が思わずデートの誘いをOKしてしまう、または一度くらいはいいかなと思ってしまう誘い方も存在します。ストレートに告白すると、断られた時のダメージもやや大きくなりますので、そちらの方法もご紹介します。

実は「デートしてください」ではなく「おいしいパスタの店があるから行かない?」と言われる方が女性は誘いを受けやすくなるというデータがあります。その原因は“デート”という単語が入ってしまうといろいろなことをイメージしてしまい、身構えてしまうことがあるからです。デートとして誘ってしまうと、デートとして参加する必要がありますが、パスタのお店に誘うのであれば、パスタを食べに行きましょうという目的が存在するため、デートではなくパスタを楽しむという理由を与えることができ、相手も気兼ねなく了承してくれるようになります。

また、更に女性をデートの誘いに乗りやすくするために、実際のイメージを提供することも重要な要素になります。たとえば「パスタを食べに行かない?」と誘った後に実際のパスタの写真を送ることで、こんなにおいしそうなパスタなら…という考えにつなげることができます。言葉に具体的なイメージをつけることでより女性を行動に移しやすくすることができますので、食事に誘う時にはおいしそうな写真と一緒にメールをしてみましょう。そうすれば初デートのお誘いの成功率が更に上がるはずです。

また、心理的な効果を伴う誘い方として、ドア・イン・ザ・フェイスという方法があります。一度少しハードルの高い要求を相手にリクエストし、断られた後にもう一段階ハードルを下げた要求(こちらが本来の要求)を相手にリクエストする方法です。

あなた:「来週の日曜日、よければ遊園地に行かない?」 ※日曜日(翌日仕事)に遊園地という少しハードルが高めの要求

女性:「少し急がしくて、ちょっと無理かな…」

あなた「そっか、残念。じゃあ再来週の日曜日に、ランチでパスタでもどうかな?」 ※ランチ(昼過ぎには解散)でハードルを下げた要求

女性「日曜日にランチならいいかな」

最初の提案は、日曜日に遊園地という少々ハードルが高めの要求ですね。しかし2回目の提案はランチを一緒に食べるというハードルが低い要求に変更しています。本来は初デートですから、ランチに来てもらえるだけで大成功です。女性は男性側の譲歩を感じ、また自ら断ったことにも引け目を感じて無意識にOKする確率を上げてくれます。

誘いに乗ってくれた!当日までの準備

あなたの努力が実り、意中の女性が初デートの誘いに乗ってくれました!張り切ってデートプランを作成しましょう。朝から集合し、遊園地で楽しく遊び、夜には少し奮発して高めのディナーを食べる。プレゼントも持っていこうか…。

初デートでは少々、いえかなり重過ぎます。こういったデートプランはやめておきましょう。たくさんの努力を行い、せっかくつかんだ初デートの機会ですが、初デートだからこそ気負って背伸びするのだけはやめましょう。初デートだけで終わらせるより、これから何年・何十年と続いていく仲にできるほうがよっぽど良いです。

さて、初デートに誘う時は背伸びをして値段が高いお店や普段行くところよりも雰囲気の良いお店ではなく、自分が通い慣れているお店にしましょう。それが例え居酒屋でも構いません。普段行き慣れていない場所に行き、自分を良く見せようとして頑張った結果、思わぬ失敗をしてしまうということはよくあります。無理をして良い格好を見せたとして、万が一女性がその姿に惹かれたとしてもあなたはそれを続けることができますか?

やはり女性には無理をしている雰囲気が伝わりますし、それが居心地の良い空間になる可能性は限りなく低いです。背伸びをせずに行き慣れた場所・雰囲気のお店を使いリラックスして初デートのエスコートを行いましょう。そうすれば自然と会話も盛り上がります。

また、初デートではゆとりのあるプランが最適です。ついつい夜はディナーをと考えてしまうかもしれませんが、公園でのんびりとランチするデートプランでも良いのです。むしろそういったデートであなたの印象は強く焼き付けられるはずです。

また、初デートでは会話が続かずに沈黙してしまうこともありますので、定番のデートプランで考えた映画館や動物園など、比較的話題に事欠かないプランを選択しましょう。また、朝からデートをした場合でもお昼を食べて夕方あたりに解散する形にすれば女性の負担も少なくなりますし、夜にホテルに誘われるんじゃないかといった不安を最初からなくしてあげることができます。初デートでは特に女性が安心して楽しめることを念頭に準備を進めましょう。

デートプランが整ったならば、当日着ていく服装や持ち物をチェックしてみましょう。ハンカチは持っていますか?髪型はぼさぼさになっていませんか?飲み物をこぼしてしまった時に使うティッシュはありますか?

普段通りのあなたで挑むこともとても素敵ですが、普段と違うポイントを一つだけでも取り入れてみましょう。初デートには女性もしっかりと気を遣ってきてくれます。お化粧や髪型のセットなどは確実に男性よりも時間と手間、コストもかかっていますので、男性側もしっかりと、女性との時間のために頑張った成果を見せていきましょう。普段と違うポイントが一つでもあれば、それだけで女性はあなたの評価を一段階上げますし、それを嬉しく思ってくれることは間違いありません。

まとめ

今回は、男性がデートに誘う方法として、意中の女性の情報収集から自分自身の存在を認識してもらう方法、相手と連絡先を交換して初デートに誘い、初デートまでに何を準備すればいいのかを考えてきました。あなたが好きな女性はとても魅力的で、それゆえに連絡先を交換できた時、初デートに誘うことができた時はとても嬉しくなり、思わず勢いが出てしまうかと思います。

しかしそういった時こそ、相手を思った行動をとってみてください。女性は感情的になりやすい分、相手の感情を敏感に感じ取る本能を持っています。あなたの表情、しぐさ、行動のすみずみから人となりを感じ、また自分の経験からあなたを分析しています。そのような相手に、自分本位でぶつかってしまってはせっかくうまくいくものもダメになってしまいます。

あなたがかけた努力の時間、相手を想う気持ちは確実に女性へ伝わりますし、またそれが相手にとって心地良い時間と空間になっていきます。
あなたが幸せな関係を作り、またその関係が将来に永く続いていくことを願っています。