人間関係をうまく築く聞き上手な人間になる方法

人間関係をうまく築く聞き上手な人間になる方法

あなたが営業担当だとしたら、営業力を上げるためにまず何をしなければいけないでしょうか。もちろん売りたい商品のことを勉強し、メリット・デメリット、そのほかにも便利な使い方などを説明できるように理解する必要があります。

では営業技術としてはなにが一番重要なのでしょう。実は営業で最も重要なのは、立て板に水のように流暢に話すことではありません。顧客の言葉に耳を傾け聞くスキルです。

通販番組でよく見るプレゼンテーション技術は発表会のような場面では重要なスキルですが、あのようにすらすら話す人が営業であればむしろ嫌がられるかもしれません。

恋愛も同じです。話が面白い異性はたしかに一緒にいて楽しいと感じさせてくれるかもしれません。しかし、その人が好きになるとは限りません。むしろ、どちらかといえば信用できないように感じる人のほうが多いでしょう。

相手の心をつかみたいのであれば、聞き上手になることです。人は自分の話を真剣に聞いてくれる人を信用します。異性からモテたい、相手から信用されたいと思うのであれば、聞き上手になるのが一番なのです。

「聞き上手」ってどんな人?

それではここから聞き上手な人とはどのような人かを考えていきます。それを理解するためには、聞き上手と正反対の人を分析するのが最も簡単です。世の中には話をしにくい人もたくさんいると思いますので、そのような話をしにくい人の特徴を考えてみましょう。

話をしにくいのはどういう人?

話をしやすい相手と話しにくい相手がいることは誰もが感じていることではないでしょうか。ほとんどの場合、相手も特に意識をしているわけではないでしょう。話す側もなぜその人は話しにくいのかというようなことはよく分からないままで、一種の苦手意識のようなものを抱くのが一般的です。

そこでまずはどのような場面で、この人は話がしにくい相手だと思うのかを列挙してみましょう。

・腕組みをしてふんぞり返っている
・自分の方を向いてくれず、何か別のものに視線を向けている
・スマホや時計をチラチラ見ながら話を聞いている
・こちらの話の切れ間に、相槌を打ってくれない
・終始無言で、自分の話を聞いているのかどうかよく分からない
・話を途中で遮る
・自分が話していることと無関係の質問をしてくる

このような相手は話しにくい人と言うことができるでしょう。仕事上の報告であれ、個人的な相談であれ、話していて居心地が悪く、話しながら不安にさせられるタイプの相手です。話し相手にしたくないタイプということもできるでしょう。デートの場合も同じで、もし相手が上に列挙したような態度をとったら、自分は相手にされていないのかと思ってしまい、興ざめです。相手に対しての気持ちも硬化してしまうに違いありません。

聞き上手ってどんな人?

このような「話をしにくい人」にはどのような問題があるのかお分かりでしょうか。大雑把に言って、相手の話に関心を持っていないような態度に問題があるのです。自分の話に関心がなさそうな人に対して、一生懸命真面目に話せる人はいません。たいていの人は聞き手の無関心さを目にすると、それ以上話をするのは止めたほうが良いのではないかという気になるものです。

話しにくい人と聞き上手との差は、話し手に対する態度の違いです。

聞き上手とは、話し手が話しやすいように、自分がちゃんと話を聞いているということを伝えることができる人のことを言います。話し手も、自分の話を興味を持って聞いてくれる人になら、楽しく話すことができますし、また興味を持って聞いてくれる人に好感を抱きます。

もちろん聞き上手になるには、それなりのテクニックも必要ですが、まず最初に重要なのは相手の話を楽しそうに聞いているということを示す態度です。

聞き手が適切に相槌を打ったり、的を射た質問をしてくると、話し手は話がしやすくなります。このように話し手の話を遮らずに、話させる技術を持つ人が聞き上手と言われるわけです。聞き上手になるためには、ただ話を聞くだけではなく、話をちゃんと聞いているということを、それとなく話し手に伝える技術を持っていなければなりません。

聞き上手な人が得られるメリット

聞き上手になるためのテクニックについては後ほど紹介しますので、聞き上手にはどのようなメリットがあるのかを先に見ていきましょう。次のようなことが考えられます。

・話し手から好意を持ってもらえる
・話し手との人間関係が向上する
・知識や情報が手に入る
・集中力が高まる
・コミュニケーション能力が高まる

といった事柄です。それではそれぞれのメリットについて見ていきましょう。

話し手から好意を持ってもらえる

まずとても重要なことは、聞き上手は話し手の好感度が高いということです。相手が話を聞いてくれる態度を見せると、話し手は一種の承認欲求を満たすことができ、それと同時にその欲求を満たしてくれた聞き手に好感を持ちます。自分が何か重要な人物になったような気持ちにしてくれるということです。

また、個人的な話を一生懸命聞いてくれる相手には、自分の秘密をシェアしたような気持ちになり親しみを持つようになります。

話し手との人間関係向上

話し手が上手く説明できないようなところで、聞き上手の人は話を補ったり説明を加えることができます。このことで話し手はいっそう聞き手のことが好きになります。自分の話が理解されていることを確認できた話し手はとても幸せな気分になり、聞き手に対していっそう心を開きます。聞き上手は話し手から頼りにされる存在になるというメリットがあります。

知識や情報の入手

人は誰でも秘密、あまり他人には言わない知識やノウハウを持っています。しかし一方で、そのような知識やノウハウを持っている人は、それを人に話したくてしかたないのです。一見矛盾しているようですが、実際にそのような願いを持っているものです。

もしこうした秘密を明かすことがあるとしたら、それは聞き上手に対してだけでしょう。自分の話を理解して喜んでくれそうな人にだけは話してしまう可能性があるからです。つまり逆を言えば、聞き上手でなければ教えてもらうことができないような秘密が世の中にはたくさんあるということです。秘密の知識や情報を入手できる可能性があることが聞き上手のメリットの一つです。

集中力が高まる

聞き上手になるメリットの一つとして、副産物的なものではありますが、集中力の向上を挙げることができます。人の話をよく聞くことは、簡単にできることではありません。

よどみなく論理的に話す人は世の中にほとんどいないので、聞く側もつねに相手の言いたいことを考えながら話を聞かなければなりません。そしてそれを実践するにはかなりの集中力が必要になります。ちなみに話すのと聞くのを比較した場合、聞くほうが何倍ものエネルギーが必要になると言われています。よって、聞き上手になろうと努力すれば、その過程で必ず集中力が鍛えられていきます。

コミュニケーション能力が高まる

聞き上手であるという時点ですでに高いコミュニケーション能力を持った人であると言えます。聞き上手な人は話しやすい相手なので周りに人が集まり、さらにコミュニケーション能力を磨く機会に恵まれます。結果的に社会の中で一定の地位を築けます。

また聞き上手になれば、必然的に話も上手くなるというメリットがあります。相手が何を望んでいるか分かっているので、その要望に即した話ができるようになります。
このように聞き上手になることは人間関係の中で生きている現代人にとってはとても重要なスキルなのです。

聞き上手になるためには?

それではこれから聞き上手になるための方法とそのポイントについて紹介していきたいと思います。その方法は次のようなものです。

・適度に相槌を打ったり、頷いたりする
・話し手の表情や雰囲気を読み取る
・相手が言わんとすることをときどき確認する
・話し手が前向きな気持ちになるようにリードする

これらは、すべて話し手が「自分は正しい」と確認するための手続きになります。自分の言葉が相手に理解され、その上で間違っていないと後押しされるようなとき、話し手は安心します。このような気分にさせてあげるのが聞き上手です。それでは具体的に確認してみましょう。

相槌を打ったり頷く

相槌があると話し手は話しやすくなります。適度な相槌が話のリズムを形成します。「うん、うん」といったものから、「それでどうなったの」といったようなものまで、いろいろな相槌がありますが、適切な内容の相槌を打てるのが聞き上手です。

例えば、話し手自身が驚いたという内容の話をしているのであれば、「へー」と一緒に驚くのが基本です。よく話を聞いて、その内容と話し手が伝えたい気分に沿った相槌を打たなければなりません。

話の切れ目では大きく頷いたり、共感する言葉を掛けてあげることができます。文脈にもよりますが、「なるほど、そうだよね」といったような言葉や、「そのとおりだよ」といった言葉が当てはまることが多いでしょう。

話し手は話の最中にコメントや意見を求めることはありません。求めるものは共感です。共感していることを表す言葉を掛けるのが聞き上手のやり方です。

話し手の表情を読み取る

話し手は話しながら、口にしないいろいろなことを思い出し、様々なことを考えています。また言葉にしたことに対して、何らかの感情や価値観を抱いていることもあります。それは話し手の表情に必ず現れるものです。聞き上手になるには、その表情の変化を読み取れるようになる必要があります。

ときどき確認する

相槌を打ちながら聞いてくれたとしても、話し手はときに自分の話が伝わっているのか不安に思うことがあります。また、聞く側からしても話し手が何を言おうとしているのか分かりかねることがあります。

そのような場合は意味を確認したほうが良いでしょう。ただし、確認する場合も次のような点には注意しなければなりません。つまり、「ここまでの話は分かったが、今の言葉はどういう意味か分からなかったので説明してほしい」というニュアンスで聞くことです。

ポイントは「ここまでの話は理解している」ということを話し手に伝えることです。そこが上手く伝われば、話し手は安心して説明してくれるでしょう。
多くの場合、質問は相槌と同じものです。話し手に「理解しているよ」と伝えることが目的になります。

前向きな気持ちにさせる

話し手がどのような話をしたにしても、話し手の気持ちを前向きにすることは重要なことです。そのことで、話し手は話をして良かったという気持ちになります。これができるのが聞き上手です。

話し手を前向きな気持ちにさせるのは、共感とねぎらい、それにポジティブな言葉です。明日からまたがんばろう、改めて挑戦してみよう、もう少しだけ様子を見よう、といった方向に話を持っていけるのが聞き上手のテクニックと言えるでしょう。

聞き上手な人の特徴:言語編

聞き上手になるには具体的にどのようなテクニックを身につける必要があるかについて紹介します。

・楽しそうに聞く
・相手の話を否定しない
・自分の話を持ち出さない
・オウム返しを有効に用いる

このようなテクニックが効果的ですので、一つずつ説明していきます。

楽しそうに聞く

話し手と聞き手の関係にもよりますが、聞き上手になるには話し手が楽しく語れるような雰囲気を作らなければなりません。そしてそのためには聞き手が話を楽しんでいるというふりをしなければなりません。

相手がつまらなそうに自分の話を聞いているとき、人は不快感や居心地の悪さを感じて、本心を隠します。本心を隠した言葉からは、表面的な情報しか得ることができません。そのような会話は話す側にとっても聞く側にとっても、時間の無駄です。

会話を有意義なものにするには、聞き上手になって話し手の本心を引き出す必要があります。相手の話にとても関心があるということを示すために、少し話し手のほうに身を乗り出してみましょう。そして、必要なときは大きく頷きましょう。

これで話し手はリラックスするとともに、話をすることが楽しくなり、本心で語り始めることでしょう。

意見したり否定したりしない

誰もがそれぞれ固有の価値観や発想、感じ方を持っています。しかし、話を聞く立場であれば、自身の意見や立場を主張しないことが肝要です。はっきりと意見を求められた場合なら別ですが、そうでない場合、話し手の感想や言い分を受け入れるのが聞き上手になるポイントです。

議論そのものが目的である話し合いと違って、おもに一方が語り、他方が聞く場面では、聞くことに徹するほうが良いでしょう。個人的な意見やコメントを述べるのは、話が全部終わってからでも遅くはありません。

ほぼ間違いなく、話をする側の人は最初に状況を知ってもらいたいはずです。途中でいろいろ意見されると、気が散るだけでなくイライラします。また自分が否定されたような気持ちになることもあるでしょう。

まして、話の途中で話し手の言葉を否定的にとらえて批判することは、聞き上手のすることではありません。聞き上手となるには、まず相手が思いの丈を気持ちよく話せるような環境づくりをしましょう。

自分の話を持ち出さない

話し手が言いたいと思っていることをすべて言わせるのが聞き上手です。聞き上手になりたいのであれば、話題を混ぜ返すようなことは控えるべきです。相手の話を継いで、自分のことを話し始めるのは良くありません。相手は話の腰を折られたような気持ちになります。

上手く話をつないで、最終的には元の位置に話を戻せるならば良いのですが、一般的にはそれができる人は多くありません。話し手の話を遮るような話題を持ち出すのはやめたほうが良いでしょう。

オウム返しの威力

オウム返しはご存知の通り、相手の言葉をそのまま繰り返すことです。オウム返しをすると相手はとても話しやすくなります。

「xxについてだけど」
「うん、xxね」

このような会話は一見ただのオウム返しですが、これは多用しない限り、相手の話を前に進める潤滑油になります。話し手は相手が自分の話を聞いてくれていると思えるからです。

聞き上手な人の特徴:非言語編

聞き上手になるには、言語上のテクニック以外にもいくつかのポイントに留意しなければなりません。ここでは言葉以外の面でどのような点に注意する必要があるかについて紹介していきたいと思います。

話し手を見る

まず話し手を安心させるために、話し手のほうを向いて話を聞くことが大切です。話をする人は、相手に向かって相手の目を見ながら話す人もいれば、何かを見るというでもなく、どこか別のほうを向いて話す人もいます。しかし、それでも、たいていはときどき聞き手のほうに目をやります。

いずれの場合でも、話し手の話を真剣に聞いているという態度を示すのが聞き上手です。すなわち目を見ながら、あるいは話し手が動かす手元を見ながら話を聞きます。

あまりじっと目を見られると、威圧的に感じて話しにくいと感じる人もいますので、必ずしも話し手の目を見ることが一番良いとは言えません。しかし、話し手のほうに体を向け、話し手のほうを見る必要はあります。

メモをとる

相手の目の前でメモをとるというテクニックがあります。話の内容にもよりますが、話を真剣に聞いているというアピールになります。職場では特にメモをとるのが当たり前という環境もあるでしょう。メモをとることは、話し手に「話をきちんと聞いている」という印象を与えることができます。

頷く

相槌と頷きは聞き上手の特徴だと説明しました。相槌の打ち方については具体的に解説しましたが、ここでは頷き方について具体的に見ていきましょう。

頷くとは頭を上下に動かして、同意を示すことです。しかし、頷き方で多様な同意のニュアンスを示すことができます。

ゆっくり大きく頷けば、「なるほど、そういうことですね」といった内容を表すことができますし、小さく頷けば、「もちろん、そのとおりです」といった意味合いになることが多いでしょう。一度頷きかけて止めてから、再び大きく頷けば、「ああそうか、そうですね」のような理解している姿勢を示すことができます。

このような動きを話し手は瞬時に見て取ります。そして、その頷き具合を見ながら、自分の話が理解されているかどうかを判断します。聞き上手な人はこの頷きを有効に利用して、「話はちゃんと聞いている」と話し手にアピールするのです。

表情を変える

さらに言葉以外の伝達手段として顔の表情が考えられます。目と口元、それに首の動かし方で、話を聞いた感想を話し手にフィードバックすることができます。驚いた表情、同意する表情、共感を示す表情を作ると、それはそのまま話し手に伝わります。基本的には話し手が求める表情を作ることが望ましいでしょう。

なぜなら、その表情のフィードバックで、話し手は自分が話している内容が正確に伝わっていることを確認するからです。

表情を作るのは、まさにテクニック、表面的な行為だと思う向きもあるでしょう。しかし、話の内容が理解できていることを伝える基本的なテクニックです。話し手が不安にならないよう、気を遣うのが聞き上手です。

一番大事なのは心構え

ここまで聞き上手になるための考え方やテクニックを紹介してきました。今まで何度も述べたように、聞き上手な人とは話す相手が心を開いて話せるように心配りできる人です。ここで改めて、聞き上手になるための心構えについて説明したいと思います。

それは一言で言えば話し手をリスペクトすることです。これが基本的な心構えです。それでは聞き上手のリスペクトとは一体どのようなものかについて説明していきます。

他人は他人だからリスペクト

基本的に他人は、自分とは違う別の人格です。自分とは違う考えを持っています。感じ方も違うでしょう。他人をリスペクトするということは、まず他人が自分とは違うということを認めることです。自分とは違うけれども、同じ人間として尊重すること、それが現代の自由の発想です。あるいは現代社会の根本的な原理と言って良いでしょう。

この原理を普段の生活に取り入れれば、あなたは聞き上手になれます。具体的には、どのような話であれ興味を持って最後まで人の話を聞くことです。それが、他人を他人として認めることです。そしてその精神こそ聞き上手が持つべきものなのです。

一見めちゃくちゃなことを言っているような人の話でも、最後まで聞かないと、その人が何を言いたいのか分かりません。支離滅裂な話をしているような場合でも、途中で遮ってしまうことは、相手の人格を否定することとなんら変わりありません。

なぜなら、そのような言葉の裏側には、隠された感情やできごと、トラウマや思い出があるかもしれないのに、その存在を抹殺してしまっているからです。

聞き上手になりたいのであれば、相手がどんな話をしたとしても、最後まで面白そうに話を聞くことです。話の内容の評価は、そのあとで行えば良いことです。最初はあまり面白くないと思った話でも、興味を持って話を聞けば、話し手がどんな感情でなぜそのようなことを言うのかが分かってきます。

相手の話の裏にあるできごとや感情を理解できるのが聞き上手です。このような聞き上手になるために必要な心構えは、相手の話に興味を持つことです。相手の話に興味を持つことは場合によっては少し難易度が高いことかも知れません。しかし、繰り返しますが、相手をリスペクトする心構えというのは、そういったことを意味します。

また、話し手をリスペクトするということは次のような心構えも含みます。

話し手の感情を思いやる

話し手は良い聞き手の前で心を開き、すべてを話そうとします。よい聞き手、すなわち聞き上手であるためには、話し手の感情を傷つけるようなことはしません。相手の話を先回りしたり、話の内容に否定的なコメントをしたりはしません。相手の気持ちを思いやるのが聞き上手の人の心構えです。

聞いた話をよそで話さない

また、話し手は聞き上手のあなたを信用して話したのです。そこで聞いたことを第三者に話すことは、話し手の感情を傷つけ、あなたの信用をも傷つける行為です。決して口外すべきではないという心構えを持つ必要があります。

まとめ

ここまで聞き上手について、そのメリットや心構えを説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。聞き上手な人は社会の中で信用され、個人的にも多くの人から好かれます。聞き上手になるのは言葉で言うほど簡単ではありませんが、心がけ次第で誰でも聞き上手な人になれます。

相手を理解しようとする意思と、相手を思いやる心構えがあれば、あとは実践での訓練あるのみです。自分がされて嫌なことは誰もが嫌なことであると肝に銘じて、真摯な態度で忍耐強く話し手と接することができればほぼ成功です。

まずは話しやすいと言ってもらえる人になることを目指して、相手に話させる技術を磨くのも良いでしょう。忍耐強く最後まで人の話を聞くのは、少し訓練が必要になるに違いありません。

それでも、聞き上手になった自分を想像してみてください。周りの人から信頼される自分の姿を心に描いてみてください。聞き上手な人が得られるメリットのことを考えれば、訓練する価値は十分にあります。ぜひ聞き上手を目指してみてください。