恋愛に臆病な人は必見!自分からアプローチする方法

恋愛に臆病な人は必見!自分からアプローチする方法

大好きな異性を見つけて何とか恋人になってほしいと思った時、まずしなければならないのはアプローチすることです。好きな人を相手に色々と恋の駆け引きを仕掛けるのは恥ずかしさもありますが、自分を異性として気にかけてもらうためには避けて通れない道です。

何もせずに見つめているだけでは、恋は実りません。ただ、アプローチと簡単に言うものの、実際にはどんな風に行動を起こせばよいのか分からないという人も多いはずです。

見当違いのアプローチをしてしまえば、好きになってもらえるどころか逆に引かれてしまう可能性もあるので、よほど恋愛経験豊富な人以外は慎重にアプローチ方法を見極める必要があります。

アプローチ次第で恋愛の結果が左右されると言っても過言ではないので、具体的かつ効果的なアプローチ方法を数多く知っておくことが重要です。それと同時に、相手に引かれてしまう逆効果な方法や注意点などもしっかりと理解し、間違えないように実践していきましょう。

待ちの姿勢では何も始まらない

草食系男子などという言葉があるように、恋愛に対して憶病で消極的な人が増えています。何と20代以上の独身者のうち、70%近くもの人が恋人がいないフリーの状態です。若いうちは関係ない話だと思っていても、年齢を重ねていくにつれてこの状況は重くのしかかって来るでしょう。

せっかく好きな人が見つかっても、お互いに待っているだけでは何も始まりません。時間を無駄に浪費してしまうばかりか、他の異性に好きな人をとられてしまうこともあるでしょう。そうならないように、自分から積極的にアプローチすることが重要なのです。まずアプローチすることでどんなメリットがあるのかを知り、心構えをしておきましょう。

好きな人に自分を意識してもらえる

これは言うまでもないことですが、アプローチすることで好きな人に自分という異性がいることを認識してもらえます。アプローチするということは相手に好意を持っていると示すことになるので、相手は自分の好意に気付いてくれます。

全く見ず知らずの人でもない限り、自分のことを好きでいてくれる相手に嫌な気持ちを抱く人はあまりいません。それどころか、自分を好きでいてくれる異性に対して興味を持ち始め、恋愛対象として意識してくれる可能性が高いです。

人間は誰しも、好意を持たれると相手へも好意を抱きやすいという性質を持っています。このため、相手に伝わりやすいアプローチをすることで自分のことも好きになってもらえる可能性が一気に高まると言えます。

恋のライバルに勝てる

恋愛する時は気持ちが非常に重要なのは言うまでもありませんが、実は時間やスピードもかなり大切です。相手のことを好きなのは自分だけとは限らず、魅力的な異性であればあるほど恋のライバルも増えていきます。

恥ずかしいからと言って見ているだけではライバルに勝つことはできないので、ライバルが行動を起こすより先に相手の気持ちを自分に近づけておくことが重要です。また、分かりやすいアプローチをすることで、好きな人の周囲にいる恋のライバルに自分の存在をアピールすることもできます。

いざこざが苦手な人だと、こんなにアプローチする人がいるなら諦めようと、好きな人から離れていってくれる可能性もあります。アプローチすることで好きな人を意識させるだけでなく、ライバルを遠ざけることもできるので一石二鳥です。

好きな人も自分を好きだった場合はすぐに付き合える

ある程度仲が深まっている場合、好きな人も既に自分のことを好きになっている可能性もあります。意を決してアプローチすることで相手が自信を持ち、向こうから告白してくれることもあるでしょう。

お互い好きなのに様子見をしていたり告白してもOKされる自信がないと、なかなか告白に踏み出せないものです。逆にアプローチすることによって相手も自分が好きなんだと確信できれば、すぐさま相手から告白してもらえます。

自分から告白する勇気がない場合にも便利なので、積極的に行動してみましょう。” なぜアプローチできないのか? “アプローチは好きな人に自分の気持ちを暗に伝えるということであり、いざ実行するとなると恥ずかしい思いをすることもあります。

恥ずかしいだけでなく緊張も伴うので、相手との関係性によっては緊張のあまりうまく体が動かないという人もいるでしょう。このようにいざとなるとアプローチできなくなってしまうのには、それなりの理由が考えられます。

理由を認識して解消することでプレッシャーが減り、実行できるようになる可能性も高いので、よくある理由を知っておきましょう。

経験が少ない

これまであまり人を好きにならなかったり、恋愛自体をしたことがないような場合、経験値が非常に低いので色々な面で自信を持つことができません。好きな相手とどうやって接するのが正しいのか、どうすれば自分のことを好きになってくれるのか、どんな注意点があるのかすら分からずに悩んでしまいます。

見当違いのことをしてしまったらどうしよう、嫌われてしまうかもと余計なことを色々と考え、思考の泥沼にはまってしまうのです。しかし、どんなに恋愛経験豊富でモテまくっている人でも、必ず最初は初心者だったはずです。

そこからどんどん経験を積んで正解を知り、積極的に行動できるようになってやっとモテるようになったのです。だから、恋愛経験が少ないことを引け目に感じる必要はありません。不器用でも不正解でも良いので、とにかく積極的に気持ちをアピールすることが大切です。

何度もアプローチしていれば、相手も次第に自分のことを意識して心を開いてくれるでしょう。何もせずに待っていても良いことはないので、恋愛経験が乏しいのであれば積極的な行動でカバーするべきです。

自信が持てない

相手が自分を好きになってくれるはずがない、どうせ自分が告白しても振られるに決まっていると思い込んで、せっかく見つけた好きな人から離れてしまう人もいます。これは自分に自信を持てないためにアプローチできない人の典型で、遠くから好きな人を眺めているだけで終わってしまうパターンです。

確かに自信がないとアプローチする勇気も持てないため、このような場合は何か一つでも良いので特技や趣味を見つけましょう。好きなことを極めれば、それが大きな自信になります。特技や趣味の世界で仲間が増えたり新しく好きな人ができるなど他のメリットも多いので、まずは興味を持てるものや得意なものを見つけることから始めましょう。

昔の恋愛で失敗した

昔好きな人に告白して振られたり、浮気をされて振られたなど恋愛に苦い思い出のある人は、それがトラウマとなって次の恋愛に積極的になれないことが多くあります。気になる人ができても昔のトラウマが至るところで頭をよぎり、最終的にプレッシャーに負けてアプローチを諦めてしまうのです。

過去はあくまでも過去であり、今好きな人とは違います。どうしてもトラウマが怖い場合は、友人に相談したり、インターネットで誰かに聞いてみましょう。他人に話してアドバイスをもらうことでトラウマを解決し、新しい恋に進める可能性もあります。

自分からアプローチする際のテクニック:対男性編

ひと口にアプローチと言っても、性別によって効果的な方法は異なるという注意点を知っておくことが大切です。男性の場合は、女性よりも視覚的、言語的にダイレクトで分かりやすいアプローチ方法が有効です。男性は脳科学や心理学的に見ても、隠された本心を察するということが苦手なので、とにかく分かりやすく伝わりやすいアプローチをすることが欠かせません。

とにかく行動を褒めよう

男性は本能的に群れのリーダーであろうとする気持ちが強いため、女性といる時も何かと頼りにされると満足感を得やすいです。ちょっとしたことですが、男性がデートの行き先を決めてくれたりドアを開けてくれるなど、女性をリードする行動が見られた時は必ず男性を褒めるようにしましょう。

頼りがいがあると褒められることは、男性にとって至上の喜びです。しかも男性は直接的な賞賛を最も喜ぶので、遠まわしに褒めるのではなくこういったところが凄いね、偉いねなどと具体的に褒めてあげましょう。

グループの中で彼にだけ頼ろう

友人同士などで遊んでいる時、他に男性陣がいても好きな男性にだけ頼るのがお勧めです。頼りにされて喜びを感じるのは男性の本能で、他にも男性がいるのに自分を一番に頼ってくれたとなれば喜びもひとしおです。

気になる男性とグループで遊ぶ時には、決して八方美人に全ての男性に良い顔をするのではなく、好きな人にだけ特別感を醸し出すことが大切です。こうすることで、男性も自分だけを頼りにしてくれる女性を特別な存在として意識しやすくなります。

食事に誘おう

二人だけの食事に誘うのも、非常に分かりやすいアプローチとなるので男性に意識されやすくなります。それ以外にも、二人きりなら他の人に会話を邪魔されることもなく、お互いの話を存分にすることができます。

既に仲良くなっている場合は良いのですが、まだあまり仲が深まっていない時期ならなおさら、二人きりの時間を作ることが重要です。昨今は草食系と言われる大人しい男性も増えているため、女性から積極的に食事に誘うだけでも非常に喜ばれます。

会っている間は常に笑顔

自分と会っている間、にこにこと楽しそうな笑顔を絶やさない女性を嫌う男性はいません。笑顔でいるということは、男性との時間を心から楽しんでいるとアピールしていることになります。社交的な男性ではない場合、女性が自分との会話を楽しんでいるか自信を持てない男性も多いです。

そんな時に常に笑顔で明るい様子を見せてくれると、男性は大いに安心しますし、女性に対して好印象を持ちます。聞き上手で明るい女性は男性から好かれやすいので、アプローチとしては非常に効果的です。

ボディタッチも忘れずに

女性が男性からボディタッチを受けると一瞬戸惑ってしまいますが、男性が女性から身体を触られて嫌な気がすることはほとんどありません。女性は決して好きでもない相手にボディタッチはしないので、腕や手、足などに触れるというのは非常に分かりやすい好意のアピールとなります。

もちろん触り過ぎると引かれてしまうので、頻度は少なめに、軽くタッチするくらいに留めておきましょう。

自分からアプローチする際のテクニック:対女性編

女性の場合は男性と違い、気持ちをダイレクトに表現することは少ないです。直接言葉で表現するよりも行動などで表現することが得意なので、男性から女性へのアプローチも何となく察することができるスタンスが好まれます。

ダイレクトに言葉で好きと言ったりすると、嘘くさく感じられたりキザだと引かれてしまうこともあるので、さりげない言動にすることがポイントです。

外見を褒める

女性は男性以上に外見に気を遣い、より美しく見えるようにメイクやファッションを頑張っています。このため、気になる女性へのアプローチとしてはまず外見を褒めることが欠かせません。

ただ、顔が可愛いなど容姿を直接褒めるのはあまりお勧めしません。これでは軽い男性のように思われてしまいますし、明らかに嘘っぽいと思われることもあります。それよりも、ネイルが綺麗だね、姿勢が綺麗だね、テーブルマナーがとても上手だねというように、単なる外見ではないポイントを褒めてあげた方がずっと喜ばれます。

本人すら気付いていないようなところを褒めると、この人は自分のことをよく見てくれている、他の男性とは違うと良い印象を持ってもらえます。同じようにファッションについても、毎回忘れずに褒めておきましょう。女性は外出する時のファッションに気を遣うことが多く、おかしな恰好をしていないか常に気にしています。

コーディネートやアクセサリーなど何でも良いので、ファッションについても褒めることで安心感を与え、女性の気分を良くしてあげることができます。常に褒めて自信を持たせてくれる男性を嫌う女性はいないので、アプローチとしてはとても効果的です。

お姫様扱いをする

女性は誰でも特別扱いされたいという願望があり、実際に自分だけ特別なことをされると感動して一気に意識してもらえます。例えば友達グループの中で自分だけ誕生日プレゼントをもらったり食事を奢ってもらうなど、他の女性とは違うことをされていると感じると男性からの好意に気付き、意識するようになります。

他の女性には内緒だよ、などと特別感を演出する言葉を添えたりすれば、ヒミツを共有しているドキドキ感も相まって一気に距離が縮まるでしょう。ただ、職場や友達グループの中であからさまに特別扱いをすると周囲と険悪になることもあり、好きな女性にかえって迷惑をかけてしまうこともあるので注意点として気を付けておきましょう。

こまめに連絡を入れる

アプローチの基本は、こまめな連絡です。男性は女性よりも連絡することに無頓着な面があり、平気で何日も放っておくことがあります。もちろんこれはNG行動で、どんなに忙しくても連絡を怠ることは厳禁です。

女性は常に連絡を取っていないと不安になる傾向が強く、自分が送ったメッセージなどにすぐ返信してもらえると大切にされていると喜びを感じます。おはよう、おやすみなどちょっとした挨拶でも良いので、こまめに連絡して自分の存在をアピールしましょう。

アプローチの注意点は…?

好きな人ができたら、とにかくアプローチしなければと突っ走ってしまう人もいます。積極的な行動は確かに大切なのですが、注意点もいくつかあります。注意点をしっかり把握して行動をセーブしておかないと、女性から一気に嫌われて告白どころではなくなってしまうこともあるので、アプローチする場合は参考にしてみてください。

やり過ぎには注意

いくら積極的なのが良いとは言っても、やり過ぎるのは逆効果です。どんなに嬉しいことでも、やり過ぎれば鬱陶しくなることもあります。例えば、自分を意識してもらおうとして毎日何十件もメッセージなどを送信したり電話をかけたりすれば、相手はそれをプレッシャーに感じてしまいます。

返事がなかなか返ってこなくなり、最終的にはSNSをブロックされるなんてこともあるでしょう。どんなに効果の高いアプローチ方法でも、過剰になれば逆効果になってしまいます。相手に迷惑と思われないよう、社会通念上常識と考えられる範囲に留めることが大切です。

オリジナリティを追求しない

使い古されたアプローチ方法ではインパクトがないだろうと、奇抜なアプローチをしてしまう人もいます。他の恋のライバルと差をつけるためにもオリジナリティの高いアプローチが有効なこともありますが、例えば耳たぶを褒めたり足の指を褒めたりしても、あまり喜ばれないでしょう。

むしろちょっとおかしな人だと引かれてしまうはずです。それよりも定番でも良いので目や肌が綺麗だと褒められた方がずっと嬉しいものです。奇抜さよりも確実さを狙った方が成功しやすいですし、ムードや環境を変えれば定番が特別になることもあります。

大切なのはオリジナリティではなく相手が喜ぶかどうかなので、独りよがりにならないように注意しておきましょう。

二人きりになるときの注意点

好きな相手と二人きりになるというのは、効果的なアプローチをする上では大チャンスです。その一方で、二人きりの時におかしな言動をしてしまって失敗すれば、それっきりサヨナラになってしまうリスクもあります。まず二人きりでどこかに出かけられたという時点で、相手は自分に対して少なからず好意を持っていることになります。

二人きりになれたからと言って、最初のデートで焦っておかしなアプローチをするのではなく、時間をかけて落ち着いたアプローチをすることが大切です。張り切り過ぎてデートの計画をみっちり立ててしまい、相手が疲れているのにも気付かず連れ回したり、計画通りに進まなかったからと言ってイライラしたりするのは絶対に止めましょう。

好きな人のために頑張ったはずなのに、実は自己満足になっていたということも珍しくありません。二人きりになれる時は自分がやりたいことを押し付けるのではなく、まず相手がどうしたいか、何を望んでいるかを見極めて行動することが大切です。もちろん全てを相手任せにすると、面倒臭く感じられて嫌われてしまうので注意しましょう。

相手をよく観察&アプローチして、両思いになりましょう!

好きな人に自分を意識してもらう効果的なアプローチをするためには、相手をよく観察することが欠かせません。相手を観察することで、相手がどんなことに喜ぶか、どんな言動が最も効果的かを知ることができます。

観察がしっかりできていないと、見当違いのアプローチをしてしまって大失敗してしまうこともあるでしょう。観察に役立つ方法がいくつかあるので、参考にしてみましょう。

ミラーリング効果を利用する

私たち人間は、相手との共通点が多ければ多いほど親近感を抱き、好印象を持ちやすいという性質があります。これをミラーリング効果と言い、恋愛の場合は好きな人の癖や仕草を真似することで相手が無意識に自分に好印象を持ち、意識してくれるという効果があります。

言葉だけ聞くと難しそうですが複雑に考える必要はなく、単純に好きな相手と同じような言動をすれば良いだけです。例えば、話している時に相手が手を叩きながら笑ったら自分も同じタイミングで手を叩いて笑う、口調の一部分だけを真似るなど簡単なもので構いません。

相手が怒っている時は一緒に怒り、喜んでいる時には一緒に嬉しそうにするなど、相手の感情に同調するのも効果的です。さらに、相手の趣味や習い事などに興味を示すのも良いでしょう。

同じ物事に同じように興味を持つというのも立派なミラーリングで、趣味を通じて一緒にいる時間を増やせるというメリットもあります。ただ、ミラーリングをする場合は注意点もあります。

あまり露骨に真似し過ぎるとさすがに相手に気付かれてしまい、真似ばかりする鬱陶しい人だと嫌われてしまうでしょう。あくまでもさり気なく、気付かれない範囲で実行することが重要です。

一緒の時間を過ごす

好きな人へアプローチするには、当然ですが二人で一緒にいる時間をたくさん設ける必要があります。相手の喜ぶことをじっくり観察するのにも、それを実行するのにも一緒の場所にいる必要があり、なかなか会えない相手とは距離を縮めるのにも時間がかかってしまいます。

心理学にザイオンス効果というものがあるのですが、これは繰り返し同じものを目にしたり接触したりしていると、その対象に好感を得やすいというものです。

恋愛でも同じことが言え、好きな人と同じ時間帯に通勤通学するようにしたり、飲み会に参加する、相手が通っている習い事に自分も行ってみるなど一緒の時間を多くすれば、それだけ相手に好印象を持ってもらえる可能性が高まります。

ある程度仲が良い場合は、そこでじっくり観察したり会話から有効なアプローチ方法を探ったりできますし、まだろくに言葉を交わしたことのない相手でも、とにかく相手に自分の姿を印象付けることができます。

一緒に過ごす時間が長くなれば自然と会話を交わす機会も増え、アプローチ方法やチャンスもグッと増えるでしょう。いずれも両想いになるために非常に効果的なので、恥ずかしがることなく一緒に過ごせる時間を見つけていきましょう。

まとめ

好きな人ができると、遠くからその姿を見ているだけでもドキドキして楽しいものです。しかし、いつまでも好きな人を眺めているだけでは恋愛が成就しません。恋人同士になりたいなら、好きな人に対して自分から積極的にアプローチしていくことが欠かせません。まずは相手に対して恥ずかしがることなく堂々とアプローチできる勇気を身につけ、様々なアプローチ方法を実践していく必要があります。

その際の注意点として、自分の気持ちを押し付ける強引なアプローチは厳禁ということが挙げられます。独りよがりなアプローチは単なる自己満足でしかなく、それを押し通しても成功する可能性は非常に低いです。まずは好きな相手をじっくりと観察してどんなタイプかを見極め、アプローチの内容を慎重に決めていくことが大切です。注意点を理解した上で効果的な言動をしていけば、好きな相手も次第に自分のことを恋愛対象として意識してくれるようになるでしょう。