変な緊張は禁物!好きな人の前で緊張しない方法とは?

変な緊張は禁物!好きな人の前で緊張しない方法とは?

好きな人を目の前にすると、蛇ににらまれた蛙のようにく身動きが取れなくなる場合がありますよね。緊張で汗をかいたり、手が震えたりと普段の自分ではないようで歯がゆい思いをします。好きな人への感情が邪魔をして格好悪い自分の姿にがっかりすることもあるでしょう。好きな人には、できれば良い自分をアピールしたいものです。しかし、なかなか自分の思いとは裏腹に行動が伴わないのも事実です。

では、好きな人の前でも緊張しないようにするにはどうしたらよいのでしょうか。それには、緊張がどのようにして起こるかを理解する必要があります。理解したうえで、上手く緊張をコントロールしていく必要があります。好き人だけではなく、色々な状況で緊張状態に慣れる必要があるでしょう。どんなことに気を付けていったら、緊張が克服でき、好きな人の前でも普段の自分でいられるのでしょうか。今の自分を見つめ直しながら実践してみると、緊張をコントロールできるようになるだけでなく人間的にも大きく成長できるでしょう。

緊張のせいで別人のようになってしまう…

普段はとても明るく、元気な女性が、好きな人を目の前にするとまるで別人のようになることがあります。普段はみんなの中心となって話をするタイプであっても、好きな人の前では、途端に何も話せなくなるという感じです。それは、好きな人を意識して本来の自分になれないからです。いつもは楽しい会話がポンポン出てくる人であり、皆を盛り上げて楽しませてくれるのに、恋愛感情が芽生えてしまうと上手く振る舞えないのはとてももったいないことです。

彼女の本来の魅力が消えてしまっています。上手く会話ができないだけでなく、視線も合わせられないようだと相手に対しても失礼な態度となります。相手にとっては避けられているような気がしていい気分ではないでしょう。特に若い年代は、恋愛経験が少ないことから感情が高ぶってしまい、よく緊張するものです。良い自分を見せたいがあまりに、好きな人の前では見栄を張り、そっけない態度をとってしまう場合もあるでしょう。好きだという気持ちがばれないようにしているつもりが、相手を嫌っている態度になってしまって誤解を招くことも考えられます。

女性だけでなく、男性の場合もあります。普段は男友達とワイワイ騒いでいるようなやんちゃなタイプが、いざ好きな人の前だと意地悪になったり、そっけなくなったりします。リーダーシップをとれるような面倒見のいいタイプでも、好きな人の前では萎縮してしまうのです。好きな感情が邪魔をして、本来の自分でなくなるので本人もイライラとした気持ちが募ることでしょう。

若い頃は、異性を意識しすぎるあまりに空回りすることが多いです。しかし、ある程度の年齢になってもそのような態度では少し困りものです。若い頃は、照れ隠しでしょうがないですし、誰もがそういった道は通ります。ただ、いい大人になっても好きな人に対して緊張するからといってそっけない態度をとってしまうのは、大人の世界ではあまり好ましくありません。

緊張していても、視線を合わせてコミュニケーションするのが基本です。それができなければ、相手は嫌われていると誤解し、二人の間に溝が生じてきます。恋愛のチャンスをものにするどころか、自分から遠ざけてしまい悪循環になってしまいます。ある程度の年齢に来たら、好きな人をあえて避けるような態度はやめましょう。相手の方が大人で、気を使ってフォローしてくれる優しい方なら良いですが、全員がそういう人ではありません。

ましてや、相手の方が恋愛感情を抱いていないなら、あなたのそっけない態度に好感は持ちません。相手にばかりゆだねるのではなく、自分が変わらないといけないでしょう。せっかく、好きな人と同じ空間にいるのなら沢山お話して相手を知るチャンスにしてください。避けられるより、目線を外されるより、笑顔で話しかけられる方が相手は好感を持ちますし、恋愛に発展するチャンスになります。変に意識をしすぎないようにしましょう。

相手も空気のギクシャク感に気づくかも

このように、好きな人を目の前にすると緊張して会話ができなくなってしまう人は、確実に相手にギクシャクした空気が伝わってしまうでしょう。コミュニケーションというのはお互いの気持ちがあって成り立ちますので、どちらかの気持ちが逃げ腰であると、たちまちバランスが崩れてしまいます。会話をしている時に、相手と目線が合っていないと不安になります。この人は、信頼できる人なのだろうか、自分と話すことがつまらないのだろうか、早く会話を終わらせたいと思っているのだろうかと疑問が次々と思い浮かんできます。

目線が合わない時の表情もそっけないつまらない顔をしていたらなおさらそう思えてきます。本人としては、緊張のあまり表情がこわばったり、嫌われないように取り繕っているという理由かもしれませんが、なかなか理解されません。特に日本人は空気を読むのにたけた人種です。大人になればなるほど、敏感に感じ取ることができるようになるでしょう。男性にしろ女性にしろ、異性からそのような態度をとられるのは気分のいいものではありません。

恋愛感情がベースではありませんが、仕事においても社員の気持ちがのってこないのは、場の空気が悪いことが影響している場合があります。場の空気が良い方向に向くと、自然と皆のモチべーションが上がり業績が伸びたという話もよく聞きます。学生時代の部活動でもそうです。チームの空気が良く、顧問の先生との関係性が良いと素晴らしい結果が出たのではないでしょうか。関係性が良いというのは、確実にうまい具合にコミュニケーションがとれていて、相手のことを信頼していたというのが分かります。

そうでなければ相手の言うことを聞けないですし、それに従おうとは思いません。会社においては、自分の出世といったメリットがあるから向上心が湧いてくるのかもしれませんが、上司であったり、同じ部署で働いているスタッフと同じ気持ちでなければモチベーションは上がりません。自分一人で張り切っていても空回りするだけです。自分一人だけでなく周りとのバランスをとることが大事なのです。空間を共有する者同士がお互いに歩み寄ると、お互いを思いやる気持ちが生まれ、お互いを信用できるので結果としてよいことが生まれます。

好きになった感情も同じです。緊張のあまり相手を意識しすぎて避けてしまうと、とたんにその場の空気が悪くなります。会話が上手くできなくても、笑顔でいるようにするだけでも空気は変わります。好きになる感情は、魔法にかかったように普段の自分でいられなくなります。誰しもそうなる時期はあるので、それを上手くコントロールできるようになってください。逆を言えば、それだけドキドキできる相手と巡り合えている喜びを感じてください。毎日が刺激的で楽しくなることは間違いないでしょう。幸せなことだと考えて、その瞬間、瞬間を楽しい時間にしてください。好意を持った人にわざわざ悪いイメージを植え付けるのはもったいないです。

緊張してしまうのはなぜ?

そもそもどうして緊張してしまうのでしょうか。それは、良い自分を見せたい気持ちが強くなるあまりに自然に振る舞えなくなるからです。好きな気持ちが強ければ強いほど、嫌われたくない気持ちが大きくなり、ギクシャクした行動になるのです。若い頃は特に異性に対するいらないプライドがあるものです。変に格好つけるあまり微妙な空気を流してしまい、相手に誤解させてしまったり、嫌われてしまうこともあります。

気になりだすと自分の体臭や口臭まで気になってしまい、相手を避けるようになることもあります。人間は、緊張すると汗もかきますし、口も乾いて匂いも出ます。しかし、気にしすぎて、余計に悪化させることもあります。結局はありのままの自分では、相手が好きになってくれるはずがないと思っているのでしょう。普段の自分では自信がないから、どうにかして嫌われないようにしようと普段の自分にフタをしてしまうようです。

自信がないとマイナス思考に傾きます。マイナス思考になると物事が上手くまわりません。人間というのは面白いもので、自分が駄目なイメージをすると、現実もそのように転がっていきます。緊張すると不安になるので、気にしなくてよいことまで気になってしまうので、自然に振る舞えずにギクシャクしてしまうのです。他にも、過去の経験からトラウマになって変に力が入ってしまうこともあるでしょう。過去の失敗談から、気を付けようと用心するあまりに不自然な対応になってしまいます。

不安と緊張は切っても切れない関係かもしれません。不安を断ち切るために、好きな感情を隠してそっけない態度をとるのは、ある意味自分を守っている行動です。好きという感情から逃げて、緊張する自分から逃げている表れでもあります。緊張することを悪いことととらえすぎなのではないでしょうか。緊張することが悪いことではなく、普段よりもプラスの力に働くことも十分にあるのです。

自分を信じてプラスに物事を考えられる人は、そのような力に変わります。緊張するのは当たり前と考え、そのモチベーションを上手く利用しているのです。緊張している自分を、良い方向に転がるようにコントロールするのです。緊張からくるテンションの高い自分の感情を利用して、いつも以上に明るくニコニコしてみるのは好きな人に良いイメージを与えます。

過去の失敗談も教訓としてプラスにとらえられる人は、失敗したことが無駄にはならず、良い経験となります。経験をどう生かすかは、その人の心の状態にかかっています。物事を悲観的にとらえなければ、どんなことも良い方向にまわっていきます。緊張するから駄目、普段の自分になれないのが嫌と文句ばかり言うのではなく、その状況を楽しいととらえて、自分の成長過程に必要なことと考えましょう。逃げずに取り組む姿勢があれば、おのずと変化が見えてきます。もちろん個人差があるので、どれだけの時間や経験が必要かは一概には言えません。しかし、そう考えるのではなく楽しさを追求してみてください。そう気持ちを入れ替えるだけで良い緊張へと変わります。

日頃から下準備しておける「緊張しないためのテクニック」

緊張をすることは当たり前、誰にも起こることだと理解できたら、あとは普段から経験を増やしていくことが大切です。数をこなして慣れていきましょう。緊張から震えがきたり、汗をかいたりするのも不安から体が反応しているだけです。ある程度経験を積むことで、好きな人の前でも体が過剰に反応しなくなります。恋愛においてもコミュニケーションは大切です。色々な人と会話をするにあたってポイントを自分で把握しておくと、どんな人とでも当たり障りのない会話ができるようになります。

例えば、今日の天気や気候の話、ニュースになっていることなどは相手に不快な印象を与えることのない、差しさわりのない内容です。親しい人ばかりでなく、先生や先輩、目上の人、ビジネスであれば取引先、社長、上司と、フレンドリーとまではいかなくても、心地良い会話ができるようになれば随分と自分にも自信が付いてくるでしょう。慣れない人と会話をすることで緊張感にも慣れてきます。相手との会話のテンポや距離感を把握して、会話をスムーズに運ばせることにも慣れてくるでしょう。話す相手のタイプによっては、聞き役になってあげた方が良いのか、率先して会話をふってあげた方が良いのかも分かるようにもなってきます。

緊張する場面は、恋愛だけでなく、様々なものがありますので、積極的に行動してみてください。会話をすることで、緊張に慣れるだけでなく情報も入ってきます。今はこんな物が流行っている、話題となっているとリサーチすることもできます。人は情報を提供してあげると、関心を示してくれます。色々な分野に詳しくなるのも会話を続けるための一つの方法です。自分の中にあらゆるジャンルの引き出しを増やしてあげましょう。

会話だけに慣れるのではなく、苦手なことにもチャレンジしてみてください。苦手なことは不安がよぎり、マイナス思考になります。いわゆる緊張するということです。しかし、人前での発表に挑戦してみる、苦手なカラオケをしてみる、不得意なスポーツにチャレンジしてみる。苦手なことに立ち向かってみると緊張もしますが、苦手意識が減り達成感も得られます。成功しなかったとしても、チャレンジした自分に自信が持てるようになります。悔しい思いは次への原動力になります。自信は以前よりも不安を軽減します。確実に何かを成し遂げたり、苦手なことに立ち向かったとしたら、以前の自分よりも成長できているのです。

ですから、緊張するから嫌だと思って、その感情から逃げないでください。チャレンジすることで、経験を増やすことで、必ずあなたは成長します。人生無駄に思えることでも、そんなことはないのです。何かにチャレンジすることは前向きなことであり、プラス思考の始まりです。普段からプラス思考でいれば、人はそちらに傾いていきます。不安や緊張があるかもしれませんが、自分を信じることができるので、物事は良い方向に流れていくのです。できないからこそ克服する楽しみがあるのですから、せっかくの成長できるチャンスを物にしてください。悩んでいたことがとても小さく感じる日が来るでしょう。

当日に使える「緊張しないためのテクニック」

好きな相手と会える日、会話できるチャンスが訪れたら自分を信じてみましょう。緊張することで嫌な気持ちはさんざん味わいました。その気持ちを克服するために、色々な経験を増やして色々な人と積極的に会話をするように努力してきたのなら、心配はいりません。とにかく自信を持つことです。自信がなく、不安でいると必ず相手にも伝わります。当日は楽しくなる良いイメージを膨らませてみましょう。会話の内容が不安なら、あらかじめこんな話をしてみよう、こんなことを聞いてみようと、いくつか用意しておくと、心にも余裕が生まれるかもしれません。コミュニケーションはお互いの気持ちを反映しやすく、伝染しやすいので笑顔で会話を楽しみましょう。もし、それでも会話が途切れてしまっても慌ててはいけません。相手の服装や髪形を褒めてみると、たちまち場が和んでいきます。容姿や身に付けているものを褒められて嫌な気持ちになる人はほとんどいません。会話が行き詰まった際に、少しこんなテクニックを入れてあげるだけで場が和み、そこから会話がはずんでいくことも考えられます。

他にも緊張していることを素直に告白するのも一つの方法です。素直に「緊張していてごめんね」と伝えてあげると、例え不自然な行動をしてしまったり会話に沈黙があっても、相手は自分のことを嫌っているわけではないと分かり安心します。相手もその気持ちをくみ取って、フォローしてくれることもあります。自分だけ頑張る必要もなくなるかもしれません。そして、緊張している気持ちを素直に打ち明けられたことで、好感を持ちやすくもなります。相手も緊張していたとしたら同じであると共感が持てますし、素直に気持ちを打ち明けてくれたことで、相手も心を開きやすくなります。

信用度も増すことでしょう。同じ空間で、しかも恋愛感情を抱いているのなら、変に格好つけたりするよりも親しみが持てて仲良くなれます。いい自分を見せたいがために、変に緊張して普段とは違う自分になるのはもったいないことです。好きな人に、見栄を張って良い格好をしたい気持ちは分かりますが、取り繕っても時間がたてばばれてしまうでしょう。恋愛はそんな綺麗ごとだけでは上手くはいきません。例え付き合えることになったとしても、それこそ本人が緊張で疲れてしまいます。楽しいはずの恋愛も、苦痛に感じてしまいます。ですから、自分を作らないことが大切です。

自分に自信がないからといって、普段の自分を隠さないでください。普段の自分を駄目だと思いこまないで、考え方をマイナスではなくプラスに切り替えていきましょう。そうすれば、緊張も良い刺激として働きます。せっかく、日頃から苦手なことにチャレンジしたり、積極的に人と接して自分を成長させてきたのですから、自分に自信を持って良いと思います。誰でも嫌な状況から目を背けて逃げたがるのが普通です。しかし、そこから自分を変えようと努力してきたのですから、もっと自分を認めてあげましょう。

ありのままの自分で向き合うのが良い

緊張する自分と向き合うことができると、ある意味で駄目な自分でも良いのではないかと思えてきます。それは良い意味での開き直りです。積極的にいろいろな人と関わる努力をして、苦手なことに逃げずにチャレンジしてきた人であれば、それは開き直りではなく自分を認めたことになります。一方で、何の努力もしないで、緊張から逃げ続けてきた人にとっては、それは諦めとなります。

ありのままの自分を認める点では同じですが、受け入れ方が違います。何もしないで逃げてきた人は、気持ちの踏ん切りがつかずに諦めただけなので、マイナス思考です。しかし、色々と試行錯誤しながら自分の緊張に対して向き合ってきた人は、自分の受け入れ方も前向きです。「こんな自分でも良いのではないか」と素直に受け入れることができ、プラスに働いていきます。

その後の行動にも差が出てくるでしょう。諦めた人は、何もアクションを起こさずに狭い世界で過ごすことになるでしょう。緊張という刺激を避けて過ごすようになるため、自分の成長や新たな発見が難しくなるでしょう。諦めて自分を受け入れるということは、自分に期待しなくなるということです。自信などなく、できないことに文句を言って他人のせいにしたがります。

一方、良い意味でありのままの自分を受け入れた人は、力の抜き方を覚えられたのではないでしょうか。緊張からくる余分な力が入らなくなり、余裕が出てきます。見栄やプライドといったものを捨てて、肩ひじ張らない楽な感覚を身に付けられたのではないでしょうか。そういった人は、一緒にいても気持ちが安らぐので、人が寄ってきます。空間を共にするのに居心地が良いからです。

人は必ず経験不足、苦手、自信がないといったことに対して緊張します。それは不安があるため仕方のないことです。しかし、経験を増やすことで慣れてきます。慣れてくると、緊張をしながらも余裕が生まれてきます。人間は経験と共に成長するのです。努力した分、今の自分より向上していきます。大切なのは完璧主義を目指さないことです。

できていない自分も認めてあげて、そこに向かって頑張った自分もいるのであれば、それを褒めてあげましょう。そうすれば、自分のことが好きになるでしょう。なぜなら、例え駄目な部分があっても、物事をプラスに考えられる力が備わるからです。緊張する、駄目な自分と向き合いたくないと文句を言って、何も努力をしない人は変わりません。変わらない人は、何も得るものがありません。周りも関心を持たないですし、置いてけぼりになってしまいます。

ですから、緊張という感情に苦手意識を持つことなく、上手く関わってみてください。自分に自信があり、自分を受け入れていれば、その感情を上手くコントロールできます。緊張が良い刺激となって、良い方向に進むことはよくあります。自分を信じることで、物事をプラスにとらえることができ、例え普段と違う緊張状態の自分であっても、楽しく過ごすことができます。ですから、諦めず、逃げないことが大切です。

まとめ

以上のように、緊張を駄目なことだと受け取らないことが大事です。そして自分に自信を持つことが大切です。緊張がマイナス方向に流れるのは、不安要素からです。不安というのは自分への自信のなさから生まれる感情です。自分に自信を持っていれば不安も減り、緊張もプラス方向に変換できます。そうすれば、緊張が良い刺激を与え、想像以上に良い方向に物事が転がります。

そして、好きな人の前でも緊張はしますが、自分を高める良い刺激となるでしょう。好きな相手にこそ偽りの自分ではなく、素直なありのままの自分を見せる勇気を持ってください。緊張しているなら、それを素直に認めて相手に伝えるのも良いでしょう。そうすることで、好きな人との距離が縮まり、恋愛に発展する可能性も多いにあります。緊張でそっけない態度や避けるような態度を示すよりは、素直に舞い上がっている自分を受け入れて、率直に相手に伝える勇気が大切です。