一人っ子×一人っ子はうまくいかない?一人っ子男子が気を付けるポイントとは?

一人っ子×一人っ子はうまくいかない?一人っ子男子が気を付けるポイントとは?

付き合う相手の兄弟姉妹の構成が恋愛に大きく影響する、とはよく言われていることです。例えば兄弟姉妹のいない一人っ子同士が恋に落ちた場合、二人は同じような環境で成長してきたため、うまくいく可能性が高くなると言われています。とはいえ同じ一人っ子でも
家庭環境は人それぞれなので、このパターンが当てはまらないこともあるでしょう。
そこで今回は「一人っ子同士の恋愛はうまくいくのか?」というテーマをもとに、実際に付き合った時に男子の方が気をつけるポイントについて、一緒に考えていきましょう。

一人でいるのが一番落ち着く


一人っ子は小さい頃から両親の愛情をたっぷり受けて、比較的甘やかされて育ってきた方が多いのではないでしょうか。またその分性格は穏やかで、争い事が得意ではないという人も多いでしょう。しかし一方で一人っ子は、兄弟姉妹と一緒に遊んで過ごした経験がなく小さい頃から一人遊びが上手なので、基本的には自分一人で時間を過ごすのが好きな人が多いという傾向があります。そのため一人っ子男子に彼女が出来た時には、いつでも一緒にいたいというよりも「一人の時間は一人の時間で大切にしたい」と思うでしょう。それは同棲や結婚の場合も同じで、どんなにパートナーとして生きると決めても、それでもやっぱり一人の時間がほしいのです。そのため一人っ子同士が恋愛する場合は、お互いにそうした気持ちを理解した上で適度な距離を保つことができれば、うまくいくでしょう。

自分で決めるのが苦手な人が多い


一人っ子同士は性格や気質が近いだけに、望んでいる生活パターンが近い傾向があります。そのため恋愛でも価値観を共有できる場面が多く、うまくやっていけるでしょう。とはいえ一人っ子は小さい頃からなんでも両親に決めてもらっていた人も多いので、決断力に乏しいという側面があります。つまり重要な場面ではとくに、自分で決めるというのが苦手で、「できれば親や目上の人に任せたい」というのが本音なのです。そのため彼女が一人っ子の場合、「いさという時に頼りたくても頼れない」という不満も出てくるのが、このカップルによくあるパターンだったりします。もちろんそういう男子ばかりではありませんが、もし自分はその傾向が強いという自覚があるのであれば、そういうタイプの人は責任感の強い長女を選ぶとうまくいく可能性が高くなります。もちろん一人っ子の男子のなかにも「自分には絶対に決断力がある」とはっきりと言える人もいると思います。そのような男子はぜひ自分に自信を持って、一人っ子の彼女を大きく包み込んであげてください。

やっぱり、一番の難関は結婚!?


一人っ子同士の恋愛はお互いに共感できる部分も多いので、相性がピタリと合えばうまくいく可能性は高くなります。しかし大変なのはその先にある、結婚です。
それはどういうことかというと…。一人っ子の場合は両親から集中的に愛情を注がれているため、親にとっては「たった一人のかわいい我が子」です。そのため相手も一人っ子の女性の場合、親心として娘を嫁にだしたい気持ちとは裏腹に「家にずっといてほしい」と思ってしまうものなのです。そのため言葉にする or しないは別にして、できれば実家の近くに住んでほしい、あるいは旦那さんになる人に婿養子になってほしい、という親の気持ちを感じ取る場面が多くなるでしょう。また一方の子どもにとっても「たった一人の自分を育ててくれた親」という意識があるため、いざ結婚しようと思っても親元を離れることにためらってしまう、という一人っ子女子も多いのです。そのため一人っ子同士の結婚は何かとハードルが高くなりますが、それをわかった上で折り合いをつければ、きっとうまくいくでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。一人っ子同士の恋愛は、お互いの性格や生活パターンなどの相性もよくうまくいく可能性も高くなりますが、結婚となると現実的にいろいろな問題があるため、そう簡単にはうまくいかないケースもあるということがお分かりいただけたのではないでしょうか。しかしお互いに相手の立場を理解し合ったうえで歩み寄ることができれば、きっとその関係性は素晴らしいものになるはずです。ぜひ「自分一人の時間を大切にすると同時に相手の時間を大切にする」という気持ちをもって、より良い関係を築いていってください。