昼寝してもOK!暇つぶしにプラネタリウムはいかが?埼玉のプラネタリウムおすすめ5選

昼寝してもOK!暇つぶしにプラネタリウムはいかが?埼玉のプラネタリウムおすすめ5選

週末に特にする事も無く、ぼーっとしている事が多いと言う方はいらっしゃいませんか?そんな方には、暇つぶしを兼ねてプラネタリウムを訪れてみる事をおすすめします。プラネタリウムは、投影を楽しめるだけでなく、投影中に昼寝をしてしまっても問題ない為、ゆったりと休日を過ごしたいと言う方にもおすすめです。今回は埼玉県全域を対象におすすめのプラネタリウムを厳選して5カ所紹介しますので、是非次の週末の予定を立てる際の参考にしてみてください。

埼玉県内の暇つぶしに最適なプラネタリウム5選

郊外にあるプラネタリウム

埼玉県立小川げんきプラザ

「埼玉県立小川げんきプラザ」は、テント広場やバンガロー等の宿泊施設を始めとした、自然とのふれあいをテーマとした様々な設備が備わった施設です。こちらの施設内には、直径16mにも及ぶ巨大なドームスクリーンにデジタル映像を投影する事が可能なプラネタリウムも用意されています。こちらのプラネタリウムでは、子供でも理解ができる様な内容の投影を行っており、天文学に関する専門知識の無い大人でも十分に楽しむことができるでしょう。

名称 埼玉県立小川げんきプラザ
住所 比企郡小川町木呂子561
電話番号 0493-72-2220
営業時間 10:30~11:30、14:00~15:00
Webサイト http://www.genki.spec.ed.jp/ogawa/
埼玉県立名栗げんきプラザ

「埼玉県立名栗げんきプラザ」もまた、キャンプサイトやバンガローなどの宿泊施設が設けられた、自然との触れ合いができる施設です。こちらの施設内にあるプラネタリウムは基本的に土日のみの投影となっており、休日の暇つぶしに最適と言えるでしょう。また、最新式全天周デジタルプラネタリウムによる投影は非常に見やすく、大人だけでの利用でも充分に楽しむことができるでしょう。春休み、夏休みの投影に関しては子供連れで混雑する事もあるため、時間に余裕を持って訪れるのがおすすめです。

名称 埼玉県立名栗げんきプラザ
住所 飯能市上名栗1289-2
電話番号 0429-79-1011
営業時間 11:00~12:00、14:00~15:00
Webサイト http://www.naguri-genki.com/
入間市児童センター

入間市駅から徒歩で15分程の場所にある「入間市児童センター」内にもプラネタリウムがあります。こちらのプラネタリウムは比較的規模が小さく、小ぢんまりとした印象がありますが、高性能な機器を使用した投影は多くの方に好評です。投影内容は期間限定の物もある事から、何度も訪れたくなるプラネタリウムと言えるでしょう。施設自体は子ども向けの物ではあるものの、プラネタリウム自体は大人一人での利用でも充分に満足する事ができるでしょう。

名称 入間市児童センター
住所 入間市向陽台1-1-6
電話番号 04-2963-9611
営業時間 9:00~17:00
Webサイト http://www.city.iruma.saitama.jp/jidou_center/shisetsu_gaiyou/jidousenta_02.html

アクセスがしやすい都心のプラネタリウム

さいたま市宇宙劇場

暇つぶしでプラネタリウムを訪れたいと言う方の中には、できるだけアクセスがしやすいプラネタリウムが良いと言う方も多い事でしょう。こちらの「さいたま市宇宙劇場」は、大宮駅から徒歩3分の場所にある為、気軽に訪れる事ができます。こちらのプラネタリウムは、近年では珍しいプラネタリウムのみで営業を行っている施設であり、投影内容も大変充実しています。その為、何度も訪れ、異なった内容の投影を見ると言うのもおすすめです。

名称 さいたま市宇宙劇場
住所 さいたま市大宮区錦町682番地2
電話番号 048-647-0011
営業時間 HPをご確認ください
Webサイト http://www.ucyugekijo.jp/
川口市立科学館

川口駅からバスで訪れる事ができる「川口市立科学館」もまた、比較的都心に近く、アクセスのしやすい施設です。こちらの施設内には、170席に及ぶ座席数を誇る大きめのプラネタリウムが設けられており、季節に応じた様々な内容の投影を行っています。こちらのプラネタリウムでも、子供でも理解ができる様な内容の投影を行っており、専門的な知識がない大人でも十分に楽しむことができるでしょう。

名称 川口市立科学館
住所 川口市上青木3-12-18
電話番号 048-262-8431
営業時間 HPをご確認ください
Webサイト http://www.kawaguchi.science.museum/planet/index.html

まとめ

嘗ては埼玉県内にも数多くのプラネタリウムが存在したものの、最近では急激にその数を減らしており、現在残っている物は、博物館等の施設内の設けられた小ぢんまりとした物が殆どであるようです。また、県の中心部にはプラネタリウムが大変少なく、郊外へ足を運ばなければならないと言うのが現状の様です。その為、暇つぶしでプラネタリウムを訪れる際には、行き当たりばったりで向かうのではなく、しっかりと予定を立てて訪れる必要があると言えるでしょう。