暇つぶしに趣味を極める!初心者におすすめの絵画

暇つぶしに趣味を極める!初心者におすすめの絵画

趣味と暇つぶしを探していると言う方は多い事でしょう。自分のセンスも磨かれて、時間を忘れて没頭できる絵画はいかがでしょうか。自分に絵画なんてできない、絵なんて描いた事無い、と思わないでください。簡単な画材で自分の好きなものを描くと言うのはただ絵が上達すると言うだけではなく、センスも上達します。そんなおすすめの暇つぶしと趣味を兼ねた絵画の魅力をご紹介いたします。

芸術家になったつもりで絵画を楽しみましょう

子供の頃に戻った気分で

黒鉛筆


色鉛筆ではなく、あえて黒だけの鉛筆です。これは絵画の基本であるデッサンと似ていますが、あまり細かい事は気にせずに、目の前にあるものをただ黒鉛筆で描いていくと言うのも立派な絵画です。可愛いペットや、観葉植物、食べ物、風景、似顔絵など何でも描く事ができます。材料も画用紙と鉛筆だけなので、これからすぐにでも始められる趣味です。わざと色を付けない白黒だけの世界と言うのはその方の本当の趣味やセンスが出ます。シンプルですが一番センスが磨かれる趣味ではないでしょうか。落書き感覚で気軽に始められます。

色鉛筆


やっぱり、色があった方が華やぐ、カラーセンスも磨きたい、とお考えの方は色鉛筆で絵画をしてみましょう。色鉛筆と言っても、最初から高価な画材でなくても数百円の物で十分です。この色鉛筆の良い部分は色を塗る力加減によって濃淡が出るのでグラデーションなどの表現がしやすい所にあります。力を入れて描けばハッキリとした印象に、ぼやかせば淡い印象になるので、色んなタッチの絵画を描く事ができます。色の上から違う色を塗れば微妙なコントラストも再現できるので、黒鉛筆では物足りない、色味を付けたいと言う方におすすめです。

塗り絵


自分で1から絵を描くのに自信が無い、と言う方は塗り絵はいかがでしょうか。最近では大人の塗り絵と言うものがブームになっているので、書店に行けば様々な大人向け塗り絵が販売されています。昔ながらの少女漫画風の物から、風景、植物等のものが有ります。塗り絵の際には色鉛筆がおすすめですが、慣れて来たら水彩絵の具でも面白い味が出るでしょう。意外と塗り絵と言うのは一心不乱に取り組めるので、暇つぶしと言う観点から見ても良い物です。塗り絵をしていて自信がついて来たら今度は1から自分で絵を描いてみると言うのも良いでしょう。

極めると味のある絵画になります

水彩絵の具


小学生の頃を思い出す水彩絵の具は、道具を揃えるのが大変かもしれませんが、一通り揃えると何だか子供の頃に戻ったような懐かしい気分になれます。鉛筆で下書きをしてから絵の具で色を付けるのも良いですし、最初から絵の具で描き始めるなど描き方は人それぞれです。水彩絵の具は水の量で濃淡が出ますので、淡いタッチが非常に美しいのが特徴です。よく絵はがきなどに利用されるので、気になるあの人に一言メッセージを添えて、水彩絵の具で描いた絵ハガキを送ると、きっと印象深く残るはずです。

パステル


もっと絵画と言う趣味を楽しみたいと言う方にはパステルがおすすめです。あまり聞いた事が無いと言う方も多いと思いますが、クレヨンとクーピーの中間と言った所でしょうか、長方形で長細い面の全てで絵が描けます。このパステルは、上手に描いたり、表現するのが難しいと言われている絵画なので、とても奥が深いのが特徴です。パステル自体は100円ショップでも購入できるので、まずはチャレンジしたいと言う方はいつでもできます。あまりメジャーな画材ではありませんが、その難しさ故にハマってしまう方が多数です。

まとめ

絵画は暇つぶし程度の物から、本格的な趣味まで幅が広く、手軽にチャレンジしやすいと言えるでしょう。絵画の良い所はセンスや色彩感覚も磨かれていく事です。友達や芸能人の似顔絵などが描けるようになれば、皆から注目される事でしょう。必要以上に上手に描こうと思わずに、絵を楽しむ、思いのままに描く、と言う心が絵画には大事です。