暇つぶしに趣味を極める!初心者におすすめのアクアリウム

暇つぶしに趣味を極める!初心者におすすめのアクアリウム

アクアリウムや熱帯魚は見ているだけでも癒しになるので、暇つぶしで趣味にしていると、精神的にも落ち着くのではないでしょうか。今回は「管理が大変そう」と、なかなか踏み出せないでいる初心者の方にでも簡単な、アクアリウム5選をお教えします。癒しと潤いを生活に与えて、プチセレブな毎日を送ってみませんか。育てやすい熱帯魚を選べば、エサやりと水槽の掃除だけでアクアリウムが楽しめます。

暇つぶしでアクアリウムをするならこちらがおすすめ!

見ているだけで癒される熱帯魚たち

 

ネオンテトラ

見た目は小さくメダカのような感じですが、色が赤と青なので熱帯魚と言う感じがして水槽が一気に華やかな印象になります。他の魚と一緒に水槽に入れても良いアクセントとなるでしょう。もちろんネオンテトラだけと言うアクアリウムも赤と青のコントラストが派手で可愛い印象になります。30㎝水槽に10匹くらい入れられるので、まずは熱帯魚らしい魚を楽しみたいと言う方におすすめです。昔からある熱帯魚の種類なので、一度は目にした事があるのではないでしょうか。あまり大きな魚ではなく、小ぶりなのが良いと言う方からも支持を得ています。

ペンシルフィッシュ

その名の通り、ペンの様に長細い魚です。注意しなくてはならないのは、最初は小さくても後々成長すると5㎝くらいの長さになるので、最初からその大きさになる事を見越してから飼いましょう。水槽に沢山入れ過ぎには注意が必要です。しかし、他の種類の魚を攻撃したりする事の無い、穏やかな性格なので飼いやすい熱帯魚と言えます。ペンシルフィッシュの特徴は泳ぐ姿が斜めで常に傾いているところにあります。存在感のある熱帯魚なので1匹いるだけでも水槽の雰囲気が違います。その身体の形状からエサは粉タイプの物の方が好ましいでしょう。

ゴールデン・ハニードワーフ・グラミー

どうせ暇つぶしでアクアリウムを趣味にするのならば、見ているだけでお金持ち気分が味わえ、セレブ感溢れる熱帯魚が良い、と言う方におすすめです。薄いオレンジ色に大きな体、何より見た目が美しく優雅です。大きいと言っても、5㎝程にしか成長しないので、他の魚とも混ぜやすいです。このゴールデン・ハニードワーフ・グラミーがいると、水槽が一気に南国ムードに変わります。この種類の魚には5㎝を超えて大きくなるものもいるので、ゴージャス感を出したいと言う方はそちらもおすすめです。

アクアリウムに派手さを求めるならこちら

グッピー

グッピーは水色の尻尾がとても鮮やかで美しい魚です。熱帯魚の中でもメジャーな種類ですが、性格が攻撃的なので、他の穏やかな性格の魚とは相性が悪いのです。同じ水槽で他の魚と混ぜて飼うには向かないと言えるでしょう。グッピーを飼うならグッピーだけ、と言う風になりますが、1種類でも優雅さ、美しさでは群を抜いていますのでおすすめです。よくあるのが、知らないうちに稚魚を産んでしまい水槽がグッピーで溢れ返る事です。稚魚の引き取り手等が無い場合には、繁殖には気を付けましょう。

トランスルーセントグラスキャット

アクアリウムを優雅に、神秘的にしたいという方におすすめです。長い口ばしのようなものが付いていて、身体が透けるようなトランスルーセントグラスキャットは、他の種類の熱帯魚と混ぜて飼うより、同じ種類をたくさん飼った方が魅力が増します。何故ならこの種類の魚は群れで泳ぐので、身体の透明なトランスルーセントグラスキャットが大勢で泳いでいる姿は、何とも美しく神秘的に見えるからです。少し身体が弱そうな印象を受けてしまいますが、丈夫なのでエサと水槽内の環境に気を付けてさえいれば、初心者でも飼いやすいです。

まとめ

セレブな気分になりたいな、と何となく思っているのであれば、アクアリウムを趣味にして暇つぶしをするのが良いと言う事がお分かり頂けたかと思います。今回は飼いやすい熱帯魚をご紹介いたしましたが、中にはデリケートな物や大変攻撃的な性格の魚もいるので、お店の方の説明などをよく聞きましょう。アクアリウムを眺めて気持ちにもゆとりが持てると良いのではないでしょうか。