【厳選】暇つぶしにレンタルしたいヒューマンドラマ映画はコレだ!

【厳選】暇つぶしにレンタルしたいヒューマンドラマ映画はコレだ!

休日はどこへも行かず、殆ど家の中で過ごしていると言う方は多い事でしょう。しかしながら、どうせ家にいるのならば、ただゴロゴロとしているのではなく、充実した時間を過ごしたいものです。ここでは休日を家で過ごす方におすすめの、暇つぶしにピッタリなヒューマンドラマ映画を5本紹介したいと思います。様々な好みや気分に合う様、タイプの異なる物を厳選しましたので、是非次の週末にレンタルしてみてください。

家での暇つぶしにピッタリなヒューマンドラマ映画5選

家族の心の交流を描いた感動作

ビッグフィッシュ

ティム・バートン監督作品の中でも特に大きな感動を呼んだ作品として知られる「ビッグフィッシュ」は、ほら吹き話が好きな父と、大人になって父の話を素直に聞くことができなくなった息子との心のつながりを繊細な心理描写で見事に描き出した傑作として知られています。感動的なヒューマンドラマでありながら、同監督の独特の世界観も随所で輝きを見せており、ラストでは大きな感動をもたらしてくれることでしょう。また、同監督の「相棒」としても知られる映画音楽家ダニー・エルフマンによる音楽も秀逸です。

死ぬまでにしたい10のこと

「死ぬまでにしたい10のこと」は、23歳にして余命2か月を宣告された女性アンを主人公としています。アンには失業中の夫と2人の娘がいますが、余命がわずかである事を告げないことを決意し、ノートに書いた「死ぬまでにしたい10のこと」を一つずつ実行していきます。アンがノートに記した「死ぬまでにしたい10のこと」は、どれも些細な物が多く、人生で本当に大事な物が何であるかと言う事を考えるきっかけをもたらしてくれます。感動を呼ぶだけでなく、見る物に考えることを促す映画とも言えるでしょう。

アバウト・タイム ~愛おしい時間について~

自分に自信がなく、恋人もいない21歳の男性ティムは、ある日父から一家の男にはタイムトラベルができる能力があることを告げられます。その能力を駆使し、理想的な恋人を見つけることを決意したティムは、やがてメアリーと言う魅力的な女性と出会うものの、タイムトラベルを繰り返したことによるトラブルが生じ始めます。一聴するとありきたりなタイムトラベルものの映画にも思えるかもしれませんが、何気ない毎日や家族の存在のありがたみに気づかせてくれる感動的なヒューマンドラマ映画です。

境遇の異なる人々の心の交流を描いた作品

 

最強のふたり

「最強のふたり」世界中で名だたる賞を受賞しただけでなく、東京国際映画祭の最高賞である東京サクラグランプリを受賞したことで、日本国内でも大きな話題となった作品です。本作は不慮の事故で全身麻痺となってしまった大富豪のフィリップと、スラム出身の貧しい黒人青年ドリスを主人公とし、二人の心の交流を描いています。境遇の全く異なる二人の考え方は、当初は全く合わなかったものの、様々な困難を乗り越えていく過程で、次第にそのつながりは堅固なものへと変わっていきます。

ターミナル

「ターミナル」もまた、公開当時、大変話題となった作品の一つです。本作は、クーデターにより祖国が突然消滅してしまった東欧のクラコウジア人ビクターを主人公としています。帰る場所がなくなってしまっただけでなく、パスポートも無効になってしまったビクターは、アメリカの空港で生活を始める事を余儀なくされます。英語もしゃべれないビクターと空港の人々との心の交流は微笑ましいものもあり、ラストでは心地よい感動を与えてくれることでしょう。

まとめ

休日を家で過ごす事が多いと言う方向けに、暇つぶしに最適なおすすめのヒューマンドラマ映画を5本紹介しました。心地よい感動をもたらしてくれるこれらの映画は、休日のリフレッシュにも最適と言えるでしょう。ここで紹介した作品の情報を参考に自身の好みに合いそうなものが見つかったら、次の週末にレンタルビデオ店に足を運んでみてはいかがでしょうか。