いざというときに自慢できる!暇つぶしで文字が上達する5つのテクニック

いざというときに自慢できる!暇つぶしで文字が上達する5つのテクニック

文字が綺麗な人って素敵ですよね。デジタル機器が普及した昨今では文字を書く機会が極端に減ってしまいましたが、冠婚葬祭などの畏まった席や年賀状を書く際等にきれいな文字が書けると自慢ができるかもしれません。今回は暇つぶしも兼ねて気軽にできる、きれいな文字を書くために重要なテクニックやコツを5つ紹介しますので、是非実践してみてください。

文字が上達するテクニック5選

初級編

とめ、はね、はらいを意識する

初めて学校でひらがなを教わった時に「とめ、はね、はらい」を意識するように言われませんでしたか?実はこの「とめ、はね、はらい」は、綺麗な文字を書くためには、最も気をつけるべきポイントの一つなんです。「とめ、はね、はらい」が、正しく書かれていないと、文字全体のバランスが崩れてしまい、不格好な文字となってしまいます。その為、文字を書く練習をするだけでなく、個々の文字に関して、正しい「とめ、はね、はらい」を覚えておくことが重要と言えるでしょう。

書き順を正しく覚える

同様に、学校で初めてひらがなや漢字を教わった際に、書き順に関しても気をつける様言われたかと思います。この書き順は、一見すると間違っていても特に問題はないようにも思えますが、そもそもこの書き順自体が文字を綺麗に書けるようにするために決められていると言う事は忘れるべきではないでしょう。正しい書き順を覚え、その通りに書く事もまた、きれいな文字を書く為には意識すべきポイントの一つと言えるでしょう。

「ます」を意識して書く

小学校低学年の頃に使っていたノートには、四角い「ます」が書かれており、その中には十字型の点線が書かれていたことと思います。実はこの「ます」と、十字型の点線もまた、綺麗な文字を書く為には非常に重要なんです。ますと点線を意識しながら、線を書き始める点と終わる点を決め、それに沿って文字を書いていくと、自然と綺麗な文字が書けるようになります。白紙に文字を書く際にもこのますと点線を想像しながら文字を書いてみると良いでしょう。

上級編

ひらがなは曲線を意識して書く

文字の中でも漢字は直線が多い為、練習を重ねれば比較的簡単に綺麗に書く事ができるようになります。一方でひらがなの場合は曲線が多い為、漢字よりも綺麗に書くことが難しいと言えるでしょう。ひらがなを書く際には、上述した様な「ます」と「十字型の点線」を意識して曲線を描く事で、より綺麗に書く事ができるようになるでしょう。その為には、ひらがな全体を図形の様に捉え、理想的なシルエットを思い出せるようにしておくことも重要です。また、ひらがなはそれぞれ漢字が元となっている為、元の漢字の書き順や、その漢字からの成り立ちも覚えておくと良いでしょう。

毛筆を使用して練習をしてみる

綺麗な字を書くた為に最も効果的な方法の一つが「毛筆を使用してみる」と言う事です。毛筆は、鉛筆やボールペンに比べ、些細なミスが書いた文字の見た目の悪さに大きく関わってくる為、常に最新の注意を払いながら文字を書かなければなりません。これにより、上述した「とめ、はね、はらい」等も特に強く意識する事ができ、それによって得られた感覚は鉛筆やボールペンで文字を書く際にも応用ができます。毛筆を用意するのが面倒であれば、筆ペン等を使用して文字を書く練習をしてみるのも良いでしょう。

まとめ

今回は綺麗な文字を書くために日頃から気をつけておきたいポイントや身に付けると良いテクニックを紹介してきました。冒頭でも書いた通り、昨今ではデジタル機器などの普及により字を書く機会が極端に減ってしまいました。その為、綺麗な文字を書く為には、何よりもまず日頃から意識して文字を書くよう心がける必要があると言えるでしょう。最初に何をしたら良いか迷ってしまったら、文房具店で筆ペン等の道具を買う事から始めてみるのも良いかもしれません。