究極の暇つぶし!スッと眠りに入るための昼寝テクニックを紹介

究極の暇つぶし!スッと眠りに入るための昼寝テクニックを紹介

暇で仕方が無い時、だからと言って何か行動をすると言うパワーも無い時の暇つぶしは昼寝が一番ではないでしょうか。昼寝と言っても、昼間から眠れないと言う方も多いと思います。そんな時に気持ち良く昼寝が出来るテクニックを5つご紹介いたします。昼寝で暇つぶしをしてここぞ!と言う時の為にパワーを温存しておきましょう。

気持ち良い昼寝のテクニック5選

心地良く昼寝するために

照明を落とす

昼寝をしようとしても、電気が付いていて明るい部屋では中々寝付けません。そうなると昼寝の質があまり良いものではなくなってしまい、目覚めた時に体がだるく感じたりしてしまいます。爽快に気持ちよく昼寝から目覚めるためにも、部屋の電気を消したり、カーテンを閉めたりしましょう。そうする事でより質の良い昼寝ができて、体も精神もリフレッシュができます。アイマスクをすると尚良いでしょう。照明を落とし、刺激を無くすことで短時間で眠りにつく事ができます。明るい刺激のある部屋では眠れなくてただゴロゴロしているだけになってしまうので、注意です。

物音にも注意

せっかく照明を落としても、騒音がしたり、物音が気になると中々昼寝ができません。そんな時は耳栓をすると言うのが一番手っ取り早い手段です。無音の中でグッと集中して昼寝をする事で睡眠の質も上がります。全くの無音状態でなくても、眠りを誘うBGMなどを小さいボリュームで流すと言うのも良いやり方です。この様なBGMばかりを集めたCDなども販売されているので、気になる方はチェックしてみて下さい。川のせせらぎや小鳥のさえずりなど、心が休まるようなBGMはただ昼寝を誘発させるだけではなく、リラックスができるので、イライラしたり疲れている時におすすめです。

毛布やタオルケット

毛布やタオルケットを被るというだけでも暖かくて気持ちが良いものです。昼寝の時もこの様な肌触りの良い毛布などを被るとよりリラックスして昼寝ができます。この時に注意しなくてはならないのは、あまり分厚い毛布などを被ってしまうと、温かくなり過ぎて長時間昼寝をし過ぎてしまい、夜に眠れなくなると言う事になってしまいます。また、肌寒いままで昼寝をしてしまうと、風邪をひいてしまうので、これも注意が必要です。毛布やタオルケットは高価なら良い物と言う訳ではないので、色々試してみて自分にピッタリのお気に入りの物を見つけましょう。

長時間の昼寝は禁物

目覚まし時計を用意する

いくら暇つぶしがしたいと言っても、長時間の昼寝は避けましょう。夜の睡眠に影響が出て、生活リズムが乱れてしまいます。最長でも45分以上昼寝をしてしまうと逆に体がだるくなったり、昼夜逆転してしまいます。そうならない為にも昼寝前には目覚まし時計をセットしておきましょう。こうする事で寝過ぎを防げます。暇だからずっと昼寝していたいと思うかもしれませんが、生活リズムを乱れてしまうと、1日中ボンヤリしてしまったり、身体が不調に陥ってしまうので、昼寝での暇つぶしは適度さが肝心です。

昼寝前にコーヒーを飲む

昼寝前のコーヒーだなんて、眠れなくなってしまうと思われるかもしれませんが、コーヒーに含まれているカフェインの効き目で寝過ぎを防げることができます。逆にスッキリと目覚める事ができるので、その後の気分が爽やかに、身体もシャンとするでしょう。また、コーヒーには利尿作用もありますので、うっかり寝すぎてしまった場合にも、トイレに行きたくなって目覚める事ができます。昼寝をする前は暇つぶしをしたいくらい暇でも、昼寝後は身体がスッキリして何かにチャレンジしようと思えるようになるかもしれません。

まとめ

昼寝と言うのは、一番手っ取り早い暇つぶし法ですが、1日中昼寝をすると言うのは逆に身体に影響が出てしまいます。一旦昼寝で暇つぶしをしてリフレッシュをし、その後に何か行動をしてみると言うパターンが良いかもしれません。適度で適切な昼寝は脳を活性化させ、体の体力も蘇らせます。賢く昼寝を利用して暇で仕方ない日々の癒しにしましょう。