暇つぶしssの良作6選!まとめ~面白編~

暇つぶしssの良作6選!まとめ~面白編~

暇つぶしに最適な行動と言えば、やはり読書がメジャーとなります。ネットでは今、題名を聞けば誰もが知っているような物語をパロディ化などアレンジしたss(ショートストーリー)と呼ばれるカテゴリーのお話が大人気です。今回はそんな暇つぶしssの中でも、特に良作と呼ばれ、面白いとの評価があるものをピックアップしていきます。一度読んだらクセになるかもしれませんよ。

暇つぶしssの良作まとめ~面白編~

僧侶「ひのきのぼう…?」


1作目が発売して以来、日本中を熱狂の渦に巻き込んだ「ドラゴンクエストシリーズ」。その中でも完成度の高さで評判があったドラゴンクエスト3をモチーフにしたssです。勇者、戦士、商人、賢者、そしてこの物語の主役となる僧侶の、戦闘能力を背景にした様々な会話が時に楽しく、また時には悲しくなる秀逸な作品です。かつてドラゴンクエスト3をプレイした人なら、誰でも思わず深くうなずいてしまうほどの「ドラクエあるある」が満載で、充実した暇つぶしの時間を過ごせることでしょう。

のび太「ドラえもんが消えて、もう10年か…」


日本のアニメの金字塔として今も燦然と輝くアニメの王道「ドラえもん」。様々なスピンオフストーリーがネットを中心に賑わいを見せていますが、今回紹介するssもその一つです。題名からわかる通り、ドラえもんの「友達」でもあるのび太が成長した姿をリアルに描く名作ssとなっています。社会人として相変わらずダメっぷりを披露するのび太。さらに、それなりの年齢になっているので恋愛模様も複雑となり、どのような展開を見せるのか目が離せなくなっています。

悟空「あれ、ブルマおめぇ一人か?」


ドラえもんと同様、主に男子の間で評価が高く、いまだにアニメのみならずゲームやグッズなどが好調な売れ行きをみせている「ドラゴンボール」のサイドストーリー的ssです。悟空とブルマ、主にこの2人の会話で話が展開していきますが、過去の振り返りや今の世間話など、妙なリアリティに満ちていて、時間を忘れて読み進めてしまうほどの面白ssとなっています。その後に登場するサブキャラクター達もどこか人間味に溢れており、ドラゴンボールの世界観をまた違った角度から味わうことができます。

ミュウツー「我々はカントーを変えなければならない」


1996年に発売されたゲームボーイ用ソフト「ポケットモンスター」は、今やスマホ用アプリ「ポケモンGO」が大人気になるなど、日本を超えて世界中で愛されているゲームです。「我々はカントーを変えなければならない」は、ポケットモンスターのキャラクターとして登場するミュウツーが世界征服を企む、というssとなっています。会話がリアリティに満ちており、目の離せない展開が続きます。

勝俣「アッコさん学園都市行くんすか!!」


芸能界の重鎮和田アキ子と、大物芸能人の番組にゲストとして呼ばれることが多く、名バイプレーヤーとして活躍する勝俣州和の、面白さに満ちたssです。和田の暴れっぷりがすさまじく、それを必死にフォローする勝俣の慌てぶりがまさに抱腹絶倒です。コントのように展開するストーリーはめまぐるしく、気が付けば一気に最後まで読み切ってしまい、暇つぶしには最適な作品と言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回紹介した面白ssはほんの一部です。ネットで検索すればさらに多くのssが紹介されており、そのどれもが非常に作りこまれたものとなっています。ドラマやアニメなど、自分の興味があるもののスピンオフ的なストーリーを一つずつ楽しみながら読んでいけば、十分な暇つぶしとなることでしょう。