暇つぶしに最適な「ほのぼの」漫画7選!まとめ

暇つぶしに最適な「ほのぼの」漫画7選!まとめ

今日は1日暇だけど、出かけるのも面倒なんて時、ダラダラと過ごすのではなく、漫画を読んでみてはいかがですか?漫画は暇つぶしにではなく、漫画によっては気分爽快になったり、笑って元気になったりすることもできます。そこで、暇つぶしにもってこいの、読めばほのぼのとした気分にしてくれる漫画についてご紹介します。

暇つぶしに最適な「ほのぼの」漫画まとめ

ぽっかぽか


著:深見じゅん 出版:集英社

ぐうたら主婦の麻美とその旦那さんの慶彦、子どものあすかが主人公の漫画です。20年ほど前にテレビドラマ化されました。ファミリードラマなのですが、ドロドロしたものは一切なく、平凡なサラリーマン一家の日常が描かれており、家族に起こる問題を前向きな考え方で解決していきます。子育てしている人にはもちろんですが、そうでない人が読んでも癒されます。こんな夫婦に、家族になりたいなぁと感じさせてくれる、心が温かくなる漫画です。

しろくまカフェ


著:ヒガアロハ 出版:小学館

カフェを経営するしろくまと、常連のパンダが主人公の漫画です。しろくまが経営するカフェには、たくさんの常連の動物がいて、日々ゆるいやり取りが繰り返されます。こんなカフェがあったら、行ってみたいと思う人も多いのではないでしょうか。オヤジギャグも満載ですが、決していやな感じではなく、癒し要素の強い漫画になっています。下品なギャグや下ネタはイヤ!という人には特におすすめの漫画です。

よつばと!


著:あずまきよひこ 出版:KADOKAWA/アスキー・メディアワークス

「よつば」という5歳の女の子が主人公の漫画です。とーちゃんとともに、ある街へ引っ越してきたところから物語は始まります。よつばの子供らしさがリアルに描かれていて、その行動や言動にほのぼのするだけでなく、とーちゃんのよつばとの向き合い方にもほのぼのとさせられます。子育てを経験した人でなくても、よつばの可愛さには癒されます。子どもが主人公の子育て漫画ではなく、ほのぼのとした気分にさせてくれる漫画になっています。

動物のお医者さん


著:佐々木倫子 出版:白泉社

獣医学部を舞台に、そこに通う大学生と、彼が飼っているシベリアンハスキー犬「チョビ」の生活を描いた漫画です。この漫画はシベリアンハスキーブームの火付け役とも言われた漫画で、出てくる動物たちは個性的でかわいいだけでなく、心の声が面白いです。恋愛も暴力もゼロですので、気楽に読むことができ、また登場人物にもせかせかした雰囲気が全くないので、終始ほんわか気分で読める漫画です。

喰う寝るふたり 住むふたり


著:日暮キノコ 出版:徳間書店

高校から付き合っているカップルが、卒業をきっかけに同棲。その日常を描いた漫画です。日常のリアルなエピソードを、男女両方からの視点で描いているので、同性には共感でき、異性には新しい発見があったりします。最後にはこの二人らしくおさまり、ほんわかほのぼのする漫画になっています。

働かないふたり


著:吉田覚 出版:新潮社

対人恐怖症だけどマイペースな妹の春子と、インテリなうえに友達もいるというエニート(ニートの中のエリート)の兄の守の兄妹が主人公の漫画です。二人ともニートという暗くなりがちな設定ですが、ニートの兄妹が家の中でくだらないことをしまくるという、ほのぼのとした漫画です。驚くような出来事や修羅場などはありません。読み進むうちに、登場人物も増えていき、にぎやかになってくるのも楽しい漫画になっています。

ねことじいちゃん


著:ねこまき 出版:KADOKAWA

ばあちゃんに先立たれ、ひとりになってしまった大吉じいちゃんと、猫のタマが主人公の漫画です。ゆったりとした流れの中で、四季の移り変わりとともに、大吉じいちゃんとタマの生活が描かれています。猫好きで猫と暮らした経験のある人には、猫あるあるも人気。優しい絵の雰囲気と描かれる景色などにくすぐられ、自分の田舎や祖父母を思い出す人も…。ほのぼのした気持ちになり、その上懐かしさも味わえる漫画となっています。

まとめ

暇つぶしには色々な方法がありますが、漫画を読むのは比較的簡単にできる暇つぶしの方法です。購入しなくても、読み放題の漫画アプリや電子書籍などを利用すれば、外出する手間も省けます。どうせなら漫画で暇をつぶすだけでなく、ほのぼのとした気分に浸って、日頃のストレスを解消してくださいね。