ごぶさた女子は必見!観たら今すぐ恋したくなるドラマ5選

ごぶさた女子は必見!観たら今すぐ恋したくなるドラマ5選


ごぶさた女子の地位は慣れてしまうとなかなか居心地がいいもの。恋愛から遠ざかっている分、無闇に時間を取られる心配もないし、その分女友だちとの時間を有効に使うことができます。でも、20代で「恋をするのが面倒になってきた」というのはちょっと危険信号。精神的な老化が始まっている恐れがあります。こんな自分に気が付いたら、恋愛ドラマを観て感受性をUPしておきたいものですね。

懐かしのドラマで盛り上がる

金曜日の妻たちへIII 恋におちて


今も昔も恋愛ドラマの名作はありました。懐かしのドラマの極めつけといえばやはり「金曜日の妻たちへIII 恋におちて」。「金妻(きんつま)」の愛称で親しまれたこのドラマ、。小林明子が歌う主題歌「恋におちて・FALL IN LOVE」も大ヒットしました。制作は1985年ですが、恋には新しいも古いも関係ないことを改めて実感するシリーズです。若い頃の古谷一行やいしだあゆみ、小川知子、篠ひろ子、板東英二、森山良子、奥田瑛二らのあどけない表情が新鮮。篠ひろ子のヘアスタイルにも注目です。

Beautiful Life ~ふたりでいた日々~


「Beautiful Life ~ふたりでいた日々~」も恋愛のテンションを上げるにはぴったりのドラマです。カリスマ美容師と車椅子に乗った図書館司書の出会いから仕事上のトラブルや恋敵の出現、主人公杏子の病気の進行していく様子などを描いたドラマは幅広い年齢層から指示を受け、視聴率も40%を越えるという人気でした。2000年の1月から3月まで11回に渡って放映されたこのドラマ、いまだにファンという人も多いはず。恋愛力を強めてくれるだけではなく、生きる力も与えてくれるいいストーリーです。

「101回目のプロポーズ」


「101回目のプロポーズ」もごぶさた女子に観て恋の元気を取り戻してほしいドラマのひとつ。オーケストラのチェリストであるヒロイン矢吹 薫を演じるのは浅野 温子、相手の星野 達郎を演じるのは武田 鉄也。達郎はこれまでになんと99回のお見合いに失敗しているという設定。結婚式の日に事故死した恋人のことが忘れられない薫とサエない中年男達郎というミスマッチの二人が次第に理解しあい、歩み寄り、寄り添っていく過程がていねいに描かれていて好感が持てる。浅野 温子のチャーミングな魅力は相変わらず。

恋愛力が眠っているとだめ

「プロポーズ大作戦」

肩の凝らない奇想天外なドラマを観て心と身体をリラックスさせるのも恋愛力をウォーミングアップさせるのにはいいですね。たとえば「プロポーズ大作戦」。三上博史が演じる時間を操れることのできる妖精が活躍するこのドラマは韓国でリメイク版が作られるほどの人気。恋には「あの時告白しておけば」「もうちょっと待っていれば」という後悔がつきもの。あの時あんなことを言わなければ今ごろ彼氏とゴールイン出来ていたのにと落ち込んでいるあなた、このドラマを観てポジティブな気分になりませんか。ちなみに「プロポーズ大作戦」は「第53回ドラマアカデミー賞」(2007年春クール)で最優秀作品賞とドラマソング賞を受賞しています。

ロングバケーション


「ロングバケーション」も眠っていた恋愛力を目覚めさせるには格好のドラマです。木村拓哉と山口智子という二人の人気俳優による体当たり演技が際立っているドラマとして広い人気を呼びました。月曜日の21:00から放映されていたこのドラマ、月曜の夜はOLが街から消えると言われるほどの人気で、主人公にあやかってピアノを習い始める男性も増えるなどの社会的現象を巻き起こしました。落ち目のモデルとサエないピアニストという設定も絶妙。主題歌の「LA・LA・LA LOVE SONG」はシングルでミリオンセラーに輝いています。

まとめ

いかがでしたか。映画と比べるとドラマは身近な登場人物を扱ったものが多いので、自分の恋愛体験と重複させながら観ることができます。恋愛というのはフラれた時に出来るだけ他のことに没頭して心の傷を軽くするなどそれなりのスキルが必要なもの。人気ドラマをいろいろ観て、恋愛のスキルを会得しましょう。恋愛について研究すればするほど次の恋愛が楽しみになります。