ちょっと待って!意外と不評なサプライズ告白

ちょっと待って!意外と不評なサプライズ告白

サプライズ告白が今話題ですけど、された側は意外と不評と言う事をご存知でしょうか。「せっかく手の込んだ告白をしてくれたけど、こんな大勢の前で恥ずかしい」「これなら普通に告白してくれた方が良い」という意見が多いんです。せっかくサプライズ告白をする側はアレコレと構想を練って、手配して、友達にも協力してもらって、と準備したのに、こんなに不評なんて悲しくなります。どうしてサプライズ告白は不評なのでしょうか、その理由を探って行きたいと思います。

サプライズ告白が不評な理由

サプライズ告白はどうして不評、受けが悪いのでしょうか、多くの場合は大勢の前で、友達の前で告白すると言うものが多いと思いますが、告白する側は友達皆が味方なのでそれは心強い事でしょう。しかし告白される側の事を考えた事はありますか?大勢の前で「ごめんなさい」とあなたの告白を断ったりしたら、なんだか悪い事をしたかのような白けた空気になってしまい、その後も友達の間で「○○からのサプライズ告白断った女だ」というレッテルを貼られてしまいます。そう、相手にNOと言わせないような雰囲気が女性には不評なんです。もちろん、サプライズ告白は大勢で大騒ぎする以外にもあります。例えば、100万ドルの夜景の見える高級レストランでバラの花束を持って現れ、ワイン片手にサプライズ告白、これも女性には大不評なのです。理由はナルシストっぽい、自分自身に酔っている風にしか見えない、と言う大変辛口なものです。これ以外にもサプライズ告白の種類は有りますが、どれも女性からはあまり良い風には思われていないようでした。特に大勢の友達を巻き込んでのサプライズ告白は断ると悪者扱いされるというムードがあるので絶対にされたくないと言う意見がとても多かったです。

評判の良いサプライズ告白とは

一見すると大不評のようにも思えるサプライズ告白の中には、女性をキュンとさせてしまう好評なものもあります。例えば、手紙があります。ひと気の無い所で急に封筒を手渡され、「読んで」とだけ伝えてその場を去って行く、手紙を読んでみると、熱いラブレターだった。というちょっと古典的とも思える手紙サプライズは女性からとても好評でした。付き合っている彼から日頃の感謝を綴った手紙をもらった時、読んでいて涙してしまった、と言う女性も居ます。何だか地味だし、今時手紙?と思えるサプライズ告白ですが、手紙と言うのは口に出しては言えない素直な気持ちを書き綴りやすいし、何度も読み返す事ができます。例え字が下手でも丁寧に心を込めて書いた字と言うのは見ればわかります。そんな誠実さの伝わるサプライズ告白は女性からすれば大歓迎なのです。変に派手さにこだわり、何の中身も無いペラペラのサプライズよりも、想いを込めた手紙1枚の方が余程相手の胸を打つでしょう。

サプライズよりも相手の事を考える

もしも、あなたがこれからサプライズ告白しようとしている女性が物静かであまり目立たないタイプだったら、その女性に大勢の友達と大騒ぎしてサプライズ告白をしたら相手は軽くパニックになり穴があったら入りたい状態になってしまう事でしょう。その後2人が上手く行く可能性は限りなくゼロに近づきます。告白する上で大事なのは、派手さやサプライズの内容よりも相手の事を思う気持ちです。もし仮に告白した結果がOKならばこれからお付き合いが始まる訳ですが、もちろん相手の事を何にも考えずに自分の思いばかり押し付けているとすぐに破局でしょう。この女性は、こんな事されると困ってしまうのではないか、と言う事を考えられる男性こそが告白してOKを貰えるのではないでしょうか。先ほど述べた手紙以外にも女性からしたらキュンとしてしまうサプライズ告白はありますが、ポイントを挙げると、シンプルに、二人きりで、素直な気持ちを伝える。この3つを押さえておく事が大事です。ただバカ騒ぎのサプライズと言うのは誠実さの欠片も感じられないと言う事を覚えておきましょう。

まとめ

賑やかにで楽しいムードのサプライズ告白ですが、一歩間違うと最低の告白になってしまいます。しかし、サプライズ全てがダメと言う訳ではないので、内容や場所、TPOをしっかりとわきまえて相手を楽しませたり喜ばせて下さい。