【女性向け】これって好き避け?脈なし・脈ありの判断基準とは

【女性向け】これって好き避け?脈なし・脈ありの判断基準とは

「好き避け」という言葉を耳にしたことはあるでしょうか?好き避けとは、本当は好きなのに、好きな人に対してそっけない態度を取ったり、よそよそしく振る舞ったりしてしまうことをいいます。しかし好きだからこそ避けてしまう…という不器用な男性だっているんです。
そこで今回は好き避けをする男性の特徴と行動の傾向についてご紹介したいと思います。

好き避けをする男性はプライドが高い

本当は好きなのに好き避けをしてしまうのは、自分が相手のことを好きだというのに気が付かれたくない、いつもと違う態度で接している姿を他人に見られたくないというプライドの高い男性に多い傾向が…。自分が相手のことを好きだということはわかっているものの、恋愛で理性を失いたくないという思いが強すぎるために、思いとは裏腹に好き避けをしてしまうようです。こういったタイプの男性は自分からは告白しないことが多く、その上好きな相手からアプローチされたら内心ではすごくうれしいのに、表面上は「そんなに好きなら付き合ってやってもいいよ」という態度を取ってしまいがちです。こうした態度の裏には実は意外と恋愛経験の少ないことも影響しているといえるでしょう。自分の気持ちをどう表現してよいのかわからず、相手のことを無意識に避けてしまうようです。またプライドが高いわけではなくただ単に恋愛経験が少ない男性の場合は、経験を重ねるうちにどのように接したらいいのかがわかってくるため、好き避けをしなくなっていくようです。

好き避けをする男性は実はウブ


好きな人を前にすると、とにかく恥ずかしくてどんな顔をしていいのかわからず避けてしまうという男性もいます。本当は話がしたいのに顔が赤くなってしまったり、緊張して何を話したらいいのかわからなくなってしまうために、ついつい好きな人の前から逃げてしまうのです。このタイプの場合は、好きな人だけではなく異性と話したことのある経験が少ない男性が多い傾向があります。ただでさえ異性と普通に話すのが苦手なのに、それが好きな相手となったらもうパニックになってしまうということは想像に難くないですよね?ちなみにこの手のタイプの男性は、避けられた後に相手がどんな態度をしているかで実はウブなのかどうかを見極めることができます。もしあなたを避けて一人でいる場合は、好き避けである可能性が高いといえます。それは気持ちを落ち着かせようとすることが多いからです。逆にあなたを避けて別の異性と話している場合には、あなたと話をしたくないと思われている可能性があり、その場合は残念ながら脈なしかもしれません。まずは相手が異性と平気で話せるタイプなのかどうかをよく見極めるところから始めてみましょう。

好き避けをする男性は自信がない

好き避けをする男性の中には自分の容姿や性格に自信がないために、好きな人と正面から話ができないというタイプも実は少なくありません。自分の好きな人に好きになってもらえるわけがないと始めから諦めている場合もあるので、人知れず相手のことを思っていても、それを悟られたくないと思っていることが多いようです。そのため好きな人のことは遠くから見ていることを好み、自分からアプローチをしたり、好きな人のことを友達にも話さなかったりする可能性があります。好きだと知られるよりは、嫌いだと思ってもらった方がいいと思っていることさえあるようです。相手と自分は釣り合わない、自分が好意を持っていると知ったら嫌がられてしまうと思っているために、自分の気持ちを知られないようにバリアを張ってしまいます。このタイプの場合は、一見すると脈なしに見えますが、心の中ではかなり好きな気持ちが膨らんでいます。あなたからアプローチしても自分なんてと思っているために、すぐに恋愛に持っていくのは難しいでしょう。ですからこのようなタイプの男性に恋をした時には、時間をかけて距離を縮めていくように意識してみてください。

好き避けをする男性の特徴について述べましたがいかがでしたか?好き避けをする男性にはそれなりに理由があるのですね。まさに複雑な男心です…。好き避けといっても、あからさまに避ける場合もあれば目を合わせないようにすることもあれば、逆に近くにいても話しかけてこないといった若干謎な行動も含まれます。せっかく恋をしたのですから、好きな男性の特徴をまずは見極めて好き避けの可能性を探った上で、彼との距離を徐々に縮めていってはいかがでしょうか。