要注意!嫌われるわがままな彼女の特徴!

要注意!嫌われるわがままな彼女の特徴!

女性はちょっとくらいわがままな方が可愛いとは言え限度というものがあります。わがままも度を過ぎてしまうと付き合っていくのが嫌になってしまうこともあるでしょう。しかし、許されるわがままと許されないわがままの境界線は一体どこにあるのでしょうか。今回は、自分の彼女がわがままなのかどうかわからないという男性に向けて、その境界線についてお話していきます。

まず、女性は気分屋で男性を振り回してしまうものだと勘違いしている男性も多いようですが、すべての女性がそのようなタイプかというと、そうではありません。女性の本質として気分屋な面もありますが、相手を思いやってそれを我慢するというタイプも大勢います。付き合っている彼女に振り回されていると感じている男性にとっては、どこまでそのわがままに付き合ってあげればいいのか悩みどころです。「彼女がわがままだからといって嫌いになれない」という男性にそのようなタイプの女性とどのようにして付き合っていけばいいのか、対処法についてもご紹介していきます。

わがままが可愛いときもあるが…

男性の中には「女性に振り回されたい」という願望を持っている人もいるようです。中には「わがままな方が良い」とまで言ってしまう人もいます。このことからわかるように男性にとって女性のわがままは「可愛い」ということ。ちょっとしたわがままはむしろ女性の魅力をアップさせる効果があるとすら思うこともあります。例えばご飯を食べる際に「今日はこれがどうしても食べたい!」と訴えてくるようなわがままなら、ほとんどの男性がイライラせずにむしろ好意的に受け止めるのではないでしょうか。欲しいものをおねだりするなんてことも、男性にとっては嬉しい行為とすら思ってしまいます。

些細なわがままに関しては男性も寛容であることから、イライラするどころかむしろ可愛らしく映ることもあるようですが、本当のわがままな女性というのは可愛いどころか苛立ちしか感じないはずです。場合によっては別れすら感じさせてしまうわがままもあるのです。可愛いわがままであれば許すこともできるのですが、身勝手なわがままであれば彼女だからと言って許せるものではありません。

男性は女性から頼られたり甘えられることに対して好意的です。しかし、その好意を利用するような彼女だった場合には振り回されるだけ振り回されて疲弊してしまうかもしれません。自分の彼女が本物のわがまま女性なのかどうか見極める必要があるでしょう。交際して日が浅いうちはお互いに遠慮がちですので見極めるのは難しいのですが、付き合いが長くなってくると本性みたいなものが見えてきます。まずは、自分の彼女が可愛いわがまま女性なのか、本物のわがまま女性なのかをチェックしてみましょう。

すぐに否定的な言葉を使う

こちら側が提案したことに対しての返答が常に否定的な女性が該当します。例えばレストランを予約したのに「今日は気分じゃない」と言って相手を気遣う様子がない場合にはかなりわがまま度が高い女性と判断することができます。

気分がコロコロ変わる

さっきまで「甘いものが食べたい」と言っていたのに、急に「ハンバーガーが食べたい」など、コロコロと気分が変わるタイプも要注意。相手を振り回している自覚がないことが多い為、一緒にいるとかなり疲れてしまいます。

自分の意見が正しい

意見が食い違った時にお互いの気持ちを尊重するどころか、自分の意見を押し通そうとするタイプにも注意が必要です。その意見が一般的に受け入れられるものでなくても彼女には関係ありません。

彼氏への態度が横柄

彼氏を自分の所有物のように扱う彼女は厄介な存在です。自分の都合で振り回し、下に見ているタイプはわがまま女性の中でも面倒なタイプと言えるでしょう。

彼氏の都合を無視

自分の都合を優先するのが当然と言わんばかりに、彼氏に都合があったとしても無視する傾向があります。

自分の意見が通らないと不機嫌になる

自分の意見や気持ちが通らないと途端に不機嫌になってしまうわがまま女性も多いようです。

チェック項目はまだまだありますが、上記が一つでも当てはまる場合、今後のことを踏まえてどう対処していくか考える必要があります。

本当のわがままは誰だって嫌なもの

自分の思い通りに人を動かしたい、相手にこうしてもらいたいという気持ちがあるのは男女問わずどちらにも言えることですが、人付き合いをしていく上でそれが可能ではないことを知ります。しかし、心を許した相手や自分よりも下の人に対して横柄な態度に出てしまう人も少なくありません。わがままというのは誰でも受け入れたくないものなのです。しかし、男女の関係には少なからず持ちつ持たれつの部分があり、お互いの気持ちを受け入れながら付き合っていくケースが多いでしょう。

人と付き合っていくということは、相手を知るということです。相手がどんな人なのかを十分わかった上で交際をスタートさせている場合は別ですが、基本的には相手の本当の部分は付き合ってみなければわからないことが多いでしょう。特に交際をスタートしてまだ日が浅い場合には、相手に対して遠慮もあるためわがままな女性かどうかなんて誰も見抜くことはできません。大抵、交際期間が長くなってくると本性が見えてくるものです。

本性なんて言うと意地の悪い言い方になってしまいますが、ここでは、心を許した相手にどのような態度をするのかが見えてくるということを指します。心を許す身近な存在に対して人はわがままな対応をしてしまいがち。交際をスタートした頃には待ち合わせ時間に遅れることがなかった人でも、交際期間が長くなると遅刻しても許してくれるだろうという甘えが発生してしまいます。この甘えこそがわがままを助長させてしまい、本物のわがまま女性を作り出してしまうのです。

わがままを言われることを好む人はほとんどいません。好意がある相手だからこそ多少の寛容さはあるものの、毎日のようにわがまま三昧であれば、いつかは我慢ができなくなってしまうでしょう。そのことを理解していない彼女の場合、わがままはエスカレートしていく一方です。ただこのわがままは、彼女の交際相手であるあなたにも責任があります。嫌なことに対して嫌だと伝えてこなかったことや、彼女の甘えに対して寛容過ぎてしまったことが彼女のわがままを助長させてしまう一つの要因とも言えるからです。

普通のコミュニケーションしかとっていなかったのにと思う人もいるでしょうが、ある程度の信頼関係が築かれていくと依存心が強くなったり、甘えが出てくるものです。それに対して「面倒だけどいいか」という気持ちで接してきていませんでしたか?それらが度重なることによって、ここまでなら許してくれるというものを彼女に植え付けてしまったのです。彼女のわがままだって最初は可愛かったのではないでしょうか。それがエスカレートしていくことで負担に感じるようになっただけなのかもしれません。

「自分にされて嫌なことは人にはしない」なんて言葉もありますが、片一方が嫌だと感じていることをその都度話していかないと後悔することになるかもしれません。わがままな女性を増やさないように対処していくことが大切です。

「可愛いわがまま」と「嫌なわがまま」の境目

「可愛いわがまま」と「嫌なわがまま」の境界線は一体どこにあるのでしょうか。詳しく説明していきましょう。まず「可愛いわがまま」というのは相手に対して配慮があるわがままのことを指します。逆に「嫌なわがまま」というのは相手のことなんて関係なく、自分の気持ちを優先させた行動や言動を指していると言えるのです。実際に例を出して考えていきましょう。

可愛いわがままの例

・食事のメニューを決める際に「これとこれが食べたいのだけど、どちらか選ぶことができない。だからこれ注文して分けて食べてもいい?」と料理の選択を自分の意思でしました。この場合、男性側が余程食べたいものがなければ快く了解するでしょう。

・雑貨屋さんにデートで訪れた際、ちらっと目にした可愛いオルゴールを「買って」と冗談っぽくおねだり。「買おうか?」と男性が問うと「本当?ありがとう」と可愛らしく笑顔で甘えてくれた場合、つい買ってしまう男性も多いでしょう。

・落ち込むことがあった彼女から突然の電話があり、「今日会えない?」と言われるパターン。相手の状況や気持ちを理解してお願いしているので、彼女が大好きな彼氏にとっては可愛くて仕方のないおねだりではないでしょうか。

嫌なわがままの例

・彼女が食べたいと買ってきたお菓子を実際に食べたら「まずい」と言い放ち、「違うの買ってきて」と頼まれます。自分で食べたいと選んだお菓子なのに、彼氏に新しいものを買ってくるように指示していることがわかります。このようなパターンに苛立つ男性も多いのではないでしょうか。

・飲み会に参加した彼女から「酔い過ぎてしまったから迎えに来て」と電話。一度目であればすぐに対処してあげる男性も多いかもしれませんが、何度も繰り返されると自分はタクシーがわりに利用されているのではないかと不快な気持ちになります。

・彼女にも男友達がいるのに、彼氏の女友達は許せないというわがままを発動させる彼女もいます。アドレスなどを削除させ、SNSを監視されることもあるようです。信頼関係を築いていく上でプライバシーに関わる部分にまで入り込んできては文句を言うようになったら別れも見えてきそうです。

・デートプランは彼女の希望ばかりになっているという人もいるでしょう。これも嫌なわがままと言えます。男性側が見たい映画があったとして、当初はそれを見に行くはずだったのに寸前で違う場所に行きたいと彼女が主張し、結果的に男性の希望を無視されるパターンもあります。

可愛いわがままはあくまでも甘えの範疇であり、男性としてはそれぐらいであれば許容範囲内と言えます。むしろ甘えられることに男性としての喜びを感じる人もいるでしょう。しかし、嫌なわがままは自分が物や道具として扱われているような錯覚に陥ってしまいます。そこまでエスカレートしてしまうと男性としても対処しきれません。その為、それが甘えなのかただのわがままなのかを見極めていく必要があるでしょう。

男性側の対処法

交際してみて自分の彼女が嫌なわがままを押し付けてくるタイプだと気付いた場合、大きく2つの選択肢があります。1つは別れを選ぶことです。わがままばかりを押し付けてくるタイプと付き合い続けていくのはかなり大変。精神的にも肉体的にも場合によっては金銭的にも負担がかかってきてしまいます。その為、別れるという選択が1つ。そしてもう1つが、面倒な彼女に合わせて対処していくという選択です。自分のわがままが人に不快感を与えていることを彼女に教えながら、自分との関係性も良くすることができるかもしれません。どちらを選ぶかはあなた次第と言えるでしょう。今回は、わがままな彼女の対処法について5つ提案していますので参考にしてください。

(1) わがままをスルー

彼女がどれだけのわがままを言ってきても、こちらは聞き入れないというスタンスを貫くのがおすすめ。少々やり過ぎかなと迷いが出るくらいまでスルーしてください。「ここに連れてって」と言われてもその場所に連れて行かない、「これが食べたい」と言っても食べない、「これ買って」と言われても買わないというスタンスで過ごしましょう。今まで許されていたことがいきなり許されなくなれば彼女は激怒するかもしれません。しかし、聞き入れてしまえば元の状態に戻ってしまいますので、彼女が諦めモードになるまで気長に待ちましょう。

(2) 彼女に自覚させる

自分の悪いところは自分では気付きにくいものです。その為、まずは気付いてもらうことから始めてください。彼氏が直接伝えてもいいのですが、関係性によってはケンカに発展してしまうこともありますので第三者からそれとなく伝えてもらうのがおすすめです。例えば共通の友人から苦言を呈してもらうのも良いでしょうし、彼女の行動や言動などと似たものがテーマのドラマや漫画を一緒に見てもらうなどして、本人に自覚をしてもらうように努めます。彼女自身が自分の方が悪かったと自覚することができればOKです。

(3) 一つ一つ真面目に話し合う

彼女のわがままが発動したら、その都度そのことに対して真剣に話し合いましょう。この時にケンカ腰にならないように注意が必要です。冷静に話すことで真面目な話であることを理解してもらい、間違ったことをしてしまったと反省させることができます。彼女は感情的になって話してくるでしょうが、そこに乗っからずに冷静さを保ちましょう。

(4) 目には目を歯には歯を

彼女がわがままを押し付けてくるのであれば、あなた自身も同じようにしてみましょう。自分のしたいことを優先したデートプランを立てたり、食べたいと言っていたものを急に変更したり、彼女を振り回してみてください。彼女にとっては思ってもみなかった行動なので激怒することもあるでしょう。しかし、そこではっきりと「いつも君がやっていたことだよ」と伝えてください。

(5) 別れる前に

わがままを押し付けられてばかりいると精神的にも辛くなってきます。どう対処すればよいか迷った時には、一端距離を置きましょう。彼女からすれば理由なく距離を置かれる気がして不信感を抱かれるかもしれませんが、そこは無視して強制的に距離を置いてください。最初は彼女からの圧力が強くかかってくるかもしれませんが、時間の経過と共にどうして距離を置くことになったのか、その原因について考えられるようになるでしょう。

女性側の改善策

女性はわがままな生き物なんて言葉を鵜呑みにしていると後悔することになるかもしれません。彼氏側に甘えているつもりが、行き過ぎたわがままになっているというのは珍しいことではないのです。まずは女性側も改善が必要であることを理解しておきましょう。可愛いわがままを出せる女性を目指していくことが大切です。

では、まず女性はどのようにしてわがままを改善していけば良いのでしょうか。今回は、5つのポイントについて紹介していきます。

(1) 相手の負担にならないようにする

まずどのような状況であっても、彼氏はあなたの所有物ではないということを理解しましょう。自分のことを好きだから何でも許されるなんてこともないのです。それを理解していないと嫌なわがままの温床になってしまいます。相手の負担になることを求めないようにしましょう。例えば、高くて自分では買えないバッグがあったとします。彼氏におねだりして買ってもらいたい気持ちも理解することはできますが、相手の懐事情を知らずに欲しがると彼氏にとっては負担にしかなりません。相手が負担だと感じるような甘え方は逆効果になりますのでやめましょう。

(2) 感謝の気持ちを伝える

彼女なんだから送り迎えをしてもらって当然と勘違いしている女性もいますが、それは当たり前のことではありません。その為、自分の希望を叶えてくれた相手に対しては感謝の気持ちを伝えることが大切です。飲み会に参加した後迎えに来てくれる彼氏に「ありがとう」を伝えていますか?プレゼントしてくれたものが例え気に入らないものであったとしても不機嫌な顔をせず「嬉しい」と伝えているでしょうか。してもらったことに対して感謝の言葉を伝えるというのは、コミュニケーションの中でもかなり重要なポイントです。

(3) 所有物のように扱わない

自分のことを好きな相手だからと所有物のように扱ってはいけません。無償で自分の為に動いてくれる人はどれほどいるのでしょうか。世の中ボランティア精神あふれる人ばかりではありません。自分の為ならどんな嫌なことも引き受けてくれるだろうと思っているのであれば、それは勘違いです。

(4) 自分が嫌なことは人にもしない

小さい頃から言われてきた人も多いでしょうが、これはカップルの関係でも必要不可欠です。彼氏を束縛してしまう女性も多いのですが、実際に自分がされた時どう思いますか?嬉しいと感じるでしょうか?自分がされて嫌なことは人にもしないという当たり前のことですが実践できていない人が多いようです。

(5) 好意を利用しない

自分のことを好きだから何でも許してもらえると思っていると痛い思いをするかもしれません。人の好意を利用してはいけないのです。甘えるのと好意を利用するのでは全然意味合いが違ってきます。そのことを理解していないと、自分では甘えているだけのつもりが相手からすれば利用されていると感じさせてしまうかもしれません。好きだから何でも許せるなんてことはないのです。

お互いに気持ちのいい関係を!

男性にとっても女性にとっても居心地の良い関係を築いていくことができれば、二人の関係性はより良くなるでしょう。そこにはまずお互いを思いやる気持ちが大切になってきます。お互いに好意を持って交際しているのですから、相手が大切な人であることは間違いありません。大切にしなくてはいけない存在なのに、甘えがわがままに発展してしまい、相手の負担になってしまっていては関係性に影響を及ぼしかねません。

わがままな彼女に疲れてしまう男性も多いようですが、その要因の一つがはっきり嫌なことを伝えないからなのです。好意がある相手だからこそ言いにくいと感じてしまうのも無理はありません。しかし、コミュニケーションの中で相手に伝えなければいけないことを伝えないといつまでも意思の疎通ができないということになります。これでは今後の関係性を良くすることはできませんし、お互いに気持ちの良い関係にはなれないでしょう。

わがままの中でも許せないと感じたことがあれば、その都度伝えてあげることも優しさです。自分だけにしているのであればいいやなんて誤魔化していると、彼女自身が自分の悪い部分に気付かずに他の人にまでわがままなことをしてしまうかもしれません。そのような行動や言動をとってしまう前に正してあげることも優しさなのではないでしょうか。

女性はヒステリックになりやすい生き物でもありますので、彼氏からの注意を素直に受けることができないかもしれません。感情的になってしまえば、アドバイスすらも聞き入れることができないでしょう。そこで男性側も一緒になってヒートアップしてしまえば関係性を悪くするだけですので、相手のことを大切に思っているのであれば、冷静に話し合うことが必要です。どうしても聞き入れてもらえない場合には一端距離を置くのもおすすめ。お互いのことを大切に思っているのであれば、悪いところは改善し仲直りすることも可能です。

また、女性側も自分のわがままが甘えではなく、単なる横柄な態度や言動になっていないか見直してみることが必要です。甘えの範疇を越えてしまえば、彼氏の負担は相当なものですので、相手が何も言わないのをいいことに女王様のように振る舞うのはやめましょう。恋愛関係だけではありませんが、「自分がされて嫌なことは人にはしない」のが大切です。

元々お互いに好意があって交際がスタートしたのですから、わがままを受け入れる側もわがままに振る舞う側もどちらも初心に戻り、自分の悪いところはないか見直してみましょう。また彼女はわがままになり過ぎていないかどうか振り返ってみること、彼氏は彼女への対応が正しかったのか考えてみてください。お互いの悪い部分を反省し、補うことができればより良い関係を築いていけます。もちろん、どうしても彼女のわがままを受け入れることができないという場合は別れも選択肢の一つです。別れを決断する前にできることがないか今一度考えてみましょう。

まとめ

わがままな彼女の傾向とその対処法についてお話してきましたが、自分の彼女に当てはまるところはありましたか?今の段階ではそこまで酷くないと感じていても、交際期間が長くなると関係性もどんどん変わってきますので、今から対処していくことをおすすめします。彼女の可愛いわがままは今まで通り受け入れてあげてください。しかし、嫌なわがままの際には、嫌だという気持ちを伝えたり、聞き入れないなどの対処をしていくことが大切です。

お互いに好意を持って交際している関係だからこそ、ちょっとした弾みで上下関係ができてしまったり、どちらかの言いなりになってしまうこともあるでしょう。しかし、仲の良いカップルはお互いの気持ちを尊重することを大切にしています。相手の負担になることを強いるのは関係性を悪くするだけではなく、別れすら引き寄せてしまいますので、わがままも程々にしておかないと望んでいない結末を迎えてしまうでしょう。そうなる前にわがままについて見直してみることが大切です。