初めてのデート!緊張を隠して堂々と振る舞うには

初めてのデート!緊張を隠して堂々と振る舞うには

大好きなあの子とデート・・・でも緊張していつも通り振る舞えるか心配・・・そんな男子も多いと思います。緊張を隠そうとするとかえって不自然になって相手に悪印象を与えてしまいます。そこで今回は、初デートのときに無理せずに緊張を軽減する方法をご紹介したいと思います。

緊張していることを素直に打ち明ける

緊張していることを隠そうとすればするほどぎこちなくなり、その緊張が女性にも伝わってしまいます。そうなると女性の側も居心地が悪くなり、気まずい雰囲気になってしまいがちです。緊張していることを隠すのではなく、むしろ最初から「今日はとても緊張しています」「ちょっと緊張しちゃってて・・・」とはっきり伝えましょう。そう打ち明けるだけで心は重しを取ったように楽になれます。打ち明けられた女性のほうもそんな男性の素直さに好印象を持つことでしょう。

反対の立場になって考えてみましょう。女性のほうから「今日とっても緊張してるんだ・・・」って言われたら悪い気にはなりませんよね。逆に彼女ができるだけ緊張しないよう優しく接したり、そんな彼女の気持ちを大事にしてあげようという気持ちになるはずです。

無理に堂々と振る舞おうとするとかえって失敗します。全部カミングアウトしちゃったほうがより自然体でデートができるようになりますし、お互いのコミュニケーションも上手くいく可能性が高まります。

ゆっくり話す、口下手をカミングアウトする

緊張しすぎて慌てふためいて話す人がいますが、これではせっかくのデートも台無しです。あわあわして焦っている感じは女性の側にも伝わってしまいます。会話が止まったからといってすぐに自分のことばかり話そうとするのは問題です。早口、ぎこちない身振り手振り、オーバーアクション・・・こうした点が出ないように注意しまょう。

まずはデートの最初から「ゆっくりと話す」ということを心がけてください。また、自分のペースで話すのではなく、相手のペースに合わせて話すこと。なにかと自分のことを話そうとするよりも、まずは相手の側の話の聞く耳をもつこと。相手の話を聞いて、それに合わせて会話をすること。自分の側から会話を盛り上げようと必死になりすぎると呼吸も整わず、空回りします。逆に相手のペースに合わせると呼吸も整いやすくなります。

口下手で沈黙が続くのが怖い・・・そんなときは自分が口下手であることをカミングアウトしたほうがいいです。デートの前に「口下手で上手くしゃべれないかもしれないけど・・・それでもいいかな?」と打ち明けておけば気も楽になります。相手側の女性も余計な気を使わなくて済みます。

「デート」ということを意識しないで楽しむ

相手を恋愛対象の彼女と思わず「女友達」という意識で臨むというのも一つの方法です。「友達」なんですからいつもの自分で振る舞えばいいわけです。もちろん相手は女性ですから、繊細で思いやりのある接し方は必要です。しかし、あまりにも「デート」「意中の彼女」という気持ちが強すぎると緊張感はなかなか取れません。「好きな彼女とデートする」という意識にとらわれすぎないことが大切です。

もし自分に女友達がいれば、その女友達と普段接しているような自然体のコミュニケーション、自然体の接し方で臨んだほうが伸び伸びとデートができます。デートの雰囲気がフランクになればなるほど彼女とのひと時も純粋に楽しめるようになります。

自分らしさを出せれば、それが魅力となって相手にも伝わります。意気投合している普段の友達との交流のように自分らしさを出せればデートもきっと上手くいくはずです。ただ、あまりにフランクすぎると「なんでこんなに雑に扱われているの?」と思われてしまうこともあるので、バランスを取れたコミュニケーションと態度をを心がけましょう。

まとめ

デートにおいて基本中の基本は「ネガティブな言葉を使わないこと」です。ただでさえ緊張しているのに、ネガティブな言葉を連発したら余計に雰囲気が悪くなります。後ろ向きで考えすぎの人ほどネガティブに陥りやすいので注意しましょう。疲れた、しんどい、つまらない・・・そんな言葉を使っていたら女性からの印象もかなり悪くなります。なるべくポジティブな言葉を使い、お互いの気持ちが明るくなるような雰囲気作りを心がけてください。