独身をこじらせてると思われてる!?残念女子の特徴

独身をこじらせてると思われてる!?残念女子の特徴


20代半ばあたりから、続々と周りの友達が結婚をして、焦っているという方も多いのではないでしょうか。結婚適齢期で、結婚願望はあるけれど、彼氏がいない、そんな女子は多いと思います。でももしかしたら、彼氏ができない女子にもなにか原因があるのかもしれません。男性から見て、独身をこじらせた残念女子と思われている可能性もあるのです。今回はそんな残念女子の特徴について見ていきたいと思います。

残念女子の特徴5つ

見た目とマナーが残念

ファッションセンスがイマイチ


残念女子の特徴として、ファッションセンスがあまり良くないということが挙げられます。どんなに美しい顔・容姿をしていても、着ている服やくつがボロボロだったり、本人に全然似合わないような格好をしていたりすると、男性からも一緒に歩きたいとは思われにくいでしょう。残念女子の特徴として、周りの目を気にしないということも挙げられますので、そのような他人が驚くような格好も無意識にしてしまうのでしょう。

平気で男言葉を使う


残念女子は、平気で男言葉を使います。見た目がたとえ可愛くてタイプだと思われても、「食う」「~じゃね?」のような男言葉を使うところを知られたとたん、恋愛対象からは外れてしまいます。女性らしさがないのはもちろんのこと、男性はそんな言葉遣いをするような女性と街を一緒に歩きたいとは思いません。もし自分にその節があると感じた方は、今すぐに言葉遣いを直しましょう。なにも大きく直せというものではありません。普通の敬語を話せるようになれば、印象も随分と変わります。

食べ方が汚い


残念女子は食べ方や作法もきちんとできていません。口の中にものを入れたまま話したり、食べるとき猫背になったり、くちゃくちゃ音を立てて食べたりと、マナーが悪いです。付き合ったら一緒に食事をする機会は多くあります。男性から見て、食べ方のマナーが悪い女性と共に食事をしたいと思うでしょうか。
また、たとえきれいに着飾っていても、飲み会などであまりに豪快にお酒を飲みすぎると、女性らしさを感じてもらえなくなります。

思考が残念

王子様を信じている


自分には「もっといい人がいる」「もっと自分に合った人が必ず現れる」と思っているうちに、どんどんと出会いがなくなっていく残念な女子のタイプです。この残念女子のタイプはある程度は男性にモテるけど、結婚にまでたどり着けないという特徴があります。自分にぴったり合った白馬の王子様を探してしまうタイプです。これを続けていると、一生結婚できない恐れもあります。

男性に対して高望みをする


一生独身になってしまう残念女子の特徴として、「男はこうであるべきだ」という考えを持ち続けているところです。結婚は誰にとっても人生のビッグイベントであり、妥協ができないのはわかります。しかし、「男はこうであるべき」という自分の強いこだわりがあるせいで、本人は意識していませんが、男性に対しての高望みが捨てられないのです。
どうしても人間同士のことなので、完璧な理想通りの関係は難しいと思います。今結婚をしている方々も「相手に合わせる」「お互いに補い合う」ということを意識して生活しているのです。独身でずっといたくないのなら、一度自分のもっている「譲れないポイント」を見直す必要があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回ご紹介した残念女子の特徴以外にも、多くの残念女子の特徴があります。結婚が遠ざかるようなマナーについては自身で直す必要があります。また、あまり結婚について意識しすぎたり、理想をもちすぎたりすると、逆に結婚から遠のいてしまうということもお分かりいただけたのではないでしょうか。もしこれにひとつでも当てはまるのなら、マナーも意識も今一度自分自身で見直して、残念女子から抜け出せるようにしましょう。