電車移動中の暇つぶしにオススメ!読み切りSF漫画まとめ

電車移動中の暇つぶしにオススメ!読み切りSF漫画まとめ

毎日の通勤や通学で電車を利用する際に、車内で特にする事がなく、手持無沙汰になってしまうと言う方は多いのではないでしょうか?今回はそんな方におすすめしたい、暇つぶしに最適な読み切りのSF漫画を厳選して5作品紹介したいと思います。大人でも楽しめる様な奥の深い作品を厳選しましたので、是非電車での移動時に読んでみてください。

電車移動中の暇つぶしに最適な読み切りSF漫画5選

魅力的なキャラクターが登場する作品

アイリウム

著:小出 もと貴 出版:講談社

「いやなことが起きる前に飲めば、24時間分の記憶を忘れる事ができる。」そんな効力を持った薬「アイリウム」を巡る人類とその運命を描いたこちらの作品は、よくありがちなタイムトラベルをテーマとした物語と思いきや、予想だにしない意外な展開を見せてくれます。たった一錠の薬で未来をコントロールできるようになった人類を待ち受ける未来とは…。奥深いテーマを扱っていながら、一話完結である為、気軽に読み始める事ができる傑作SF漫画の一つです。

竜のかわいい七つの子

著:九井諒子 出版:エンターブレイン

「竜のかわいい七つの子」は、「ダンジョン飯シリーズ」等でも知られる九井諒子による7つの作品を収録した短編漫画集です。竜、人魚、神様等、少し変わった登場キャラクターと人間とのふれあいやその絆を描いた作品の数々はSFやファンタジーの要素を含みながらも、その手の漫画ではなかなかない心地よい後味を残してくれます。比較的短いストーリーが多い為、電車での短時間の移動時の暇つぶしにも最適です。

東京発 異世界行き

著:大武 政夫  出版:KADOKAWA/エンターブレイン

「東京発 異世界行き」は、「ヒナまつり」等で知られる大武政夫による短編漫画集です。9編の作品を収録しており、電車などでの移動時間でも読み切る事ができるでしょう。特定の事物に限定したサイコメトリー能力を持つ刑事が登場する物語等、一聴するとSF色の強い作品が多い様にも思われますが、どの作品も基本的にはシュールさを前面に押し出したギャグ漫画であり、「笑えるSF漫画」で暇つぶしをしたいと言う方におすすめです。

読後の余韻を楽しめる作品

バイナリ畑でつかまえて

著:山田胡瓜 出版:アスペクト

「バイナリ畑でつかまえて」は、2016年に発表された山田胡瓜の短編漫画集です。AIやSNS、スマホ等を題材とした現在と未来を描いた作品を収録しており、IT化がさらに進んだ未来において人類がどのような状況に曝される事になるのか、読者に考えるきっかけを与える作品と言えるでしょう。後味のあまりよくない作品も収録されていますが、読後に余韻が残る様な作品を読みたいと言う方におすすめです。

ほしのこえ

原作:新海誠 漫画:佐原 ミズ  出版:講談社

「ほしのこえ」は、「君の名は」で一躍時の人となった新海誠原作の一話完結型の漫画です。同じ高校を目指す中学三年生のミカコとノボルを主人公としたストーリーは、ミカコが国連宇宙軍に選抜され、宇宙へ行くことになった事をきっかけに予想だにしない方向へと進んでいきます。「君の名は」で新海誠を知ったと言う方には、是非読んでいただきたい作品の一つです。

まとめ

今回は毎日の電車での通勤・通学時の暇つぶしにも最適な、読み切りSF漫画を5作品紹介しました。有名な作家の作品や、あまり知られていなし作品まで幅広くピックアップしたつもりですが、いかがでしたでしょうか?一般的にSF漫画は複雑なストーリー展開を売りにしている物が多く、短時間で読み切りができる作品はそう多くはありません。好みに合った作品を中々見つけられないと言う方は、短篇集などを中心に探してみるのも良いでしょう。