長男と一番相性が良いのは長女?次女?末っ子?

長男と一番相性が良いのは長女?次女?末っ子?

ひとくちに長男といっても弟や妹がいる第一子の長男、上に姉がいる第二子以降の長男など、さまざまなパターンがあるでしょう。もちろん中には一人っ子の長男もいるでしょう。しかし今回はその場合を除き兄弟がいる長男に焦点を当てて、家族構成やその人を取り巻く環境によって恋愛傾向や相性にどう違いが出てくるのかを分析してみたいと思います。

長男に共通する性格とは?

・責任感が強い

小さい頃からずっと「お兄ちゃん」と呼ばれて育った長男は、「自分がしっかりしなくては」「年下の面倒を見よう」という気持ちが人一倍強い傾向があります。つまり責任感が強く、何かあれば自分が率先して頑張ろう!というタイプの男性が多いのです。

とにかく我慢強い

弟や妹がいると親はどうしてもそちらが優先になってしまい、小さい頃から「ちょっと待ってね」、「次にしてね」と言われることが多いのが長男です。そのため自然と我慢することが多くなり、知らず知らずのうちに我慢強さが備わっていきます。

教えることや人の面倒を見るのが好き・得意 

幼い頃から先頭に立って見本を見せてきた長男は、教えることや人の面倒を見るのが得意な傾向があります。また他の兄弟と比べても成長過程でそのような経験が自然と多くなるため、成長してからも自然と人から頼られる場面が多くなります。

プライドが高い

弟や妹とは違った存在として扱われてきた長男は「こうあるべきだ」という思いが強くなりプライドが高くなる傾向があります。またそれによって褒められたい、尊敬されたいという気持ちも強くなるため、自尊心が高くなるのです。

マイペース

 
初めて生まれた男の子ということで大切に愛情を込めて育てられてきた長男は、自分中心の世界からスタートしているので、マイペースになる傾向があります。決してわがままというわけではないのですが、自分のペースを乱されるのをあまり好まないというのも長男の特徴です。

長男はどんな恋愛をする?相性がいいのは?


長男は自分の思っていることをそのまま口にすることはほとんどありません。この傾向はもちろん恋愛の場面でも表れてきます。そのため、好きな人にイマイチ積極的になれない、つき合いが始まっても思っていることを口に出して言わないなど、恋愛に関しては少しもどかしいと思われてしまうことも少なくありません。また、小さい時から培ってきた世話好き精神を恋愛でも発揮するため、女性から頼られるとイヤと言えない一面もあります。
このような傾向がある長男は、甘え上手で無邪気な末っ子と相性が良いでしょう。末っ子と長男が付き合うことになれば、甘えたい欲求と甘えさせてあげたい欲求で、恋愛の需要と供給がうまく満たされるからです。また長男は思っていることをどんどん口にする末っ子と一緒にいると楽に感じることも多いため、そういう意味でもこの組み合わせは相性が良いと言えるでしょう。
これが長女になるとお互いに性格的に共通している部分があるため、どちらも決定打を出さずに、なかなか恋が進展しないということもよくあるパターンです。しかしその分お互いに理解し合えることも多く、同志として上手くいく可能性が高いでしょう。また姉と下の弟・妹にはさまれた次女は甘え上手な末っ子とは違って、自分の要求を主張するという傾向が強くなります。そのため長男が次女と付き合う場合は、その要求をどこまで受け入れるかということがカギとなるでしょう。

長男の結婚は、長女、次女、末っ子、誰とするのがいい?


恋愛は結婚とは違う…とはよく言ったものですが、長男の結婚の場合もややこれに当てはまるかも知れません。というのも長男は結婚となると、恋愛とはやや違って堅実でしっかりしたタイプの女性を好むからです。とくに長男の場合、早く生まれた分責任感も強く母親を大切にする傾向があるので、結婚においてもどこか母親のような、温かく包容力のあり強さと優しさを兼ね備えた女性を理想とするでしょう。つまりこのような傾向から、長男と最も結婚相性が良いのは長女なのです。また明るく家庭の太陽となってくれる女性を求めるのであれば、末っ子との相性も良いでしょう。

長男と長女の場合は、同じ家庭をというものを作り上げていくパートナーのような関係になり、長男と末っ子の場合は、結婚しても恋愛のラブラブ感が持続するような夫婦になります。また次女の場合は頼ることも頼られることも両方できるタイプなので、この相性がうまくいけば長男ともうまくいくでしょう。ただ次女は自己主張が強く、意見がぶつかった場合はお互いに自分から折れることがほとんどないため、衝突が増える可能性もあります。しかしこちらについてもお互いの妥協点をうまく見つけることができれば、この人しかいない!という存在になれる可能性もあります。

まとめ

いかがでしたか?長男は、頼られてこそ力を発揮できることがお分かりいただけたのではないかと思います。しかしその一方で小さい頃から母親に愛情をたくさん注がれてきた長男は無意識のうちに女性に母親像を求めるところがあります。そのため恋愛では末っ子、結婚では長女がベストカップルとなる可能性が高くなります。ぜひ自分の育った家庭環境なども参考に、自分を立ててくれてなおかついざという時に頼りになる、素敵な女性を見つけてください。