【文系男子】と恋に落ちたい!男性が求める女性像とオトし方

【文系男子】と恋に落ちたい!男性が求める女性像とオトし方


少し中性的でどことなく何を考えているかつかみどころのない、文系男子を好きになる人は、どのように文系男子を落としたらいいのでしょうか?ここではそんな文系男子が求める女性像とそのオトシ方について紹介します。

文系男子の特徴は?


そもそも文系男子の特徴とはどんなところがあるでしょうか。体育会系男子のように感情をストレートに出さず、気持ちのつかみどころが難しく、理系男子のように合理的で計算高くないので、何を考えているのかわからない男子のイメージがあります。しかし、そんな文系男子もきちんとポイントを押さえておけば、あなたに気持ちを寄せてくるでしょう。

自分の世界観がしっかりしている


文系男子は自分の世界があり、その世界を大切にしています。なので、その世界観を軽視するような発言や、安易に理解しているという発言も避けましょう。相手の世界観を尊重し、その世界に土足で入り込むようなことはせずに、相手がその世界感の中に招き入れてくれるのを待ちましょう。

共通の趣味は強みになる


文系男子は読書や音楽など、自分の趣味を大切に持っている人が多くいます。中には少し理解しがたい趣味の人もいるかもしれませんが、その趣味を一緒に楽しめるようになったら、相手との距離がぐっと縮まったサインでしょう。文系男子は趣味の話になると急に饒舌になったり、目の色が変わるので、そんな相手の話をきちんと聞いてあげて、一緒に楽しむことが出来れば、相手もあなたのことを好意的に思ってくれるでしょう。

感情を表に出すのが苦手


体育会見男子のように感情をストレートに出すのが苦手で、照れが残る文系男子ですが、うれしいことはきちんと嬉しいのです。なのでサプライズや、ロマンチックなことは感情を出してなくても、胸の内ではうれしく思っています。なので、喜んでなさそうに見えるから、もうサプライズをするのをやめようと思わずに、この人は感情を出さないけど、喜んでくれているんだと、信じて続けていくことが大切です。
感情をストレートに出さないので、あなたのことをどう思っているのか、わからない場面も出てきて不安になることもあるでしょう。けれど、否定しないという事は肯定の裏返しですし、素直に慣れない部分が残っているのも文系男子の特徴です。焦らずじっくりと相手の気持ちを理解していきましょう。

こんな女性はNG


文系男子は自分の世界を大切にしているので、振り回されたりすることを嫌います。なので、強引に予定を空けさせられたり、興味のない場所に連れていかれることを嫌います。
そして比較的ロマンチストな性格ですので、現実的な話をズバズバいうのも避けた方がいいでしょう。女性はどうしても現実的なことに目が行きがちですが、そこはグッと我慢するのがいいでしょう。
自分の話ばかりをして、相手の話を聞かないようなことも避けた方がいいです。文系男子は仲良くなると案外おしゃべりな人が多いです。それは趣味や好きなことの話に偏ることが多いですが、話を聞いてくれる人を、一緒にいて楽しく、疲れない人だと思うので、自分の話ばかりでなく、相手の話をきちんと聞くようにしましょう。

まとめ

文系男子は感情を表に出すのが苦手で、つかみどころがないように思えますが、相手ときちんと向き合い、焦らず相手のペースに合わせながら、ゆったりとした気持ちで少しずつ信頼関係を気づいていければ、そのまま恋へと発展していくでしょう。
感情のままに突っ走らず、友達の延長線上に恋人があると思いながら、学生の時のような、少しロマンチックでゆっくりとした展開がよいでしょう。
一見クールそうな文系男子は付き合えば、情が厚く、長く続くケースが多いです。