ぶっちゃけどうなの?街コンのメリット・デメリットまとめ

ぶっちゃけどうなの?街コンのメリット・デメリットまとめ


地域活性化や男女の出会いの場として、全国的に広がっている街コンですが、参加する人の目的は様々です。お見合いや婚活パーティーなどに比べると、敷居が低く、気軽に参加できることから、メリットも大きいですがデメリットもあります。参加する前に知っておきたい街コンのメリットやデメリットには、どのようなものがあるのでしょうか?

街コンを楽しもう!

街コンのメリット

メリット① 仲の良い友人と食べ歩きしながら異性とも出会える


街コンは、街ぐるみで男女の出会いを応援しようという主旨ではじまったイベントです。主催団体に一定の参加料を払うと、協賛する店舗で自由に飲み食いできることになっていることが多いです。仲の良い友人同士で参加すると、あちこちの店で飲み食いしながら、異性とも知り合い、盛り上がることができるのです。参加している女性も、男性と知り合うために来ているので、声をかけて無視されるなどということはめったに起こりません。気軽に参加できて、気軽に女性に声をかけることが許されているイベントなのです。

メリット➁ 気軽に参加できる


お見合いや婚活パーティーだと、結婚を考えている人が参加することになるので、いくら女性と知り合いたいと思っていても、どうしても敷居が高く感じてしまいます。その点、街コンなら、同性の友達が1人以上いれば気軽に参加できます。そして、必ずしも結婚を目標としている人ばかりが集まってくるわけではないので、気軽に声をかけることもできます。コミュニケーション力を鍛える意味でも、参加するメリットは大きいです。

メリット➂ 様々なタイプの女性と数多く出会える


合コンだと10人程度、婚活パーティーなら2、30人ほどが参加人数となりますが、街コンは数十人から100人以上が参加するイベントとなります。結婚を考えている人から恋人を作りたい人、友達を作りたい人など、目的も様々なので、あらゆるタイプの女性が集まり、数多くの人と出会うことができます。その中ならきっと、自分にぴったりの気の合う女性を見つけることができるでしょう。

街コンのデメリット

デメリット① 人見知りだと楽しめないこともある


街コンの最大のデメリットは、人見知りだと楽しめない可能性です。コミュニケーション力が高く、女性にもどんどん声をかけていけるような人なら、存分に楽しめることが多いようですが、それが苦手な人だと、苦難の場になってしまうこともあります。自分は人見知りだけど、街コンに参加してみたい、と思う人なら、一緒に参加する友人に、コミュニケーション力の高い人を選ぶとよいでしょう。そして、友人に任せきりにしないで、自分もがんばって、声をかけたり話をしたりして、女性といい出会いができる努力をしましょう。

デメリット➁ トラブルが起こりやすい


街コンは、誰もが気軽に参加できるイベントだけに、参加条件がゆるいことが多いようです。そのような街コンだと、真面目に異性と出会いたいというだけではない目的を持った人も参加している可能性があります。例えば、一夜限りの相手を探している人や、宗教や保険の勧誘に来ている人、既婚者などです。出会った相手がそのような人だった場合、トラブルに巻き込まれる可能性もあります。しかし、もちろん純粋に異性と出会うために来ている人のほうが多いので、素敵な出会いも待っていることでしょう。

まとめ

街コンには誰もが気軽に参加できることから、多くのメリットがあり、デメリットもありますが、男女の出会いの場であることは確かです。そして、女性に好印象を持たれるには、清潔感と誠実さがポイントです。当日は清潔感のある服装を心がけ、たとえ女性との会話が苦手ということであっても、明るく努力している姿勢を示せるようにすることが大切です。