美人なのに30代独身は訳あり物件なのか

美人なのに30代独身は訳あり物件なのか

世の中には誰がどう見ても美人なのに、30代で独身という女性が意外といるものです。特に男嫌いにも見えないし、性格も気立てもいいのにどうしても結婚していないのだろうと不思議に思えるような女性を好きになった時、あなたならどうしますか?ここではそんな場合のアプローチの仕方について考えてみました。

仕事が生きがいのばりばりのキャリアウーマンかも

すべての女性が結婚して家庭を持つことを人生の夢にしているわけではありません。中には仕事が好きでたまらなくて、彼氏と付き合う時間もないという女性がいるのも確かです。そういう彼女はデートの時間もなかなか取れないことが多いものですが、心の底では誰かまじめな人とお付き合いをしたいと思っていることも。こういうケースでは、まずはメッセージなどを送ってみて自分に好意を持っているかどうか打診してみるのが一番です。よい返事が返ってくれば相手もこちらに気がないわけではない事がわかります。

ただし、30代まで独身で来たということは仕事の上でもそれだけ高く評価されており、恋愛のために仕事をおろそかにするようなタイプでは絶対にないことも忘れてはいけません。ですから間違っても「自分と仕事のどちらが大事か」などと問い詰めてはいけません。こういう女性は仕事の合間にほっと落ち着ける時間を共有できる相手が必要なわけですから、自分はどう考えても亭主関白タイプだと自覚している男性は「自分には向いていない」と最初からあきらめた方が得策かもしれません。

過去の苦い思い出が忘れられない女性もいる

美人なのに独身だし彼氏がいる様子もない女性というのは、過去に恋愛で大変苦い思いをしたために「もう男の人はこりごり」と男性を敬遠している可能性が大です。そういう女性を好きになってしまった場合、彼女は心の傷がまだ癒えていないわけですから、少しずつ近づいていって気持をほぐしてあげる必要があります。強引に誘おうとすると「ぶしつけな人」だと思われてしまいますので注意しましょう。恋愛がどうのこうのというよりも、まずは自分がどんな人間なのかを知ってほしいというスタンスで接していくことが大事です。

こういうタイプの女性は男性に対する不信感が大きいものなので、自分が誠実な人間であることを常に証明していなければなりません。メッセージや電話で彼女の気持ちがリラックスしてきたらデートに誘うのもかまわないでしょう。ただし、くれぐれも焦らずに。少しずつ、彼女の傷が治っていくのを待つことが大切です。彼女は本当の自分を理解してくれる人を探しているに違いありません。

気性が激し過ぎて男性とぶつかってしまう女性も

美人の中には気性が激し過ぎて、どんな男性とも長続きしないという訳あり女性もいるのです。そういう鼻っ柱の強いところに惚れてしまうとけっこう女性側に引きずられてしまいます。それでもいいというのであれば、こちらが一回り大きな大人になって彼女を優しく包んであげる態度を示すのもいいですね。気が強く見える女性は、実は内面は案外モロいという特徴があり、心の底では自分をしっかりと包んでくれる男性を望んでいるのです。話をよく聞いてあげる、適切なアドバイスをしてあげるといった心がけも必要でしょう。

まとめ

人間、外見がすべてではないとは言え、ついつい美人に惹かれてしまう男性は多いもの。30代で独身の女性、しかも彼氏もいないとなると「何か裏があるのでは?」とつい勘ぐってしまうのは当たり前ですが、美人の方にも暗い過去の思い出や性格が強過ぎる、仕事が忙しくて異性と付き合っているので時間がないなどなどさまざまな都合があるわけですから、「どうして独身なのか」を遠くからそっと探りながら歩幅を徐々に狭くしていくといいでしょう。